JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5443
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

12歳のシーズー犬です。昨日、トリミングから戻ってからおやつをあげる際にキャンと鳴いてからは 水も食事もとらず、顔

質問者の質問

12歳のシーズー犬です。昨日、トリミングから戻ってからおやつをあげる際にキャンと鳴いてからは
水も食事もとらず、顔を床につけて寝ませんでした。今朝、掛かりつけの病院に行きました。
結果、歯周病でした。年齢的に麻酔はできないとのことで、飲み薬、塗り薬をもらいました。
いまだ、水も食事も食べません。

歯石を取っていただく方法がありますでしょうか?
8歳ぐらいの時に一度取ってもらっていましたが歯磨きを嫌がるので、このような状況になって
しまいました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
歯が酷くにおう、出血をしている、口から涎が出ている
口を触るとキャンと鳴くなどはありますか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

口臭はあります。


口をあk

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
おそらく個人的な意見としては歯周病ではキャンと鳴かないと思います

高齢のシーズー犬で多いのは
①首の椎間板ヘルニア
 高齢のシーズーに多い病気で首の椎間板物質が飛び出して背骨の中を走っている
 脊髄を圧迫するので痛みがある
 MRI検査での診断が必要なので、大学などを紹介してもらいましょう
 症状が軽い場合には安静や消炎鎮痛剤、椎間板物質の圧迫が酷いなら手術で
 圧迫物質の除去が必要です


②脳脊髄炎や脊髄炎
 免疫異常が原因と言われている炎症性肉芽腫性髄膜脳炎(GME)や脊髄炎と
 いった病気が原因の可能性があるでしょう

また年をとっていてもしっかりと検査してリスクを検討すれば
今まで大きな病気も無く、元気に散歩しているのなら
歯石を取ることは可能な事が多いのでセカンドオピニオンを受けることを
おすすめします
質問者: 返答済み 3 年 前.

★詳細事項 口臭はあります。口を開けさせないので、出血の有無は確認出来ませんよだれは出ていません。 口を触ると痛がります。 ※取りあえず、水薬と塗り薬を着けました。 麻酔をして歯石を取るのは、年齢的に無理なのでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
よほど心臓が悪くない限りは大丈夫だとは思います

病院の技術の問題だと思います

犬 についての関連する質問