JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シーズー5歳オスです。昨晩免疫介在性非再生性貧血と診断されました。6/12食欲がなくなり、6/14に血尿血便、脱力し

解決済みの質問:

シーズー5歳オスです。昨晩免疫介在性非再生性貧血と診断されました。6/12食欲がなくなり、6/14に血尿血便、脱力したので、あわてて近隣の病院(かかりつけではない)にて血液検査後、6/15に翌日救急センターに転院、現在ICUに入っています。IMHAの疑いで治療にあたっていたが骨髄検査でNRIMAの疑いの所見、ステロイド、点滴、輸血を受けていたが、ヘマトクリットの値が思わしくなく8%まで下がって、輸血後21%に上がったが、現在ゆっくりと下降し、15%となっている。昨晩、今後の治療についての説明があり、輸血はもう200ミリしてるので、免疫抑制剤か(シクロポリンかミコフェノール酸モフェチル)、ホルモン剤(エリスロポエチン)か鉄剤強制給餌と選択肢があった。免疫抑制剤でと依頼をして帰ってきたが、愛犬はぐったりしていて、このままそこにいるより、家で看取った方がいいのか、転院すべきか迷っています。家に連れて帰った場合、犬の体は苦しいのでしょうか。痛いのでしょうか。酸素が薄くてつらいのなら、かわいそうだし。まとまらない文章で申し訳ありません。お答えいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.

japavet :

おはようございます。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

輸血を200mlしているから再輸血ができないわけではなく、また、NIMHAの治療には時間がかかることがあります。
ガンマガード(ヒト免疫グロブリン)の治療は受けていますか?

Customer:

明細には書いてありました。

japavet :

ということはステロイドだけではなく、ガンマガードも使って治療していても貧血が下げ止まらないということでよろしいですか?

Customer:

そのようです。免疫抑制剤の投与が遅かったかもしれないと

Customer:

食欲がまったくありません。お水は自分で飲んでました。

japavet :

そうですか、わかりました。
そうなると、方法としては再輸血をしながら免疫抑制剤が効果が出るまで待つというのが、一番の選択肢になるかと思います。

japavet :

輸血は1,2度したからできないというものではなく、血液に対する拒絶反応のテスト(クロスマッチ)がだいじょうぶであればできます。

Customer:

そうですか。ただ免疫抑制剤の効果は遅いとのことで、その間貧血がもつかどうかですが再輸血でつなぐということですね

japavet :

もちろん、それで絶対治るというわけではありませんが、何度か輸血をして時間を稼いでいくうちにお薬が効いてくるという可能性はあります。
輸血でつなぐ、まさにその通りです。
ステロイドを増量できるのであれば増量するのも方法の一つです。

Customer:

昨日の説明で医師への不信感が募ってしまい、ほかの先生に診ていただこうかとも思っています。

japavet :

飼い主さんが納得できないのであればセカンドオピニオンを受けてもらうのも悪くはありません。

japavet :

ただし、ワンちゃんを移動させる負担は出てきてしまいます。

japavet :

基本的にこの病気は痛みなどはほとんどないと思われますが、やはり貧血をしているので、酸素がないと少し苦しいのは間違いないと思います。

Customer:

酸素室からでてしまうと、苦しいのですね。家に連れて帰るのは無謀でしょうか

japavet :

おそらく家に連れて帰る=治療をあきらめるということになります。

japavet :

お家で酸素室をかりてお薬を飲ますという方法もありますが、注射でお薬を入れたり、点滴をしたりすることができない分、効果は落ちてしまうでしょう。

Customer:

そうですね。状態をみて弱弱しいめで訴えていたので、家で看取ろうかとも思ったのですが。もう少し頑張った方がいいですね。

japavet :

そうですね、もう少し頑張ってみる価値はあると思います。
ただし、おそらく再輸血が必要になると思います。


Customer:

食欲がまったくないので、食べてくれればと言われています。食欲が増すよう、病院にいちごなど持っていってもかまわないのでしょうか。

japavet :

それから、飼い主さんが、もし病院で亡くなってしまうことだけは何が何でも避けたいと思うのであれば、連れて帰るという選択肢も一つにはなります。

japavet :

いつも食べているものや好きなものをもっていってもらって食べさせてもらってもいいですよ。

Customer:

ありがとうございました

japavet :

はい、お大事にしてください。
良くなってくれることをお祈りしています。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問