JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

雑種、15歳です。前庭疾患(2度目)から始まり、膀胱炎、血小板減少症で、ステロイドを服用しましたが、血小板の上昇傾向がみられません。そのうえ、膀胱炎が長引き、感受性テストをしました

解決済みの質問:

雑種、15歳です。前庭疾患(2度目)から始まり、膀胱炎、血小板減少症で、ステロイドを服用しましたが、血小板の上昇傾向がみられません。そのうえ、膀胱炎が長引き、感受性テストをしました。アミノグロコシド系の抗生物質のみしか効かないようです。腎臓などの副作用が強いため、大腸菌や、グラム嫌菌に効果がある、ニューキロン系の抗生物質を飲ませています。抗生物質を飲ませる前は肉眼で血尿が出ているのが分かりましたが、ニューキロン系の抗生物質を飲ませてからは、1週間が立ちます。肉眼では血尿は見られませんが、検査紙でやると、若干潜血反応が見られます。やはりアミノグロコシド系の抗生物質を飲ませるべきなのでしょうか?その際、どの薬を飲ませるべきなのでしょうか?ただ今、ステロイドは半量に減り、blood situmulationという薬を飲んでいます。インドネシアに住んでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

潜血がおさまっているなら、改善傾向だと思います

血小板が少ないために出血傾向があり、潜血が出ている可能性もあります

ですから、効果があるのかないのかは再度尿検査で尿培養検査をしてもらいましょう

細菌が出ていないなら効果があったと考えることができます

質問者: 返答済み 3 年 前.

血小板減少の病気に対しては、どのような薬が有効でしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
血小板減少の原因によりますが
免疫異常で生じているならサイクロスポリンなどの免疫抑制剤が有効な
場合が多いでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

免疫異常を確認できる検査は何ですか?

もし免疫異常で、サイクロスポリンなどの免疫抑制剤を投与すれば、潜血はなくなるのですか?

止血剤や、増血剤についてはどう思われますか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
原因としては腫瘍や遺伝性疾患、免疫異常、薬物、感染症
などが原因なので

フォンウィルブランド因子の検査測定
骨髄検査
血液検査、レントゲン検査、超音波検査
炎症マーカーのCRP検査
リュウマチ因子、抗核抗体検査
フィラリア検査
クームス試験
APTT、PT、フィブリノーゲン
などの各種検査で除外診断をすることです

血小板減少が原因で出血しているなら、サイクロスポリンや免疫グロブリンが
効いて血小板が上昇すれば出血が止まる可能性は高いでしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問