JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳のダックス(雄)です。喉が鳴り咳がでるため静止画レントゲン、動画レントゲンの後内視鏡検査となり、突発性喉頭麻痺

解決済みの質問:

11歳のダックス(雄)です。喉が鳴り咳がでるため静止画レントゲン、動画レントゲンの後内視鏡検査となり、突発性喉頭麻痺の診断を受けました。気管は正常でした。病状がかなり進行するまでは手術はせずに安静にさせる予定ですが、呼吸が楽になればと胸骨の上の方をツボマッサージしようとして、右胸骨の一番上のすぐ上辺りに脂肪腫らしき塊(体質的によくできるためこれもその可能性があります)ができているのが見つかりました。この辺りの脂肪腫が喉辺りの神経に影響するようなことはあるのでしょうか? かかりつけ医、内視鏡をした病院ともこの脂肪腫について気がついていたかどうか、特に言及はありませんでした。徒労な質問かもしれませんが、後悔したくないため、ご教示戴ければ助かります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それはご心配ですね。
動画のレントゲンや内視鏡検査をすぐに行える病院は少ないですので、診断がついてまずは良かったですね。
喉頭麻痺は甲状腺機能低下症からも出てくることがあるので、念のため甲状腺ホルモンは測っておいてもらったほうがいいでしょう。
それから、皮膚の脂肪腫が喉に影響することはありません。
どの部位に出来ても関係はしませんので、そちらに関しては問題はないと思います。
また、脂肪腫ができやすいのと喉頭麻痺とも関係はありませんので、別物と考えてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早々のご返答ありがとうございます。
脂肪腫が他に影響することはないとのことですね。

心配が一つ減りました。ありがとうございます。

また、甲状腺ホルモンについてのアドバイスをありがとうございます。こちらも確認してみます。

もう一つだけ、後出しの質問で申し訳ありません。

もし呼吸困難が酷くチアノーゼを起こしかけた場合、かかりつけ医もしくは救急病院に着くまでに30分ほど時間が掛かってしまいます。
搬送は平らな担架で、あと市販の酸素スプレーを使おうと思っているのですが、体重14キロで30〜40分ほど持たせるには酸素量は何リットルほど用意しておくと良いでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
通常、酸素室などでは1時間に2~3Lを使うことが多いです。これはあまり体重によって変わるものではありません。
ただし、解放空間ですので、その倍くらいは必要になる可能性があります。
酸素スプレーで十分な酸素を送り込むのは難しいですが(通常スプレーをかけるとかなりワンちゃんは嫌がります)、多少助けにはなると思いますので、準備しておいてもらったほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問