JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

2歳8か月のゴールデンレトリバーのことでご相談します。ずーと元気で散歩も毎日1時間半してました。7月に入り散歩に出た

質問者の質問

2歳8か月のゴールデンレトリバーのことでご相談します。ずーと元気で散歩も毎日1時間半してました。7月に入り散歩に出たら暫くしたら後ろ足片側びっこをひき散歩ができない状態になり近院の動物病院へ行きました。前十字靭帯断裂してるので手術が必要と言われ手術 ところが両足手術されていました、医師の話では片方の膝の皿もずれていたので同時にしたとのことでした。しかし退院して間もなく又足を引きずり歩く格好も明らかに変で病院へ行って再手術になりました。(両膝)今度は両足を巻いて1か月固定しました、2回ほどずれては巻きなおし足首のあたり床ずれ様になったため外しました。足のかっこうは、がに股用で膝にも負担がかかっている感じで歩いてました。家の中歩行だけで散歩にも出てないのですが今朝歩く姿片足をシッカリつかずびっこをひいてるようなんです。しっかり治してあげたいのに整形の専門病院がありません。獣医の先生は整形専門ではないのでこれ以上治せないと このまましておくと歩けないようになってしまうのでしょうか?治せないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
2歳8か月のゴールデンのワンちゃんで後肢の跛行の問題ということですね。
少々お尋ねしますが、
7月のときの手術する前の跛行の状態ですが、後肢を引きずる感じだったでしょうか?それとも後肢を拳上して地面に着きたがらない感じでしたでしょうか?
通える範囲内で大学病院などはないでしょうか?
他に大き目の病院はないのでしょうか?
今現在は具体的にはどのような治療をされていますでしょうか?
今の跛行の状態は最初の跛行と同じ足で同じ感じでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

よろしくお願いします。あきらかに歩く姿が前日とは違い足を地面に着きたがらない感じでした。素人考えで両方の足をいっぺんに手術したのも良くなかったのではないかと感じてしまいます。こちらは群馬県の田舎で近くには1件だけ 大きな病院に行くには何時間もかけていくようです。今はこれ以上やることはないと言われ朝1回の痛み止めと抗生剤の薬を飲ませてます。抗生剤は1か月以上飲ませてるのですがいいのかな?今朝から片足だけ着きたがらず足が浮腫んでる感じです。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
主治医の先生はこれ以上は分かりませんと言われていますので、やはり一度大き目の病院を受診していただきしっかり検査、診断をするのがよろしいかと思います。
恐らく跛行の原因は神経の問題ではなく関節を含めた整形の問題だと思いますので、整形の専門の先生にみていただくのがよろしいかと思います。
感染の危険がないのであれば抗生剤は必要ないと思います。そのあたりはもう一度足を先生に診ていただいて腫れの原因が感染によるものか、炎症によるものかを調べていただくことをお勧めします。方法は腫れているところを細い針で刺して細胞を採取して調べると分かると思います。
炎症が原因で腫れている場合には消炎剤や鎮痛剤を飲ませてあげることで、症状の緩和が期待できます。しかしあくまで症状の緩和が目的なので、原因を取り除きませんと再発するリスクがあります。
大学病院などの二次診療施設を受診されるにあたっては、主治医の先生にできるだけ詳しい今までの治療や処置の内容を書いた治療経過報告書を書いていただく必要があります。
また検査のデータ(血液検査、レントゲンなど)をまとめていただくことをお勧めいたします。

犬 についての関連する質問