JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ビーグル犬 12歳メス(避妊済み)です。1年半ほど前に甲状腺がんで全摘出手術をしました。その後、ホルモン剤、カルシュ

質問者の質問

ビーグル犬 12歳メス(避妊済み)です。1年半ほど前に甲状腺がんで全摘出手術をしました。その後、ホルモン剤、カルシューム錠を食事毎に飲ませております。手術7−8ヶ月後位にかなり体調は回復しましたが、興奮すると、どの足ときまってはいませんが硬直して上げるようになり興奮がおさまると、硬直もおさまる状況が続いております。この2−3ヶ月前からこの足の硬直状態が頻繁におこるようになり、医師にみてもらったところ、血液検査よりカルシュームが不足(5.8mg/dl)しているとのことで、二週間前より,朝晩アスパラCA200mgを二錠(以前は、朝二錠,晩一錠)に増やしましたが、殆ど状態は、変わりません。ちなみに手術後、六ヶ月毎の検査をしていますが、今のところ転移は認められないとのことです。アドバイスよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

その後、カルシウム剤をふやしてからカルシウム濃度は測っておられますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、殆ど変わりません。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。
もう一つ質問ですが、ビタミンD製剤は使っていないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、ビタミンD剤(1/4錠)を一緒に服用しています。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうですか。

カルシウム摂取量を増やしてもカルシウム濃度が上がってこないとなると、やはりカルシウムのの吸収が悪いことが考えられますが、すでにビタミンDは使っているということですね。

そうなるとビタミンD自体の吸収が悪くなっている可能性もあります。
ですので、ビタミンDは微妙に増量していくか、ビタミンDの吸収をよくするために、ビタミンDを投与する際に一緒に高脂肪食を与えるというのもいいでしょう。

興奮すると足が硬直するというのがカルシウムのせいかどうかはわかりませんが、かなりの低カルシウムであるのは間違いないので、やはりカルシウム濃度を上げる方法を撮るのがまず一番でしょう。
上の方法を試してみてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

現在高年齢犬のえさ(脂肪分が少ない)を与えている。早速、脂肪分の多いえさを試してみてみます。びたみんDの増量は、いつも見てもらっている獣医に相談したほうが、よろしいのでしょうか?


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですね。
それであればまず、薬を与えるときに一緒に少し脂肪分の多い餌を与えてください。
それによってビタミンDの吸収があがってカルシウムが増える可能性があります。

それでもカルシウムが上がってこなければビタミンDを増やす必要があるかもしれませんが、ビタミンD中毒というものもありますので、ビタミンDを増やすのは相談された方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な、ご回答有難うございました。また、何かの時は、相談させて下さい。


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、また何かあればご相談ください。
お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問