JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

さっそく回答をありがとうございました。その病気にかかるには、副腎皮質ホルモン剤の過剰投与も原因の一つとなるようですが

解決済みの質問:

さっそく回答をありがとうございました。その病気にかかるには、副腎皮質ホルモン剤の過剰投与も原因の一つとなるようですが、三月ごろから毎日、ウルソ100、ゴスペール・レバー、そして甲状腺ホルモン剤(名前は不明。日に二回投与)を飲ませています。それらが原因ということも、考えられますでしょうか。どうぞ宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
副腎皮質機能亢進症は副腎皮質ホルモンの過剰投与では生じません

反対に副腎皮質ホルモンを投与することで、体から出る副腎皮質ホルモンが
バランスを取る為に産生されなくなり副腎皮質低下症(アジソン病)に
なります。これも呼吸がはぁはぁする(パンティング)の原因とはなりえるでしょう

おそらく適切な量を与えている分にはウルソ100、ゴスペール・レバー、そして甲状腺ホルモン剤もパンティングの原因とは考え難いと思います
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問