JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

ソロキシンの副作用を検索していて、こちらに気になる記述があったので質問します。 サルーキの牝、11才で一年前に

質問者の質問

ソロキシンの副作用を検索していて、こちらに気になる記述があったので質問します。

サルーキの牝、11才で一年前に拡張型心筋症の診断を受け、フランドル・ラニラピッドを投薬中です。
2ヶ月ほど前から、多飲多尿(今までの倍量)が始まりました。それまでもたまにあったので、様子見でいたのですが、止まらなかったので甲状腺と副腎の検査をしました。毎週計3回、両方低値で甲状腺の治療を→ソロキシンを始めることに。

で、副作用を調べたら呼吸速拍とあったので、心臓に負担は無いのかと…

と、一年前より体重が6Kg増えています。たまにフランドルで太る場合もあるから、痩せないよりかは良しと軽く流されてきてましたが、違うような…
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。

11歳のワンちゃんで拡張型心筋症と甲状腺機能低下症の治療をされているということですね。

少々お尋ねしますが、
副腎の数値も低かったのでしょうか?
ソロキシンを内服中とのことですが、定期的にTSHとT4を測定されていますでしょうか?
甲状腺ホルモンについては最初の検査のときにはfT4(遊離T4)を測定されてそれが低かったのでしょうか?それともT4が低かったのでしょうか?

ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲でお答えさせていただきます。

ワンちゃんは11歳で1年前に拡張型心筋症という診断されて硝酸イソソルビドとメチルジゴキシンを飲んでいるということですね。

また2か月前から多飲多尿の症状が出てきたということですね。

甲状腺機能低下症とは甲状腺ホルモンという代謝を調節するホルモンの分泌量が低下するために生じる様々な代謝異常や機能の低下を伴う病気です。外見では代謝の低下からくる運動不耐性(運動するとすぐ疲れる)、四肢の震え、顔面の浮腫(哀しげな顔)、肥満、などの症状がでます。また血液検査では軽度の貧血、高コレステロール血症などがよく見られます。
これらの症状がみられた場合にはT4と、fT4(遊離T4)という細胞内で働く甲状腺ホルモンの数値を測定し、また甲状腺ホルモン刺激ホルモン(TSH)を測定します。
甲状腺機能低下症の場合TSHが高値にも関わらずfT4は低値(つまり足りていない)です。
その場合は甲状腺機能低下症の可能性が高いといえます。
そのため低用量から甲状腺ホルモンの内服を開始し、副作用の症状が出ないか様子を観つつ定期的にT4(モニタリングにはT4でよい)とTSHを測定してT4が高くなりすぎていないか検査します。
もし甲状腺ホルモンの血中濃度が高いと、飼い主様がご心配されているように代謝が亢進しすぎるために興奮、頻脈、呼吸速迫、多食、多飲、多尿などの症状がでます。
また血液検査ではTSHは低値でT4が高値になります。

その場合は確かに心臓に負担がでるため量を少なくする必要があります。

甲状腺ホルモンが低いと心筋の収縮力の低下、除脈や不整脈が生じます。そのためソロキシンを飲ませることで心臓の動きや収縮力に改善が観られるかどうかもチェックしておかれることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々の回答をいただきありがとうございます。私の説明不足で申し訳ございませんでした。


 


多飲多尿の症状が出た2ヶ月前に全ての血液検査をし、一緒にT4、TSHとコルチゾールも調べました。それと今月に3回です。(FT4は判断に重要じゃないということで除外されてしまっています;)


 


2ヶ月前 T4-1.7、TSH-0.25、コルチ-2.2


今月1回目 コルチ-1.7


今月2回目 コルチPre/Postのみ 0.5/4.1


今月3回目 T4-1.1、TSH-0.25、コルチ-1.2


 


でした。今月の1、2回目はアジソンを疑ったのでコルチしか調べていません。3回目に甲状腺も調べてくれ、とT4、TSHの値が入ってます。今月3回必要な項目の血検はし、特に問題はありませんでした。(TGが250前後でしたが、若い頃からいつもこの数値だけは高かったので)


