JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

間もなく12歳 ミニチュアダックス 体重6.2 オス 今年1月に二度目となるヘルニアを発症してしまいました。一度目は

解決済みの質問:

間もなく12歳 ミニチュアダックス 体重6.2 オス 今年1月に二度目となるヘルニアを発症してしまいました。一度目は2011年3月で注射、薬、近赤外線治療で約3週間で治りましたが二度目は別の病院にかかり近赤外線治療はありませんでした。主に注射でした。近赤外線治療をまたやったほうがいいでしょうか?現在は、歩けます 走れます 散歩が大好きです。椅子には飛び上がらなくなりましたが目を離した隙に階段もゆっくりですが上がったり 下りたりもしてしまいます。気になっているのは足が若干内側寄りに入り爪がすれる感じで歩くのとウンチをするときに踏ん張れないのか?ずっとずっと後ろに下がっていってしまいます。どのような治療をすれば治りますか?近赤外線治療は効果がでますか?また、今回の病院では近々ウンチが出なくなるのを防ぐための手術をします。先生に言われた所々しか思いだせませんが「何処かを剥いで出てこないよう押さえる」とか言っていました。その手術はなんという手術でそれを行うと足も治るでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

12歳のM.ダックスのワンちゃんがヘルニアになってだいぶ回復はしたが後遺症からかやや足に力が入っていないということですね。

近赤外線療法とは温熱療法の一種ですが、要するに患部を温めることでその部分の血行を促進して炎症を起こさないようにする方法です。
この治療で今生じている軽い麻痺が完全に治るかどうかは実際に根気よく治療してみませんと分かりませんが、一定の効果はあると思います。この手の治療は効果がでるにはゆっくりですから根気よくされることをお勧めいたします。

また今度手術をされるとのことですが、ご記入いただきました内容だけではどのような手術かはっきり分かりかねますので、よく分からない点は主治医の先生にもう一度ご確認されることをお勧めいたします。
手術の目的や内容を正確に把握しないまま、先生にお任せしてしまうのは、後でトラブルになる可能性があるため、しっかり確認されて納得されたうえで手術されることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問