JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の間もなく13歳になる愛犬(雌、雑種)についてです。春頃から朝方、黄色の胃液を毎日吐くようになりました。かかり

解決済みの質問:

我が家の間もなく13歳になる愛犬(雌、雑種)についてです。春頃から朝方、黄色の胃液を毎日吐くようになりました。かかりつけの獣医師は食事回数を増やすようにアドバイスしてくれたので、そのようにしましたし、吐き気止めも飲ませましたが良くならず。ゴールデンウィーク明けに急性胃腸炎の症状になり、なんとか回復しましたが食欲がなくなり、固形物を食べても吐いたりするようになりました。内視鏡検査をしようとしましたが徐脈で全身麻酔に耐えられないかもしれないとのことで、エコーとレントゲンのみに。結果、胃の中に何かあるか、もしくは胃の壁が厚くなっているとのことで終わってしまいました。暫く、a/d缶とササミをペーストにしたもの等を食べさせ、胃腸機能回復の薬を飲ませましたが一日に1,2回は吐いており、さらに暫く前から一回に吐く量が増してしまいました。もともとペースト状のものを食べさせていたので液体に色(a/d缶の色っぽい)がついたものをドロッと大量に吐きます。a/d缶等では高脂肪かと今は低脂肪のフードをペーストにして与え、吐き気止めと機能回復の薬を併用しています。a/d缶を止めると吐いた液体の色は卵黄のような色に変わりました。毎日排便はありますが、栄養が取れない上、喉も痛め、体重も減り続けています。胃が悪いのは判りますが、ほかにどこが悪いのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
血液検査はされましたか?
異常はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

血液検査は5月の胃腸炎の際と6月の検査の際と行っておりますが異常はありませんでした。

専門家:  loverai0210 返答済み 2 年 前.
返答ありがとうございます。
腎臓の検査にも異常がないようでしたら、一度バリウム検査をしてもらって、どこかに詰まりや何か異物がないかを確認してもらったほうがよいと思います。
お年ですし、腫瘍などがある可能性もありますので、早めに検査をしてもらって、必要ならば手術をしてもらったほうがよいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

徐脈ということもあり、全身麻酔を使う手術等は問題外なのです。バリウム検査をやっても詰まってしまうことは想定内で…。ただ、このまま彼女が亡くなってしまうことには耐えられないので何かヒントが得られないかと思ったのですが。残念です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

徐脈ということもあり、全身麻酔を使う手術等は問題外なのです。バリウム検査をやっても詰まってしまうことは想定内で…。ただ、このまま彼女が亡くなってしまうことには耐えられないので何かヒントが得られないかと思ったのですが。残念です。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
判りきった答えしか得ることが出来なかった。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
判りきった回答しか得られなかったから
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
先の先生がオプトアウトされたので代わりにお答えいたします。
麻酔が難しく、それ以上の検査や治療ができないのであれば、方法としては試験的にステロイドを使うしかないかと思います。
かなり乱暴な方法になってしまうかもしれませんが、胃の壁がぶ厚くなっている場合、IBDやリンパ腫、胃の腺癌などの可能性があります。
この中でIBDはステロイドによる治療が可能なことも多く、また、リンパ腫はステロイドに一時的に反応して、胃の壁が薄くなったり、食欲元気や嘔吐の改善をしてくれる可能性があります。
もちろんステロイド剤には副作用があるので、5日~1週間程度続けてみて、改善がみられないのであれば、やめるしかないかと思います。
それ以外の方法としては、大学病院などの二次病院で再度エコーを撮ってもらい、もう少し専門的な意見をいただくとか、ほかの麻酔を試してもらい(全身麻酔にはいくつかの薬剤があり、このお薬では徐脈になるが、これであれば行けるということもあります)、なんとか内視鏡の検査などをしてもらうという方法もあります。
もし、試験的治療よりも、しっかり検査をしてその結果で治療をする場合は、そうした方法をとってもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます、チェックが遅くなり返信が遅くなりました。

ちょうど今週月曜日からステロイド投与を始めたところです。実はうちの犬は若年性白内障と緑内障を患い、既に眼は見えておりません。

かかりつけ医は緑内障を気にしてステロイドは見送っていたそうですが、正直命の方が大切なので…。

2ヶ月振りの血液検査では肝臓値が悪化していました。

なので、肝臓の薬も飲むことになったのですが吐き気の頻度が増えてしまった為、服薬が出来なくなっています。

本日から注射でステロイド、抗生剤、肝臓の薬、吐き気止めを打つことになりました。

これで少しでも改善されればいいのですが。

吐いている内容を見ると黄色い液体が多いようです。

かかりつけ医は胃の消化液だと思う、とのことですがネットでは黄色は胆汁と書いていることが多いと思います。

肝臓値も悪化してますし、胆嚢炎を患って液体が逆流しているなどということはないでしょうか?

かかりつけ医に伺ったところ、黄疸が出ていないので違うと思うとのことでした。

また、好酸球胃炎の疑いはどうでしょうか?血液検査では白血球は正常値です。それでも、この病気にかかったりはしていないでしょうか?

お手数ですがご返信頂けると助かります。

切羽詰っています。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
確かに黄色いものは胆汁です。
胃液は白い泡状のものです。
ただし、胆汁の嘔吐というのはそれほど重症な子でなくても胃酸過多による嘔吐でもたまに見られますので、それがあるから怖いというものではないです。
胆嚢炎があったから胆汁が胃の方へあがってくるということもありません。
好酸球性胃炎に関しては可能性はあります。
血液検査には異常としてで来ないことがほとんどですので。
好酸球性胃炎はリンパ球形質細胞性胃炎などと一緒にIBDに分類される胃炎になります。
これもステロイドが効く可能性があります。
治療にうまく反応してくれるといいですね。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返信ありがとうございます。

もうひとつ、気になることがあるので教えて下さい。

病状の悪化に伴い、せっかく飲食したもの(ペースト状、スープ状のもの)を

1~4時間以内吐くことが多くなっています。

幽門狭窄の可能性はどうでしょうか?

ただ、素人考えだと胆汁が逆流するということは幽門は塞がっていないのかな?とも思っています。

食べる量が少ない為、糞はだんだん減ってはいますが昨日までは毎日出ています。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
おそらく胃の粘膜の腫れにより胃の出口が狭くなっている可能性は十分あります。
完全閉塞がなければ胆汁は逆流してきます。
他には胃粘膜が敏感になっていたり、胃の運動性が落ちていても、食べ物をよく吐く原因になります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

何度も申し訳ありません。

ステロイドと肝臓の薬の服用に伴い、それまで使っていて反応のなかった胃の動きを良くする薬は休止することにしました。

薬があまりに多いからです。

でも、これは止めない方がいいのでしょうか?

それとも反応のない薬は積極的に止めてしまっていいのでしょうか。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
胃腸の動きを良くするお薬はそれほどきついお薬ではないので、続けて置いた方がいいのではないかと思います。
嘔吐が強くなれば逆流性食道炎のリスクも大きくなりますし、本人もしんどいと思いますので。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問