JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

検診腹部エコーにて子宮内に蜂の巣ようなものが見えるので(子宮癌 子宮蓄膿症 できもの)手術をすすめられ血液検査をした

解決済みの質問:

検診腹部エコーにて子宮内に蜂の巣ようなものが見えるので(子宮癌 子宮蓄膿症 できもの)手術をすすめられ血液検査をしたところ9/12ALT(483)AST(114) 9/16ALT(925)AST(210)が高値のため現在内服(肝臓の薬と、こうせい物質)中です 手術日9/24予定
主治医は、GOT GPTの値がたかくてもリスクはあるが、手術が可能です最悪も場合も考えて。家族でよく話し合ってくださいと言いますが、現在とても元気なため悩んでいます8歳 チワワ 1.1kgです。
手術すべきか自然に様子みるのか返答 宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
japavet :

こんばんわ。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

それはご心配ですね。

japavet :

量を増やしたというのは生肉のことでしょうか?

japavet :

また、肝臓の数値(ALTやAST)はあくまで肝臓の負担やダメージを見るもので、肝機能を示すものではありません。

japavet :

肝機能を示すALBや凝固系の検査はされていますか?

Customer:

kennsa

Customer:

検査は全てしています。 血小板767 他は異常ないといわれています

japavet :

ALBや凝固系は通常の検査ではあまりしませんが、検査を本当にされていて、肝機能には異常はないといわれていますか?

japavet :

ここの部分ははっきりさせる必要があるので、正確な回答をお願いします。

Customer:

PT(7.7) APTT(14.4)Fib(240) です。 生肉のことです。

japavet :

返信ありがとうございます。

japavet :

確かにそれであれば大丈夫ですね。

japavet :

肝臓の数値が高くても肝臓の機能がしっかりしていれば麻酔のリスクはそれほど高くはありません。

japavet :

生肉は肝臓への負担を強くする可能性があるので、食事としてはあまりお勧めできません。

Customer:

自然に見るより、手術の必要性があると言うことでしょうか?

japavet :

生肉を増やしたせいで肝臓の数値が高くなった可能性はあります。

japavet :

手術の必要があるかどうかは状態によりけりです。

japavet :

子宮の膿の状態や、白血球やCRPの値などによって必要性は変わってきます。

japavet :

基本的には子宮蓄膿症であれば手術をすることが最善策になります

japavet :

内科的な治療でもよくなることがありますが、よくならないこともありますし、次の生理の時に再発するリスクも多いです。

japavet :

ですので、通常麻酔のリスクがそれほど高い子でなければ手術を進めします。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

麻酔のリスクは高いと聞いています。肝生検のリスクは?必要でしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
麻酔のリスクは肝臓のみではありませんが、少なくともALBや凝固系がしっかりしていれば肝機能はそれほど落ちてはいませんので、肝臓に関してはそれほど高いとは思いません、
他に体重がかなり少ないので、そのあたりのリスクはあるかと思いますが。
肝生検は手術をするのであれば一緒にされる方がいいでしょう。
リスクはほとんどありませんし、手術時間も数分伸びるだけですので。
今元気なのであればとりあえず肝臓の治療を内科的に行って、もう少し様子を見るのも一つかとは思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

CRP(0.6)白血球(12800)です 子宮蓄膿症の疑いは濃厚ですか?蜂の巣のようにみえるのでしょか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
蜂の巣のように見えるのであれば子宮蓄膿症というよりは子宮内膜炎や子宮腫瘍の疑いのほうが強くなります。
また、CRPや白血球を見ても炎症はあまり起きていないようですので、子宮蓄膿症というよりは上にあげた病気や子宮水腫などの疑いのほうが強いでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

最善の治療は手術になるのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですね。
どの病気にしても、一番の治療は手術になります。
麻酔のリスクを考えながら、必要性とを考えて手術になります。
緊急性はなさそうですので、生肉を控えて肝臓のサプリメントなどの治療をして肝臓の数値が下がるかみてから手術をするということでもいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

8月の末より、エコーで、少しづつ大きくなっていると言われ、主治医はできるだけ早いほうがいいとのことですが、、、そんなに大きくなるのでしょうか・

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そういうことであればあまり期間を置かない方がいいかもしれませんね。
大きくなればなるほど、どの病気にしても手術が難しくなりますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問