モノリスの結果からアジソン、甲状腺両方出てるけど、まず甲状腺からということでソロキシンを始めるところです。薬はありますがまだあげていません。ソロキシンの処方は0.3mg 1日2回です。


 


体重の変化は4年前は15kg、1年前は17kg、今は23kgあります。


 


現時点で多飲多尿がひどく、気温や少しの事で呼吸が荒くなるので、薬を与えて過剰に反応したりしないかと・・・


これだけ症状が出ていますが、サルーキの特異も気になるところもあり・・・


 


実は病院のスタッフをしております。先生は調べてはくれるのですが、ちゃんと受け止めてくれなく;あまり説明もしてくれず;;


困ってこちらに相談致しました。どうぞ宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

モノリスにて検査をされたということですね。

モノリスでの参考基準値はT4:1.1-3.6、TSH:008-0.32、コルチゾール:1.0-7.8となっています。
TSHは正常値、T4は正常低値、なので甲状腺機能低下症の可能性は低い、コルチゾールもポストの値で正常値なので副腎疾患の可能性も低いのではないでしょうか?
サルーキという犬種のことを考えても検査結果は参考基準値に入っており、甲状腺機能低下症、アジソン病ともに可能性は低いのではないでしょうか?
主治医の先生が甲状腺機能低下症と診断された根拠を教えていただけますでしょうか?

またfT4を測定しない理由がご記入されていませんので根拠が分かりませんが、T4のみ測定して甲状腺機能低下症と診断するよりは費用はかかりますがIDEXXにてfT4を測定することをお勧めします。
今の病院での測定が難しい場合は他の病院にて測定されることをお勧めいたします。

また多飲多尿とのことですが、1日あたりの飲水量が100ml/kgを超える場合は多飲です。
またこの場合尿比重を測定する必要があります。その結果低張尿、等張尿、高張尿のどれなのかを判定して多飲の原因を調べる必要があると思います。

多飲多尿がある場合は必ず尿検査をすることをお勧めします。1回だけではなく、3回位されること、朝一番の尿で検査されることをお勧めいたします。

その結果必要であれば飲水制限試験をされることをお勧めいたします。

飼い主様のご不安は先生とのコミュニケーション不足からきている部分もあると思います。その場合には転院されて他の病院で検査をされることも選択肢としてあると思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。今日はカルテを持ち帰りました。


 


Issafd3s先生のおっしゃるとおり、正常値or正常低値なので大丈夫では?と言ったのですが、T4はギリギリ低値だけど2ヶ月前より下がってきているので甲状腺だと。コルチも今月1回目で下がって低値なのでアジソンだと。2回目のセットはPreだけ詳しく知りたかっただけで、普段の患者さんへの診察でもPostは重視しません。甲状腺もT4+TSHセットの検査のみで診断します。


2年前に念のため1回全部調べてもらおうと思いT3と内分泌3をしたのですが、全部なんて全く必要ないのにと渋々でした。


数回検査をし、正常値に入らないと各々の病気だと診断しています。


 


多飲ですが、100ml/kgはわかるのですが・・・もともとあまり水分を取らないコで、1年前までは300~400mlが今は1400~1700mlで。今月頭に尿比重は測りました。


自由飲水時1.012 尿定性ph7.5、10時間絶水後1.030 でした。 この結果で濃くなっているから問題なしということで尿検査は1回きりです。もともとHctが55前後なので血液濃縮からの飲水かもしれないという診断で終わってしまっています;腹部~膀胱のechoも何も出ませんでした。


多尿は、呼吸が荒くなるようになってから散歩も負担になるようで。散歩に行く時は12回前後、一日家の中の時は6~8回です。毎回普通に出ます。


 


