JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

顕微鏡検査でアポクリン腺ガンの疑いがあると診断されました。14歳雌♀トイプードルです。 針吸収で病理検査に出してい

解決済みの質問:

顕微鏡検査でアポクリン腺ガンの疑いがあると診断されました。14歳雌♀トイプードルです。
針吸収で病理検査に出していますが、医者の看たてでは高い確率で悪性腫瘍のアポクリン腺ガンだそうです。前脚付け根に3〜4センチの硬い塊があります。今まで内臓ではこれといった病気もなく殆ど病院に罹ったことがないだけに、小さい時から決まった病院で、ある程度設備の整った地域でも人気の病院ではありますが、行く度に担当医が変わるので相談らしい相談も出来ない雰囲気があります。そんな中、今回の診断で、手術をすれば何とか助かりませんか?と伺っても否定的な答えしか返ってきません。それから4日が経ちました。ネットで調べると大学病院の腫瘍専門の方がいいと記述があったりします。全く踏み入れた事のない領域で少し戸惑いがありますが、個人病院と大学病院ではそれ程差があるものでしょうか?
私としては、病巣の部位がリンパ節なので、症例の多い医師に手術をして頂きたいのですが、大学病院の学生さんが多いところなどではただの研究材料のような扱いを受けるのではないか…との不安もあります。
そんな事は馬鹿馬鹿しい不安なのでしょうか?
頭のなかが真っ白な状態から少しは落ち着きました。病理検査結果が出るまで何もしないでもいられず、セカンドオピニオンを考えていますが、何処の病院へ行くのが良いのか選択方法に迷いがあるという点。
また、結果が出たら直ぐにでも外科手術をしなくてはなりませんが、今は食欲もあって元気な犬が今後どうなっていくのか…本当に2〜3ヶ月の寿命なのか、抗がん剤治療などどうしたら良いのか、苦しむようになったらどのような処置をすれば良いのか、わからないことだらけです。告知を受けて4日目の私の最善の行動は、1日でも早いセカンドオピニオンでしょうか?
支離滅裂な質問かもしれませんが、何か回答を頂けませんでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet : おはようございます
japavet : ご質問ありがとうございます。
japavet : リンパ節にしこりができているのでしょうか?
japavet : リンパ節にアポクリン腺ガンはできませんが、転移をしているということですか?
Customer: 肛門のうの事は言われませんでした。
Customer: ただ、右脚付け根にある塊に針吸収検査をして病理に出すけれど、簡単な顕微鏡検査ではアポクリン腺ガンであると思われると…。
Customer: この箇所ならば、肺や他の内臓に転移する可能性もあるとの返答でした
japavet : 病巣の部位がリンパ節なので、、、ということが書かれていますが、これはどういう意味でしょうか?
Customer: 医師から、そう言われたのですが。
Customer: 塊があるところは、リンパ節なので…と。
japavet : 繰り返しですがリンパ節にアポクリン腺ガンができることはありません。
japavet : リンパ節の近くにできているだけのか、リンパ節に転移をしているのさによって話はかなり変わってきます。
Customer: ネットでみた限りですが、脚の付け根にも出来る事があると書いてありました。
japavet : 足の付け根にはできる可能性はありますが、リンパ節にはできません。
Customer: なるほど、そうなのですか。
japavet : アポクリン腺ガンはアポクリン腺が分布している場所にできますので、リンパ節にはできません。
japavet : もし、飼い主さんの聞き間違いではなくて、「リンパ節にアポクリン腺ガンができている可能性が高い」といわれているのであれば、セカンドオピニオンを受けられた方がいいですね。
japavet : 大学病院はもちろん研究はしていますが、患者さんを実験台のようにすることはありません。
Customer: それは先日の段階では医師からは言われませんでしたので、あと数日後の正式な検査結果を待って、改めて質問させて頂いた方がよろしいですね?
japavet : 大学病院でもいいですし、あるいは民間の二次病院に行かれることをお勧めします。
japavet : はい、いいですよ。
Customer: ネットでみた限りですが、脚の付け根にも出来る事があると書いてありました。
japavet : リンパ節の近くにできているというのとリンパ節にできているというのでは全く意味が違いますので、しっかり確認された方がいいでしょう。
Customer: 何にしても、大学病院に一度行ってこようと思います。まさかとは思いましたが、実験などしませんという返答を頂き、少し安心出来ました。
japavet : はい、とりあえず一旦失礼いたします。
Customer: ありがとうございました。またご連絡させて頂きます。
japavet :

