JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨年、先住犬(スプリンガー、雌)が15歳で亡くなりましたが、8歳になるイングッシュ・コッカー(雌)がその日を境に留守

解決済みの質問:

昨年、先住犬(スプリンガー、雌)が15歳で亡くなりましたが、8歳になるイングッシュ・コッカー(雌)がその日を境に留守番ができなくなりました。
以前の留守番時はリビングのドアを閉めて出ましたが、2匹で好きなように寝て過ごしていたと思います。
先住犬の死後、コッカーはドアノブを下げて引く作業を覚えて開けてしまいます。
更に玄関先でワンワン吠えるようになりました。
近所迷惑もあり、リビングのドアの手前にアルミ性の柵を頑丈に作りましたがそれも数日で破壊。
困ったのでケージを買って入れて留守番させたところ、昨日ついにケージを押し倒して(おそらく)ひっくり返し脱出。扉のあたりを掘りまくった跡とかじった様子、更にちょっと血痕。顔をよく見ると口元が腫れていました。掃除をして抜けた前歯を見つけました。
ケージは、私達家族の誰かがいれば何時間でもおとなしく入っているのですが。
困りつつ、留守中の様子をビデオカメラで撮って見ました。
最初は、本人も寝ようとしているようです。
留守番だとわかっているように思います。
寝る体勢でいるのですが、10分おきくらいに顔を上げてソワソワを繰り返し、1時間を過ぎると遠吠えが始まり、さらにワンワンと騒ぎ始めます。
ビデオテープ切れでその先がわかりませんが、どんどん興奮して破壊行動となるのでしょうか?
私も毎日仕事ではないので、定期的な留守番ではありません。
ただ、昨年からまだ慣れずにひどくなっていくようで、どうしつけるべきかわからなくなりました。
犬を飼うのは3匹目ですが成犬になって留守番ができなくなるとは・・。
様子を見ているとそのうち慣れる・・という問題ではないような気がしております。
思った以上に先住犬が大きな存在だったのでしょうか?
人間で言えば、心の病でしょうか?
どのように対処したら良いのか、アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
issafd3s :

こんばんは。

issafd3s :

8歳のワンちゃんが留守番が長時間できないということですね。

issafd3s :

その症状が出たのは同居犬がお亡くなりになったときからということですね。

Customer:

こんばんは。

Customer:

そうです。よろしくおねがいします。

issafd3s :

この症状が出始めてから、病院で、身体的な異常がないかどうかの検査、例えば血液検査や尿検査、レントゲンなどをされたことはございますでしょうか?

Customer:

先住犬の死後、すぐに膀胱炎になり治療を受けました。

Customer:

血液検査、レントゲンは受けていません。

issafd3s :

返事ありがとうございます。

issafd3s :

一般的な考え方としては、長時間の留守番はストレスの1つだと思いますが、それ以外にも身体的な異常(病気)がストレッサーの1つになっている可能性も考えられます。ストレスによって引き起こされる行動が生じるにはある一定の閾値というものがありますので、その閾値を超えることで一気に我慢が出来なくなる可能性があります。そのため、念のためではありますが、何か身体的な病気などがストレスの閾値を下げていないかどうかを調べることをお勧めいたします。

issafd3s :

明らかな身体的な異常が無い場合には、心の問題になると思います。

Customer:

ありがとうございます。

Customer:

では、病気の検査をお願いしてみようと思います。

Customer:

さらに以上

Customer:

間違えました。すみません!

issafd3s :

ワンちゃんの症状が専門医レベルの先生出ないと解決できない状態かどうかはまだ判断できませんが、心の落ち着きを取り戻すサプリメントとしてはジルケーンというカゼインを成分にしたものがあります。副作用もないですし、先生とご相談をされたうえでの話ですが、一度お試しになられることをお勧めいたします。

Customer:

異常が無い場合、心の問題の場合ですが、治療という方法はあるのですか?

Customer:

サプリメントですね。

issafd3s :

他には、薬としてはセロトニン再取り込阻害薬という薬も有効ではないかと思います。セロトニンは精神を安定させる作用があるため治療の補助的な目的で使われることが多いです。

Customer:

ありがとうございます。

issafd3s :

ただこの種の薬は一般的に効果が出始めるまでに時間がかかる(4週間位)、またいくつか種類があるため、効果がない場合は、他の同種の薬に変更するなどの試行錯誤が必要になります。

issafd3s :

しばしば使用されるものとしては、クロミカルムが考えられます。

issafd3s :

これらの薬を使用されてみて、効果がない場合には、一次診療の先生では対応が難しいと思います。

issafd3s :

そのため、もう少し行動学の専門性の高い先生にご相談されることをお勧めいたします。

issafd3s :

その先生方の候補としては、獣医動物行動研究会という会のホームページのコアメンバーの先生方が挙げられると思います。

issafd3s :

飼い主様が受診可能な場所にその先生の病院がある場合には、一度お電話をされてみて手短に症状を伝えていただき、よさそうであれば受診されてみられてはいかがでしょうか?

Customer:

病気、心、再度、見直してあげたいと思います。どうしたら良いのか本当に悩んでおりましたが、私自身も重い気持ちが軽くなりました。

Customer:

大変詳しく丁寧な回答を頂きありがとうございました。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問