JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳のラブラドールレトリーバです 右耳の入口に肉腫が有ります。出来た正確な時期は不明ですが約1年くらい前だ

解決済みの質問:

12歳のラブラドールレトリーバです
右耳の入口に肉腫が有ります。出来た正確な時期は不明ですが約1年くらい前だと思われます。
肉腫は巾10㎝・奥行き3~5㎝高さ7~10㎝程で、耳たぶ(?)では覆いきれない大きさ。
症状は肉腫のいたるところから膿が出て匂いを放っています。時折前足で擦るのか
血液もにじんでいます。毎日不織布でイソジン水で薄めた溶液で患部を拭きとる事も
行っておりますが・・・
食欲も普通で排便の量や硬さも異常はないと思います。
2ヶ月ほど前から近所の獣医の治療を受けています。医師の指示・投薬(抗生剤・炎症抑え?)を与えていますが。症状はやや改善されたかと思えば、薬の量を減らすと膿の量が
戻り、耳周辺の体毛が汚れてしまいます。腫瘍そのものの摘出には金額的、全身麻酔の影響、犬の年齢を考慮すると適切ではないのではないかといわれています。
摘出をしないとして、せめて膿の出るのを止め不潔な状況を無くしたいと思うのですが
このままの状況を維持するしかないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
12歳のラブラドールのマックちゃんの耳に出来物ができているということですね。
少々お尋ねしますが、
出来物はまだ大きくなってきているのでしょうか?
何件か病院には行かれたのでしょうか?
飼い主様も手術には消極的なのでしょうか?
病理検査などで着いた診断名は何でしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

出来物の拡張は止まっていると思います。

受診医はまだ1軒目です。

血液検査等は行っていないと思います。・・・ただ、「体外部にできた腫瘍」とだけ言われました。

手術による摘出が最善なのであれば検討したいと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
病院はまだ1件目で検査は何もしていなくて、手術ができるのであればご希望ということですね。
1年で10cm四方の大きさになったということは今も大きくなっていて中のほうの血液の通わなくなった部分が次々に自壊しているために臭いにおいを放っているということです。
そのためこのままにすればやはりワンちゃんにとっても飼い主様にとっても生活の質を維持していくのが今後ますます困難になる可能性が高いです。
手術する場合にはいくつか問題点があります。
まず腫瘍の種類をある程度診断しておく必要があります。
また腫瘍は草と同じで根っこがあるため表面の塊を切除してもすぐに再発してしまう可能性があります。
ワンちゃんの健康状態について術前の検査として血液検査、レントゲン(胸部、腹部)、腹部エコー検査、など麻酔なしで出来る検査をしっかりされることをお勧めします。
手術の方法は麻酔をかけて切除するか、レーザーで焼きとることも可能かもしれません。
ただレーザーの場合は表面のみの切除なので腫瘍の種類によってはまた再発する可能性があります。
以上の点から流れとしては
出来物に細い針を刺して細胞を採取して調べる細胞診検査(結果がでるまでに1週間位かかります)→結果が出た時点で手術して切除するか(おそらく腫瘍が大きすぎて表面の切除はできても腫瘍細胞を完全に切除できるかどうかはわかりません)、あるいは負担の少ないレーザーによる焼灼にするか、検討する。
今かかっている病院では切除が難しい、レーザーの設備もない、という場合にはどこか二次診療の病院を主治医の先生に紹介していただいて処置を受けることになると思います。
あるいは主治医の先生が紹介出来ない場合はご自分で探す必要があると思います。
もっと小さい出来物であれば麻酔なしでレーザーで焼灼して落とすことができますが、出来物が大きいことからレーザーの場合は1週間ごと位で数回通院する必要があると思います。また麻酔や鎮静の処置が必要かもしれません。
処置する前にはマックちゃんの健康状態を調べるために血液検査やレントゲン、エコー検査をして、必要ならば麻酔をかけても問題ないか、肺や肝臓に転移していないか、などを調べる必要があると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

現状は理解しました。もう少しこの先行きについて質問させてください

手術しないで、現在の投薬治療等で対処した場合"マック"の症状にはどのような事が予測されますか?

又、一般的な料金で手術費用及びそれに係る治療費とその期間はおおよそどのくらいになるのでしょうか?(詳細不明で答えようがないかもしれませんが、先生のお考える一例で結構です)

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
手術しない場合はどうなるかということですね。
その場合今後も出来物は徐々に大きくなっていくと思います。自壊の範囲が広くなって生涯悪臭と付き合っていかねばならないと思います。腫瘍の種類によっては肺や肝臓に転移するかもしれません。
それに伴い食欲や元気の低下がみられ徐々に痩せていく可能性があります。
検査や手術の費用はお住まいの地域や各病院によって大変異なります。そのため一概にいくら位かかるかは分かりませんが、細胞診検査、術前検査(血液検査、レントゲン、エコー、必要なら麻酔をかけてCT検査など)、実際の手術あるいはレーザーによる焼灼、手術の場合は入院治療、して退院までで、一次診療の病院であれば15-25万位(術後の回復具合にも依ると思います)、二次診療の病院であればその倍以上はする可能性があると思います。
体表の腫瘤の切除なので、やることは大したことはないのですが、出来物が大きいため手術後に傷が塞がって治るまでに恐らくは1か月位かかるのではないかと思います。
レーザーでの焼灼の場合炭酸ガスレーザーや半導体レーザーの設備と先生の経験がないとできないので、そのあたりの制約があると思います。
また切除しても再発する可能性がありますので、今後も小さい出来物ができたら速やかに切除することをお勧めします。小さいものであれば体の負担や費用の負担が少なくて済みます。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問