JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 258
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

1か月前から跛行。再度のレントゲンで悪化しないか心配

質問者の質問

体重1.9kgのポメラニアン。1か月前(5/14)に急に右後ろ足を挙げ、浮かせ3本足で歩行しました。動物病院へ、行きは痛がってなかったのが、帰宅時悲鳴、鳴きつづけていました。後日レントゲンで悪化することもあると説明を受けました。
挙げていたのは右後ろ足でしたが、レントゲンは両足を前からと、横からは左後ろ足を撮影。前十時靭帯断裂からの関節炎とのことで、消炎鎮痛剤を注射、処方されました。保存療法であると聞きました。経過は良好で次第に挙げていた足も地面につくようになり、6/9からは消炎鎮痛剤も処方されなくなりました。痛い様子なら来院するようにとのことです。消炎鎮痛剤が処方されなくなってから、また右後ろ足を挙げていることがふえました。
しかし進行性の病がないか確認の為?、改めて右後ろ足のレントゲンを撮影せねばならないとのことす
■レントゲンはどうしても必要でしょうか。また悪化したらと不安です。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 

犬 についての関連する質問