JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

始めて相談させて頂きます。10歳の雄の柴犬 室内で飼っています。8歳の時に私の主人が亡くなり 精神不安定になり マン

解決済みの質問:

始めて相談させて頂きます。10歳の雄の柴犬 室内で飼っています。8歳の時に私の主人が亡くなり 精神不安定になり マンテングがひどく 去勢しました。主人が溺愛していたので その後は大変でしたが今は私にも慣れて静かに生活していましたが9月12日の夜中1時に急に私を起こし吠える 家の中を動き回り物を落とす 外に行きたがる 出すと中々入ろうとしない 狭い箇所に行きたがる 1時から5時まで寝ませんし 家族も寝られません。この状態が 今日まで続いています。現在私と社会人の娘は 寝不足で疲労が困憊しています。昼間は寝ているかと思うと 2階の部屋を荒らし 朝から かすれ声で 泣きます。 住宅密集地なので 気を遣います。日頃無駄吠えはしません。 食欲は変わりありません。去勢が遅かったのが原因か 認知症なのか 治るのか とても不安です。私はフルタイムで働き 日中9時~18時までは一人で 問題なく留守番していました。どのようにしたらいいのかわかりません。かかりつけ医から安定剤アナフラニールが処方され7日間朝夕飲んでいますが変わりないと話すと更に10日分を処方されました。他に方法はないのでしょうか。どうぞ宜しくお願い致します。  中村
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
10歳の去勢オスの柴犬のワンちゃんが急に行動がいつもと違う状態になって精神不安定ということですね。
少々おたずねしますが、
病院を受診されたとのことですが、何か検査、例えば血液検査やレントゲン、神経テスト、腹部エコー検査、尿検査など、はされましたでしょうか?
変わったのは行動だけで食欲、元気、排便の状態、排尿の状態は変化ないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

連絡ありがとうございます。 検査は 血液とレントゲンを撮りましたがどちらも 正常範囲です。 食欲 排泄はどちらも変化ありません。元気と言えば 夜寝ていないので ぼんやりとしていますが 特別変わりはないと思います。  連絡お待ちしています。 宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
検査は血液検査とレントゲン検査(胸部と腹部?)をされて明らかな異常はみとめられなかったということですね。
他の検査はされていないということですね?
また食欲元気はあって、排便や排尿の異常も明らかなものはないということですね。
今問題になっているのは、ワンちゃんの行動異常が、何か病気によるものなのか、あるいは精神的な問題なのか、認知症の症状なのか、ということです。
血液検査やレントゲンで異常が認められない病気は沢山あるため、そこで異常がない場合は腹部エコーや尿検査、など麻酔をかけなくてもできる検査をしっかりされるべきだと思います。
また神経学的検査を主治医の先生にしていただき脳神経も含めて異常がないか調べることもお勧め致します。
血液検査は血液トマツ検査もしっかりされることをお勧めいたします。
このようにしてできるだけ身体的な病気がないかどうかをまずは探すべきだと思います。
もしそれでも問題がないということであれば、精神的な問題による問題行動や認知症の可能性の可能性が高くなると思います。
認知症の場合は性格の変化がでるでしょうし、行動異常(食事したのにすぐ食事を欲しがる、嗜眠傾向、同じ方向にぐるぐる回るなどなど)がみられるようになる、と思います。
精神的な問題であれば、今処方されている治療薬やアミトリプチリン、など精神を落ち着かせる治療薬によって、改善する可能性がありますが、今試している薬を含めて薬には何種類かあるため、順番に試す必要があると思います。
認知症の場合は有効な治療は今のところないです。DHAやEPAを含んだサプリを飲ませるなどして進行を抑えることが治療の候補になります。
認知症は加齢による脳の委縮など器質的な変化をともなうものなので、脳神経を再生させる治療は今のところはないからです。
以上のようにまずは身体的な異常をしっかり探す(血液検査やレントゲンで異常が出ない病気は沢山あるため)、異常がない場合は、認知症以外の問題行動なのか、加齢による認知症の行動なのかを調べる、問題行動の場合は選択的セロトニン再取り込阻害剤(今使っている薬を含めて)を使用しつつ問題行動の原因となるものを探す、認知症の場合はサプリを使用する(でも治すことはできない)、夜鳴きが問題な場合は睡眠導入剤を使用する(ジアゼパムやフェノバール、アセプロマジンなど)ことをお勧めします。
特にいくら検査しても病気らしい病気も見つからなくて、今夜鳴きが酷くてどうにかしたいという場合は、夜睡眠導入剤を使用されることをお勧めします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問