JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

お世話になります。  4歳9か月になるシーズー♀です。 3歳2か月の頃ストルバイト結晶になり ヒルズのC/D ウェ

解決済みの質問:

お世話になります。  4歳9か月になるシーズー♀です。 3歳2か月の頃ストルバイト結晶になり
ヒルズのC/D ウェットとドライのフードで結晶は消えました。 掛かりつけの先生はこの先療法食
だけしか与えては行けないと言われたのですが飼い主責任でナチュラルバランスのフードとクランベリーサプリを与えて半年位した 5月中旬尿検査をお願いした所アルカリ尿でpH9 細菌感染もしており 顕微鏡で僅かに結晶が見られ抗生剤で10日程治療。 今日診察行きpH7で細菌、結晶は顕微鏡でも見られ無かったのですが、5月中旬の頃から 安静にしている時寝ている時に 尿失禁の症状があり、かなり濡れている事も有ったのでエコーとレントゲンで検査。 レントゲンは異常なし。エコーで膀胱の壁に細かい砂が張り付いて居て 膀胱の中で舞っているようでした。
結晶が細か過ぎて尿と排泄されないので 顕微鏡でも結晶は確認されないが これからも療法食を続ける様に言われてしまいました。 この子の場合結晶は体質なのでしょうか?
療法食はとても脂っぽくて 体が脂っぽくなり皮膚が弱く耳のトラブルが多い子なので そちらの方も心配です。  結晶が消えた後は栄養バランスの良いフードや鳥のささみ等(食べる事の大好きな子なので)与えて 一般食のフードにかけてpHコントロール出来るアミノコンプレックスpHコントロールサプリと言う物を 検討していますが、如何なものでしょうか?  掛かりつけの先生は療法食を食べ続けても ストルバイトになってしまう事も有ると言われ それも疑問です。 
 それなら定期的に検査を受けながら 何でも食べさせて上げたいと言うのが 飼い主の希望です。  良いアドバイスを頂ければとお願いします。
 また、尿失禁に関してのアドバイスも 宜しくお願いしたいのですが。
この子は5か月で 避妊手術をしています。 掛かりつけの先生はホルモン剤の投与で 量を加減しながら ずっと続ける事になる様なお話でした。  
ホルモン剤は 1日一回2錠を毎日飲ませる様に処方されています。
 ホルモン剤は 週に1回で3週間程続けて 症状が良くなれば止めて様子を見る事が出来るお薬も有るように ネット上で目にした気がするのですが その様なホルモン剤は有るのでしょうか?
また、様子を見ながら止める事も出来るのでしょうか?
 質問がまとまらず 長くなって申し訳有りませんが、宜しくお願いします。

       金子
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

4歳9か月のシーズーちゃんで、ストラバイト性結晶ができやすく、また尿失禁もあるということですね。

少々お尋ねしますが、
お水はお皿で与えておられますでしょうか?それとも飲水ボトルでしょうか?
尿漏れがあるとのことですが、寝ているときのみでしょうか?起きているときはないでしょうか?

ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲でお答えさせていただきます。

ストラバイト結晶ができやすい体質のワンちゃんがいることは確かなのですが、飼い主様のワンちゃんの場合にはまずはしっかり食事管理と抗生剤治療をされることで症状の改善がみられているわけですので、しばらくは我慢してそれを続けていただく(最低でも3か月)ことをお勧めいたします。

また定期的な尿検査(最初のうちは月に1回程度、その後エコー検査もおりまぜつつ、状態が安定してきたら3か月に1回程度)をされて、異常があればすぐに積極的に治療を開始することをお勧めいたします。
幸いにも雄ではなく雌なので、結石が尿道に詰まる可能性はかなり低いと思います。
どのような管理が適切なのかは今後飼い主様がご希望されていますような食事とサプリで管理できるかどうかにもかかってきますので、ある程度は試行錯誤が必要だと思います。
もちろんc/dやpHコントロールでずっと管理されるというのも方法の1つとしてありますし、ロイヤルカナンではpHケアという軽めの食事もありますので、それらの食事をお試しになられてもよろしいかと思います。サンプル食があるはずですので、病院でサンプルをいただいてみてはいかがでしょうか?
どの食事なら結晶ができないかは試していませんと分からないですから、しばらくは食事療法をされつつ尿検査とエコー検査にてモニタリングをされることをお勧めいたします。

