JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳、体重46Kg、ニューファンドランドの雌です。 2年ほど前、子宮蓄膿症のため卵巣子宮摘出。もともと1年に1度くらい膀胱炎にかかっておりましたが、ここ1ヶ月くらい尿漏れ?おもら

解決済みの質問:

8歳、体重46Kg、ニューファンドランドの雌です。
2年ほど前、子宮蓄膿症のため卵巣子宮摘出。もともと1年に1度くらい膀胱炎にかかっておりましたが、ここ1ヶ月くらい尿漏れ?おもらしがあり、かかりつけ獣医さんの診断は(尿検査にて血は混じっていないものの白血球が多いので)膀胱炎。投薬(オフロキザシン100mg1日2錠)を1ヶ月続けています。
しかし薬を飲んでいるのにもかかわらず、一昨日から寝そべっている時は じわっと、そのあと歩行しながら ぽたぽたという感じで漏らします。今まで膀胱炎でお漏らしをした時は、出てしまったことを本人わかっていたように思います。しかし今は無自覚のようです。また大量にお水を飲み、膿のような匂いが時々します。見えるところ、体の皮膚はきれいです。外陰部なのかな?子宮蓄膿症の時と似ていて怖いのですが、すぐ受信したほうがよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

8歳のあーちゃんが膀胱炎で1か月位抗生剤で治療しているにもかかわらず症状の改善がないとうことですね。

少々お尋ねしますが、
最初は尿漏れで受診されたとのことですが、検査は尿検査以外に何かされたでしょうか?血液検査、エコー検査など。またその結果はいかがでしょうか?
1か月治療中とのことですが、途中で病院を受診されて再度尿検査はされましたでしょうか?
今のところ多量に水を飲む以外に食欲、元気、便の状態に変化はないでしょうか?
漏れている尿は見た目では赤かったりはしないでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

検査は尿検査(血は混じっていないけれど白血球が多い)とエコー検査(子宮の内側が7ミリくらいになっていました)。二週間に一度受けたので、計2回です。
食欲、便の状態は変わらないように思います。ただ元気が少しないように思います。散歩の時も早めに帰りたがったし、目の輝きがないというか・・・
尿はおそらく赤くはありません。ふき取っていますが特に色・匂いなどいたしませんでした。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

尿検査では白血球が出ており、子宮ではなく膀胱粘膜が7㎜ということですね?子宮は切除してあるはずなので。

高齢のワンちゃんで多飲の傾向が出る場合は、腎臓病、糖尿病、肝臓病、内分泌疾患、などが考えられます。
また同じ抗生剤を1か月使用していますのでそろそろまた尿検査をされる必要があります。
今回の多飲の症状が泌尿器疾患からきているのかどうかは、まだはっきりしていませんし、抗生剤治療によって尿漏れの症状は改善していません。また時々膿の臭いがするということも気になります。

全体的にみて治療の効果が出ているとは言い難いですし、1か月治療をしていますので、あーちゃんの状態を再評価する時期に来ていると思います。
尿漏れの原因が膀胱炎からきているのかそれ以外の原因からきている可能性もありますので、できれば尿検査、腹部エコー検査(毛を刈って腹部全体のエコー検査)、血液検査、必要であれば甲状腺ホルモンの検査や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の検査などもされることをお勧めいたします。

多飲が原因で尿漏れをしている可能性があります(その場合尿比重が低い)し、そうではなくてあくまで感染性膀胱炎を疑って治療をするにしても今の抗生剤を今後も使用するかどうか疑問です。
そのため、抗生剤をまた使用する場合には一度尿培養検査をされて、適切な抗生剤を選択されることも必要ではないかと思います。(今の抗生剤に耐性菌が出来ている可能性もあるため)。

緊急性は無いと思いますが、はやめに再受診されて追加検査をされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

緊急性がなさそうということで安心いたしました。


先生の診断を参考にしつつ、今から病院で検査をしていただきます。


 


この子はいつも静かでおっとりしているので、前回の子宮蓄膿症の時は病状になかなか気づけませんでした。


彼女の今の状態が何となくですが理解できて、前向きに動けることがうれしい。


ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

内臓の病気やホルモン疾患はじわじわ来ますのでなかなか気が付きにくいかもしれません。

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

お大事にしてください。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問