一番近くに死んだコは頬にしこりができ、何か嫌な感じがしたので調べて欲しいと言ったのですが、ただのアテローマだよと言われ。それならばとスケーリングをしてもらい、ついでにしこりを取ってもらい病理に出したら血管肉腫でした。そのときにはもう遅かったらしく、1ヶ月半後に亡くなりました。


患者さんにも診断ミスというか初見と大変違ったりなどは日常茶飯事です。


コミュニケーション不足などではなく、私の院長はそんな先生です(T_T)


 


東京・八王子の病院ですとやはりゼファーや南大沢でしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

飲水量は400mlから1700mlに増えたということですね。絶水後の尿比重は正常値にまで上がっているということですね。

一般的な鑑別リストからですと慢性腎臓病の初期か、心因性多飲の可能性が高いと思います。できれば朝一番の尿で再度尿比重を測定されるとともに尿中蛋白/クレアチニン比を測定されることをお勧めいたします。
また念のため尿培養検査もされることをお勧めいたします。
腹部エコー検査もされておかれることをお勧めいたします。

八王子のどの病院がお勧めかまでは分かりかねますが、ある程度検査をしっかりした検査ができる病院をお勧めいたします。
できれば日獣大の竹村先生に診ていただけるようであれば、主治医の先生からの予約と紹介状があれば、受診可能になります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もお聞きしてしまいすいませんでした。


 


甲状腺とアジソンの可能性は除外し、ソロキシンも与えないようにし、教えて頂いた尿検査をしてもらうようにします。


 


腹部のエコーは検査済みで何もありませんでした。


 


長々とありがとうございました。細かく教えて頂いて、とても安心しました。


また何かありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

お大事にしてください。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

issafd3s先生


 


質問が終わりましたのに申し訳ございません。


1つお聞きしたいことが。


コルチゾールもポストの値で正常値とおっしゃっていただけましたが、1.0-7.8の参考値に当てはめてよいのでしょうか?


モノリスの報告書は空欄で、範囲が気になったもので少し調べたら6.0-18.0と記載されているものがあったので;

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

コルチゾールの件でのご質問ですね。
私も心配になって調べましたところ、
まずPreが2以上の場合にはアジソンの可能性はまずなし。
Preが2未満の場合にはACTH刺激テストをしてアジソンの鑑別をするということです。
決してPreが2未満だというだけで即アジソン考えてはいけないということです。
そのうえで、postが2未満の場合はアジソンの可能性が高い、2-4の間は判定不能(他の病気が原因でコルチゾールが高くならないことがあるため)、4以上であればアジソンの可能性は低いとなっています。

クッシングの検査にも使用されますが、17-22がグレーゾーンで23以上はクッシングの可能性が高いということです。

コルチゾールの値が6-18というのは恐らくクッシングのグレーゾーンのことではないでしょうか?

厳密には飼い主様のサルーキちゃんのアジソンの除外はpreが2未満なので、必ず外因性ACTHを打って、postの値で評価をしなければならないということです。

postをされたのは1回だけでその値は4.1ということなので、アジソンの可能性は低いと思われます。

postが上昇しない原因として慢性炎症がある場合にも外因性ACTHへの反応が低下するらしいので、飼い主様の場合はまずアジソン病以外にpostの上昇を妨げている要因(慢性炎症)が無いか調べることをお勧めいたします。

今度もしコルチゾールを測定するときは必ずpostを測定することをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。


 


先生のご説明で大変よくわかりました!


アジソンの基礎値を調べるとpre値は出てくるのですがpost値は増加しないとか変化なしなどとあり・・基本の値はいくつなんだろう?と。


 


6-18はおっしゃるとおり、クッシングの診断にあったのですが、コルチ>18の説明は詳細にあるのにコルチ<6の説明は探せなく;


 


今、私の犬にはpost値が大変重要なんだと。


自分の病院で尿検査をし、原因がわからなかったら内分泌のセット検査をしてもらいます。


並行して他院でセカンドオピニオンも受けます。


 


先生にはなんて感謝を申し上げて良いのか、本当にありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問