また尿漏れのホルモン剤についてですが、尿漏れの原因はいろいろありますが、飼い主様のワンちゃんの場合寝ているときに漏れるとのことですから、やはりホルモン反応性尿失禁の可能性が高いと思います。
一度エストロゲンのホルモン濃度を血液検査にて測定されることをお勧めいたします。その数値が低ければかなり可能性が高いことになります。
その場合には、エストリールやホンバン(ジエチルスチルベストロール)などのホルモン剤が効果があると思います。
処方の仕方はいろいろですが、最初の5日間は1日1回投与してその後は1週間に1回程度で維持できればよろしいかと思います。
調子がよければ一旦薬を中止することも可能です。主治医の先生に相談されてみてはいかがでしょうか?
また日本では手に入りずらいですが、フェニルプロパノールアミンという薬も効果があります。ホルモン剤で効果がない場合にはこの薬を試されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事有り難うございました。


 


お水は通常お皿で与えていますが、 子犬の頃から、飲んでも猫飲みと言うのでしょうかペロペロと2~3口飲む程度で殆ど飲まず、そのせいか尿量も少なく


黄色い濃いオシッコをしていました。


 


最初にストルバイトになってから、あれこれ調べた結果 フードにお水を沢山入れて


与えています。 朝方とか朝に胃液を吐く事が多く其のために一日3回食にしていて、一日の水分摂取量は約300~350ccになります。


お散歩の時は 女の子なのに子犬の頃からチョコチョコと何回もオシッコをしています。(最初はかなりの尿量ですが、次第に格好だけですが)


 


雨などお散歩に行けない時は 目いっぱい我慢をしているのか、なかなか


しないので強制的にシートに誘導してさせる様にしていますが、それでも


かなり溜まっていないとしてくれません。1日2回がやっとです。


この量の水分を与えて居ても以前は尿失禁は無く最近の事です。


尿失禁は寝ている時です。


 


ストルバイトの抗生剤が後3日有るので それを飲み終えた時点で


ホルモン剤を飲み始める様に言われ 処方されました。


エストロゲンのホルモン濃度の血液検査は 勧められなかったのでしていませんが、ホルモン剤の投与を始めるのは 血液検査を受けてからの方が良いでしょうか?


 


ホルモン剤は ご回答頂いたお薬と同じでエストリール錠 (0,5ミリグラムを一日1回 2錠ずつで7日分処方されており 飲み終えたらまた受診する様にとの事でした。  主治医は最初は多めに投与し様子を見ながら徐々に量を減らして行く方法で行きます。と言っていましたが、ご回答頂いた量からすると 先生の処方は如何なものでしょうか?


段々量を減らして行くと言う事ですが、毎日飲む様になるとも言っていましたので其の辺も気になります。


因みにこの子の体重は6、7キログラムです。


 


やはりホルモン剤の投与は エストロゲンの濃度の検査は必須でしょうか?  其の場合主治医にはどの様にお話して検査をお願いしたら良いでしょうか? 


子犬の頃からずっとお世話になって居る先生で 今後もお世話になるつもり


なので気分を損ねない様に お付き合いしていきたいのですが。


 


ストルバイトの件は ご回答頂いた様な方法で今後の経過を見守りたいと


思います。有り難うございます。


 


お返事宜しくお願いします。


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

ホルモン反応性の尿失禁の場合、避妊の直後から症状がでることはほとんどないです。
多くの場合は数年たってから症状がでます。
尿失禁には他にも原因があるため、その鑑別のために血液中のエストロゲンの濃度を測定することは有効だと思います。
しかし寝ているときのみ失禁して、おきている時は失禁しないということであれば、臨床症状からして、ホルモン反応性の可能性が高いですから、まず治療をされてみてその反応を見るのでも宜しいかと思います。
また治療に対する反応をみて判断するのであれば、はっきりした効果がでないような少ない量を飲ませるのではなく、ある程度しっかり飲ませてあげて反応が出るかどうかを見てみるということになるので、主治医の先生の処方の仕方で問題ないと思います。

あくまでも薬の効果がある最低の量をのませてあげればいいわけなので、効果があることが分かったらその時点から薬の量を徐徐に減らして行って、症状がまた出るようであれば、それよりやや多い量で、維持していただくことになります。

それが週1回かもしれませんし、2週間に1回かもしれません。
今のところはまず1週間治療をされてみてその反応を1週間後主治医の先生に報告されることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問