はい。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
おはようございます。 昨日はありがとうございました。病理検査結果を待ってチャットを復活したいと希望してますが、今すぐ評価してくださいとそちら側からメールが来ます。まだ終わってはいないのですが…今評価しなければいけないのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
まだ大丈夫ですよ。
ただし、常にチャットができるわけではないので、回答まで時間がかかるかと思いますので、その点はご了承ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。その点は了承しております。やり取りが出来る期間は設定されてますか?来週頭には検査結果が出る予定です。
また昨日の返信頂いた病院の件ですが、民間の二次施設というのは一般の数人が在籍しているような動物病院の事を指すのでしょうか?
また、病気についてですが、痛みはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
少しお待ちください。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
いえ、たとえば大阪のネオベッツVRセンターのような紹介症例のみ扱う病院です。
アポクリン腺ガンは一般的には痛みはないですが、炎症が加われば痛みが出てきます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
情報ありがとうございます。そういった機関の事は存じませんでした。当方、札幌近郊在住の為、北海道にはそういった機関はないと思われますので、やはり北大かと思いますがそれにしても今の病院からの紹介が必要なのかと思います。今の時点ではそういう流れにはならないと思うので、もう1軒、腫瘍認定医がいる病院に行ってみるつもりです。針吸収検査はそこでも新たにしなくてはならないかと思いますが、仕方ないですよね?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
まだ検査結果がでていないのであれば、とりあえずその検査結果を待ってからいってもいいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい、分かりました。数日待って、後日結果が出てからまたご相談させて頂きます。日を渡ってのご相談になってしまい、申し訳ありません。感謝しております。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、検査結果がでたらご連絡ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんにちは。検査結果が出ました。良悪境界の皮膚の混合腫瘍、低悪性度の汗腺癌、高悪性度の汗腺癌、軟部の巨細胞腫、組織球制肉腫等が鑑別に上げられる採材であり、詳細な全身の精査及び腫瘤切除による精査が望まれる。
との回答でした。
その検査結果を持ち、昨日、獣医腫瘍科認定医のいる病院を訪れ、エコー検査、レントゲン検査の結果、癌の種類は、組織を取らなければ分からないけれど肺に転移が見られるとの結果でした。
質問者: 返答済み 2 年 前.
医師からの提案としては、切除しても綺麗に取る事は難しいし、肺に転移がある以上はもう余命少ないけれど、切除した上で抗がん剤投与というのが治療として一般的。
ただし、手術をした事で体力も落ちるし、抗がん剤投与すれば副作用もあり、毎日が辛い状況になる可能性が高い。今の元気な生活はもう最期まで出来なくなる可能性がある。
私としては残された日々が短いとしても、苦しんで痛がる想いはさせたくないというのが、第一希望です。その場合、抗がん剤投与しないのならば最期をなるべく安らかに迎えられる為には何を用意しておけば良いのか。いざという時の近所で診ていただける病院、酸素テントなのか。それともやはり、抗がん剤を使って積極的治療をすれば良いのか、皆さんはそれぞれ悩まれると思うのですが、実際にどういう決断をしていく方がいらっしゃるのか…。
切除するなら、今月中には…と言われています。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
それは心配ですね。
まず、肺に転移がある以上、やはり完治を望む治療は難しいでしょう。
そうなると、抗がん剤が効く腫瘍なのかどうかによってかわってきます。
組織球肉腫はある程度抗がん剤が効きます。
上に上がった中で他に抗がん剤がかなり効くと言われている腫瘍はありません。
細胞診で判断がつかない場合、外科的に切除して検査をするか、コア生検といって、麻酔をかけて腫瘍の一部をとって、それを検査に出すことになります。
腫瘍の種類がわからない限り、どの治療が一番なのかはわかりません。
できる限り、一番いい治療をしたい場合はやはり切除するか、コア生検をする必要があります。
ただし、それをしても結局効く治療がありませんということになるのともあります。
ですので、痛いことをしたくないということであれば、検査をしたほうがいいかどうかというのはわかりません。
それ以上検査をしない場合は、現在、代替療法と言われてる免疫療法やオゾン療法、サプリメントなどを試してみることになります。
これらの治療は副作用で苦しむことはほとんどありませんが、効果はやってみないとわからないものになります。
ですので、痛みなどの苦しみがない治療をというのであれば、これらの治療をやっている病院で治療を受けてください。
ただし、その場合は効果は定かではないということと、もしかしたら他にいい治療があるかもしれないがそれを選べないということはあります。
どれがいいかに関しては、残念ながら結果論になってしまいますので、以上のことを考えた上で飼い主さんが決める必要があります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございました。
コア生検か取れる限り切除の上、抗がん剤投与というのを、今、病院からは提案されています。
この2つの違いは、
取れる限りの分全てを切除は、他の臓器に転移を起こしたりする可能性が低くなり、炎症を起こしたりしずらい…?ということがメリットで、デメリットは手術時間も傷口も大きくなって身体に負担が大きいという点でしょうか?
対して、コア生検は、結果次第では更に全部切除しなければならない事になる上に、抗がん剤は効かない可能性も大きな確率である(それについては上記の部分でも同様でしょうが)
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうです。
コア生検のメリットは麻酔時間が短く侵襲が小さいことです。
ただし、正直転移が確認されている以上、その部分に痛みや感染などがない以上取る必要はありません(取るメリットがありません)
ですので、抗がん剤を使うかどうかの判定だけであればコア生検でほとんどわかるかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
残しておけば、肺以外の他の臓器、肝臓などに転移する事になるのではないでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
すでに転移をしているのであれば、とっても取らなくても転移は変わりません
質問者: 返答済み 2 年 前.
すみません。転移は変わらないという事は、今後他の臓器に転移しても、身体への負担も治療も変わらないという事でしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
すみません。転移は変わらないという事は、今後他の臓器に転移しても、身体への負担も治療も変わらないという事でしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そういうことではなく、すでに転移がある以上、原発巣を取っても取らなくてもさらなる転移のリスクはほとんど変わりません。
転移がある=すでに全身に腫瘍細胞が回っていると思ってもらったほうがいいでしょう。
転移巣がある場合は、中には原発巣を取ることで、転移巣が大きくなってしまうこともあります。
ですので、痛みや感染がないのであれば、原発巣を取る意味はほとんどありません。
あくまで腫瘍の種類を調べることが目的になります。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
理解しました、ありがとうございます。原発巣を取る事で、転移した病巣が活発になる可能性がある件についても、病院でも説明を受けました。病巣が感染したり痛みを伴った場合の処置の心配がありますが、その時は新たに切除しかありませんか?

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問