JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

半側脊椎について質問いたします。3ヶ月前から後足がスキップするようになり、1ヶ月半前に片足のもつれがあり、レントゲン

解決済みの質問:

半側脊椎について質問いたします。3ヶ月前から後足がスキップするようになり、1ヶ月半前に片足のもつれがあり、レントゲンで先天性の半側脊椎と両足に馬尾があり、左うしろ足の感覚が麻痺してるとの診断でした。おそらく症状は半側脊椎からきてると思われるがMRIで特定しましょうとのことでした。
私は霊感が強く数か月前にみた予知夢がどうしても気になり、全身麻酔が必要なMRIをキャンセルしました。その後、サードオピニオンで訪れた先生も半側脊椎という診断をして下さったので、ステロイドと抗生物質の服用と鍼治療を初めて約40日程経ちました。そこで現状からいくつかお聞きしたいのです。
1.左後足を触ると思いっきり後方にキックするようになり、特に寝起きやハウスから出た後に立ち上がるときは後方に滑って一時的に立てないことがよくあります。先生曰く回復傾向とのことですが、以前はもつれることがあっても立てないことはなかったので、悪化してるのではないかと不安です。本当なのでしょうか。
2.ステロイドを2.5mgを35日服用し、今は一日おきですが毎日服用してた時に比べて調子が悪いですが、一日おきをあと数日間続けるべきでしょうか。先生は痛みがあるときのみでよいとおっしゃいます。
3.ステロイドと併せて抗生物質をずっと服用させてましたが、させるべきでしょうか。先生は抗生物質だけは毎日とおっしゃいますが、ヘルニア系でこんなに長く服用するケースを聞かないので不安があります。
4.現時点で患部をレーザー治療を行ったり、温灸で温めた方がいいのでしょうか。
5.運動はどうしたらよいのでしょうか。今は寝てることも多いのでリビングの中だけで自由にさせてます。
6.麻酔の要らない最新式CTがあることを知りました。現時点で受けさせるべきでしょうか。              
長々と申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

①おそらく足踏み状態でしょう。悪化もないが良化もないといったところでしょう

②ステロイドは原因に対しての治療ではなく、おそらく椎体が脊髄を圧迫することで
 生じることで脊髄にダメージを与え麻痺を生じさせていますが
 これをステロイドの炎症を抑える作用でなんとなく抑えているだけなのでしょう

③感染が原因で生じる場合もあります、またステロイドを長期使用すると感染を
 起こしやすくなるので割と長く抗生剤を与える場合もあります
 特に今回のように原因が特定できていない場合には念のためによくないとは言いつつも
 つかうことはあります

④痛みや筋肉の緊張をとるにはどちらも良いですが、根治にはつながらないでしょう

⑤運動は現時点では厳禁です。腰の不安定症があるかもしれないからです

⑥CTでは脊髄の評価はできません。MRI検査とCT検査の両方が必要でしょう
 脊髄などの柔らかい組織が圧迫されたり、障害を受けている、腫瘍が出来ている
 などの評価はMRI検査、骨の変形などはCT検査が必要です

半側椎体では圧迫されている脊髄の圧迫を取り除く必要があります
大抵は手術が必要となるでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

とてもわかりやすく、納得いくご回答ありがとうございます。


お忙しい中恐縮ですが、もう何点かお願い致します。


 


手術につてですが、この他に変形性脊椎症、軽度のヘルニアもあり、また、まともな背骨が2つしかないとのことで、半側推体のみの手術では済まないそうです。半側推体は術後が不安定とのことで最初に診断して下さった先生は頭を抱えてました。手術の適応かどうかはMRIで診断しないと何とも言えないと思いますが、先生でしたらこの状態からも手術の方向でお勧め致しますでしょうか。外科治療が根本的な治療と理解してよろしいのでしょうか。


 


主治医の先生からはケージレストをすると痺れて立てなくなるため、寝てるとき以外はコルセット着用(オーダー品)をし、調子のいい時はコルセットの補助を使いながら散歩と言われましたが、コルセット云々よりケージレストということでしょうか。


 


 


今の主治医の先生は東洋医学のご専門?でして年齢は若い同じ犬種で治療(鍼、ホメオパシー、内服薬)で立てなかったコが散歩ができる状態になってる症例があり、3年経っても変わらないとおっしゃってました。根本的な治療になってないことは理解しておりますが、うちの場合もこのように炎症が治まり、何年か症状がでない可能性はあるのでしょうか。この治療に効果がない場合は悪化の一途をたどるのでしょうか。


 


このままの治療を続けるべきか、外科治療に進むべきかとても悩んでます。だらだらとした質問ですが、よろしくお願いいたします。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
外科手術が根本解決になることが多いですが
固定された以外の場所が不安定になる、また手術をしても改善する可能性が低い
場合もあるなど必ずしもよくなるとは限りません

この辺りはかなり術者の経験と技術によるので、慣れている大学の有名な先生など
に頼むのが無難でしょう。

コルセットはセミオーダー品が良いでしょう、ケージレスしても運動時間はひつようです

人と同様に鍼灸で椎間板ヘルニアは治らないと思います、

改善が無いので、まずは原因追究のためにMRI検査とCT検査を行うべきでしょう

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問