JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ウエルッシュ・コーギー。ペンブローク 13歳2ヶ月 メス 長年病気を患っていて、何から説明してよいのかわかりませんが、昨年頃から、白血球が3000~5000という異常な数値であり

質問者の質問

ウエルッシュ・コーギー。ペンブローク 13歳2ヶ月 メス
長年病気を患っていて、何から説明してよいのかわかりませんが、昨年頃から、白血球が3000~5000という異常な数値でありながら、かかりつけの獣医から、何が原因かわからないが、元気で食欲もあり、要観察ということで投薬を受けながら、通院しておりました。
(常用薬:プロヘパール、レプター、インペスタン、チラージン、ペクタン)
昨年暮れに、突然口に痙攣を起こし、それも原因不明と言われましたが、獣医からエリテマトーデスではないかということで、高額の費用を掛けて検査を受けましたが、結果はマイナスでした。
その時から現在までステロイド(5ミリ)を飲用し、獣医は糖尿病を警戒し、様子観察しながら量を減らすと急に症状が悪化し、ぐったりします。

今年の2月によだれがひどく獣医に話したら、舌に腫瘍があり、今では出血がひどくなりました。
昨日血液検査するまでは、獣医から腎不全かも知れないといわれましたが、結果、BUNの数値が
100.2、TCHC 331(元々高コレステロール値)と非常に高く、アジソン病?と言われました。
治療薬の薬は日本製は高額で治療が難しいということで、輸入薬を探すということでした。
昨日から点滴治療で入院中ですが、獣医も次から次へといろんな症状が出てくる犬に対して、手探り状態で治療してくれていますが、専門用語ばかりで、忙しいのかいつまで入院するのかなど、適切な説明がなく、どうしたらいいのか困っています。
病院は家の近くで犬も慣れているため、遠くまでの通院は無理なため、そこで治療してもらうことにしていますが、どうしたらいいのか困っています。
現在はステロイドの他、漢方薬の源気、通楽、露草を飲用しています。
アドバイスありましたら、よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにご心配な状況ですね。
複雑な病態が考えられますので、できるだけ血液検査の数値をほかのものも教えていただけないでしょうか?
特に肝臓の数値やCre(クレアチニン)、電解質の数値をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

遅くなりましたが、検査結果です。


よろしくお願いします。



CRE:1.0 IP:2.7 GPT:49 GGT:8 TBIL:0.2 TP:7.0 ALB:2.2


TBA:130 Ca:8.6 CPK:53 TCHO:331 Na:139 K:5.8 CI:111


CRPC:3.10 WBC:8400 Lym:7.8 Mom:84.4 Eos:7.8


RBC:357 HGB:8.4 PCV:29 HCT:23.1 MCV:64.7 MCH:23.5


MCHC:36.4 PLT:51.9 RDW-SD 32.0 -CV:12.7 PDW:7.5


MPV:7.8 P-LCR 6.5

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

確かにこの血液検査ではアジソン病が疑わしいですね。

本来であれば、点滴をしつつ、ステロイドを1週間程度休薬してACTH刺激試験によってアジソン病が本当にあるのかどうかを見てもらう必要があるでしょう。
アジソン病であればそのホルモンの飲み薬を使わないと良くはなりませんので、その検査はやはり必須です。
ステロイド剤を切るとかなり体に負担はかかりますが、点滴で何とか維持できるのであればやはりACTH刺激試験をしてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


 


本来であれば、点滴をしつつ、ステロイドを1週間程度休薬してACTH刺激試験によってアジソン病が本当にあるのかどうかを見てもらう必要があるでしょう。


ということでしたが、そのことをこちらから主治医の先生に話をしていいものでしょうか?


 


現在入院中で点滴治療をしていますが、


主治医の先生は、アジソン病の治療薬が高額であるため(その薬が何なのかは聞いていませんでした)、外国から輸入することを考えているようです。


ただ、月曜日にならないとわからないということで、取りああず月曜日まで入院させる予定です。


私の強い希望であれば家に連れて帰ってもよいと先生の伝言を、看護師さんに私から聞きました。


 


まずはACTH刺激検査が必要なのですね。


アジソン病の自然治癒の方法として、ハーブが紹介されているものを読みましたが、これはあまり期待できるものではないのでしょうか?


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、アジソン病の疑いが強いですが、それがあるかどうかの検査は必ず必要です。
ハーブに関してはおそらくあまり期待できません。
アジソン病はホルモンが不足する病気ですのでホルモンを補充するという治療が必要になります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もありがとうございます。


 


アジソン病の検査のことはわかりました。


ただ、主治医から、アジソン病と診断が出た場合、


治療を始めるにあたり、日本の治療薬は一日800円と高額であるため、輸入薬を調べてくれるということでいしたが、実際どれくらいの負担になるものなのでしょうか?


また、保険に加入はしていますが、対象になるのでしょうか?


 


ご回答、よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
保険に加入していれば、対象になります。
費用は必要な薬の容量にもよりますが、やはり一日500円以上はかかるでしょう。
保険に加入していれば、そこから半額負担などになります(保険によって異なります)
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

japavet が投稿した最近の回答のところに、


犬の名前や血液検査の数値など投稿され、


びっくりしました。ショックです。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
それはこちらではどうしようもありません。

事務局の方に言っていただければどうにかなるかと思います。

申し訳ないですがシステム上の問題は専門家はどうしようもありませんので。

犬 についての関連する質問