JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

11歳の雌のゴールデンです。1年半前に乳腺腫が5個見つかり、摘出しましたがそのうち3個が悪性でした。このたび、また1

解決済みの質問:

11歳の雌のゴールデンです。1年半前に乳腺腫が5個見つかり、摘出しましたがそのうち3個が悪性でした。このたび、また1つのしこりが見つかり摘出手術を勧められています。そこでこの機会に以前から子宮蓄膿症の事が気になっていましたのでこの際、子宮摘出手術も併せてしたほうがよいでしょうか?
体力的な事を考えるとしないほうがいいのか迷っております。良いアドバイスをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
11歳のゴールデンで乳腺腫瘍の手術のついでに避妊手術をお考えということですね。
少々お尋ねしますが、
乳腺腫瘍の大きさは何センチ位でしょうか?
持病は何かありますでしょうか?
腹部エコー検査にて卵巣や子宮の状態は特に異常はないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

今回の腫瘍は触った感じで1㎝ぐらいです。持病は特にありませんが3か月くらい前に尿失禁があり服薬で治りました。今回腹部エコー検査は受けておりませんが尿失禁の時にしたときは異常ありませんでした。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
腫瘍の大きさは1cmということですね。
その大きさであれば切除には時間はかかりませんので、避妊手術を一緒にされてもよろしいかと思います。
ただ高齢で太ったゴールデンの場合お腹の中に脂肪が多量にあるのと、高齢で子宮がもろくなっているので慎重に手術しなければならないでしょうから、乳腺腫瘍よりも避妊手術の方が時間がかかるのではないかと思います。
術後はとくに問題なく回復してくれると思います。
発情の兆候がまだあるという場合は子宮蓄膿症のリスクはあると思いますが、最近はもう発情兆候(陰部からの出血など)はないという場合は絶対ではないですが、子宮蓄膿症のリスクは低いと思います。
子宮卵巣摘出をすることで子宮や卵巣の腫瘍の予防にはなりますので、手術することは悪くはないと思います。
手術としては今必ず必要な手術というわけではございませんので、飼い主様がやりたいというご希望が強いのであれば、されることは悪くはない、と思います。
また主治医の先生がぜひやってあげてください、と自信をもってお勧めされるのであれば手術されてもよろしいかと思います。
高齢ではありますが、避妊手術は出血の多い手術ではないので、手術からの回復は、問題ないと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問