JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

パピヨン、11歳です。 1週間前、突然、キャンキャンと悲鳴のような鳴き声をあげ、しばらく震えが止まりませんでした。

解決済みの質問:

パピヨン、11歳です。
1週間前、突然、キャンキャンと悲鳴のような鳴き声をあげ、しばらく震えが止まりませんでした。
その後、明らかに普段と様子がかわり、狭いところに入り込んでじっとしています。
座ったり、伏せたりせず、たったままじっとしてます。
そしてしばらくウロウロと歩き回り、ようやく落ち着いたのか休みました。
その後も、1日に3〜4回、同じようなことが続きます。
特に夜が多いです。
でも散歩に連れていくと、普段通りに元気にあるきます。

病院へ連れて行き、レントゲン、血液検査をしていただきましたが、
異常なしです。

肛門線が破裂寸前に溜まっていたようで、それを処置していただいたのですが
その後も症状は変わらずです。

いつも何かに怯えているようにみえ、キャインキャインとなく発作のようなものも続き、
心配でなりません。

メンタルでは?とも言われましたが、
そんなに突然、、、心あたりもありません。。

後ろ足周辺というか、体の後方の何処かがどうもへんみたいなのですが
散歩では歩くし、原因がわかりません、、

このような症状から何か該当する病気ばどはあるでしょうか。。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

原因がわからないとのことでご不安でしょうね


考えられる病気としては
①首や腰の椎間板ヘルニア
 一般の先生が撮影して、診断してもレントゲン検査ではほとんどわかりません。
 MRI検査が必要です

②脳炎や脊髄炎

③脳脊髄の腫瘍

などが考えられます

MRI検査を大学や2次診療施設で受けて下さい

①の場合には手術が必要になる可能性が高いかもしれません
軽度ならステロイドを使った内科治療になるでしょう

②ならステロイドや免疫抑制剤

③なら外科治療や放射線治療、手が出せない場合には内科治療になるでしょう

質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。
悲鳴をあげるようになってから、落ち着きがなくなり
立ってウロウロとしていることが多いです。

また、舌を出して、ハアハアよしている時間も長いです。
笑顔のように見えるのですが、普段はあまり見せない表情です。

この1週間で病院(同じところ)へ2回言っていますが、原因が特定できていません。

緊急性があるものでしょうか。
またいつ悲鳴をあげるか、私たち飼い主もビクビクしており
心配でなりません。

今も、ハアハアとしながら、ウロウロしっぱなしで
よってきて前足でカリカリと私をかいたりして、
何かを訴えているようなのですが、分かってあげられません、、、
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
改善しているならこの1週間で良くなっているはずなので
正確な診断が必要です

反対に通常の検査が何も異常がみつからないことからも、
上記の病気が疑われます

経験からすると間違いなく上記のどれかでしょう

病院を変えるか大学などを紹介してもらう、セカンドオピニオンをうけるなどが
必要でしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。

①②③ともに、突然なるものでしょうか?
最初に症状が出るまでは、いつもと変わらず元気でした。

挙げていただいた②③をネットで調べると
色々と書いてあるのですが
ウィルス生の場合、主にどういったことから感染するのでしょうか。
また突発性のものは、体質ということになるのでしょうか。

いずれも緊急性が高いですか?
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
ウィルス性も細菌性もかなり稀で、私もほとんどみたことありません。
人間が髄膜炎になるのと一緒でよく感染する経路はわかりません

ほとんどの場合には免疫異常が原因だろうとされている特発性(原因不明)です

椎間板ヘルニアは突然になります
他も症状は少しずつあったのが、突然に酷くなるので突然症状が出ているように
思えることがほとんどです

よくよく話を聞くと以前から症状がでているのがわかることが多いですよ
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。

最後にもう2つ教えてください。

いずれも、すぐに命に関わる緊急性の高いものでしょうか。

また色々とネットで情報収集していた中で
アルツハイマーの初期症状にも当てはまるように思えたのですが
アルツハイマーは的外れでしょうか。
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
動物ではアルツハイマーは現在の所は聞いた事がありませんので
無いでしょう。

命に関わる可能性はありますので早急に対応してもらいましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございました。
明日早めに、また病院に行ってみます。
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問