JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんばんは。愛犬の病気についての質問をさせて頂きます。 愛犬はミニチュアダックスで雄の12歳です。 7月頃から急

解決済みの質問:

こんばんは。愛犬の病気についての質問をさせて頂きます。
愛犬はミニチュアダックスで雄の12歳です。
7月頃から急にお水を沢山飲みおしっこも沢山するようになり、今までとは完全に様子が違うので、病院に行って、検査をしてもらいました。多尿多飲で考えられる、糖尿病、高ca血症、甲状腺機能亢進症、肝不全、腎疾患はいずれもパス。あと考えられるのは、尿崩症、副腎皮質機能亢進症という事で、その検査をするため、初めて愛犬を病院に半日預け検査の結果、副腎皮質機能亢進症という病名がわかりました。それから甲状腺機能低下症という事です。それからアドレスタンという薬の30ミリを2週間飲み、又検査をして数値がまだ高いという事で次は30ミリと10ミリの薬を2週間飲み、同じ検査をして数値が低くはなっているけど、正常値になっていないというので、次は60ミリの薬を2週間飲み本日9/24日に再検査しました。まだ正常値ではないという事で、今度は60ミリと30ミリを2週間分頂いてきたのですが、又2週間後に検査です。
その都度、2万円以上の費用もかかり、悲鳴をあげています。
薬事態も高価で60ミリ500円、30ミリ375円、10ミリ290円です。
そして薬が定まっても、ずっと薬を飲み続けなければならないという事です。
実際多尿多飲意外はとても元気なので、これからずっと薬を飲み続けなければならないのか?
ご意見を伺いたいと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
クッシングも初期は特に怖い感じのしない病気なので
飼い主さまにすれば別にそのままでも問題無いように思われるかもしれませんね。
ただこの病気は進行してきます。今は多飲多尿以外には出ていませんが
細菌感染を起こしやすくなる(皮膚炎や膀胱炎など)、肝臓腫大、脱毛、関節が崩れて立てなくなるなど放置しておくと悲惨な状態になります。
アドレスタンは高価な薬ですし、継続すると大変ですが継続しているとそれなりに
安全性も高くミトタンと呼ばれるもう一つのクッシングの薬に比べると安全性は
それなりに高い薬ですしミトタンほど検査が必要ありません
ですから継続して検査や治療は必要と考えて下さい。
人間のように保険が効いて3割自己負担だと安く感じますが
医薬品は元来高価ですし、ジェネリックが無いと尚更高いです
人と同じ薬ですし、高価なのは納得いただくしか有りません
良い状態みたいなので、このまま薬を継続していただくのが一番
楽で費用もかからないでしょう
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
再投稿されましたので、お答えさせていただきます。
12歳のM.ダックスのワンちゃんで副腎皮質機能亢進症ということですね。
この病気は副腎というステロイドホルモンを分泌する臓器から、過剰な量のホルモンが分泌される病気です。
一般的には内科的な治療をしますが、薬で完治することはないです。薬の目的はホルモンの合成量を調節することにあるため、薬を飲まなくなると、またステロイドホルモンの分泌量が増えます。
ステロイドの作用は、多飲多尿を引き起こすだけでなく、免疫力の低下、筋肉量の低下による皮膚が薄くなる、感染症にかかりやすくなる、ステロイドによる肝障害、などがでます。
今の症状は多飲多尿だけなのかもしれませんが、今後このようなことがおきてくる可能性が高いです。
薬は病気の進行を遅らせる効果があるため、今から治療をされておかれることをお勧めいたします。
何も症状がでていなければ、薬はまだ必要ないでしょうが、飼い主様のワンちゃんの場合は症状が出始めていますので、治療の開始時期に来ていると思います。
費用の点で、大変ということであれば、今後症状がさらに悪化することも考えたうえで、主治医の先生とご相談して薬の量を調節してもらうことをお勧めいたします。
たしかにこの薬は続けることが重要なので、費用の点で飼い主様が負担できる程度で、治療をされることをお勧めいたします。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問