JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳になるゴールデンとハスキーの雑種のオス犬です。5月の初めに急に食べなくなり散歩も行けなくなり今まで元気に歩いて

解決済みの質問:

12歳になるゴールデンとハスキーの雑種のオス犬です。5月の初めに急に食べなくなり散歩も行けなくなり今まで元気に歩いていたのがトボトボしか歩かなくなりました。その後、げんきになり、また、5月18日の夜から歩きにくくなり、ご飯も食べなくなり、寝たままで、体触るとキャイーンと泣いて動こうとしませんでした。19日に獣医さんに診てもらうと血液検査から、肝臓が悪いといわれ、肝臓病療養食お食べさせていました。少し元気になり、食欲も出てきて、トボトボでも散歩に行けてたのが又、昨日から食べないし飲まないし寝たままで、たまに、寝る体制お変えるだけで心配です。ウンチの検査でも瓜実条虫がいると言われましたが、まだ、治療はしてません。どうしたらよいですか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

12歳のラッキーちゃんが食欲元気なしで痛みもあるということですね。
肝臓の数値が高く、寄生虫もいるということですね。

症状から歩けなくなる原因としては慢性の関節炎の可能性が高いと思います。
安静にしてあげて鎮痛剤や消炎鎮痛剤(高齢なので慎重に投与)をのませていただく、関節用のサプリメントを飲ませる(コセクインやムーブマックスなど)、をされることをお勧めいたします。

恐らく痛みが和らげば、元気や食欲が出るのではないかと思います。

動かすと嫌がるために病院に連れていけないという場合には、主治医の先生にお願いして往診をしていただくとよろしいかと思います。
鎮痛剤と、水分やビタミン補給のための点滴(皮下点滴)をしていただいて少しでも全身状態の改善に努めるようにされることをお勧めいたします。
食事については食欲がないのであれば、なるべくラッキーちゃんの好物をあたえていただき少しでも食べれるようにすることをお勧めいたします。

元気がでてくれば寄生虫駆除もされることをお勧めします。
瓜実条虫はノミを媒介して感染するため、ノミの駆除もされることをお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

食べないし飲まない時は、無理やり、飲ませたり食べさせたりしない方が良いですか?散歩もウンチ、おしっこさせるために、ゆっくり行けそうなら、行くんですがー。行かない方が良いのでしょうか?。肝臓療養食以外、今まで食べていた、ご飯が食べれそうなら食べさせても良いですか?このままの状態のままなのでしょうか?


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

食欲がなくて水も飲まないという場合には、少なくとも水分を補給してあげることをお勧めいたします。
たとえば、スポーツドリンクをお水で3倍に薄めて(そのままですと塩分が濃いため)スポイトで少しずつ口の横から入れてあげるきれいな布に液体を染み込ませて口の横から入れて少しずつ絞って飲ませるなどされるとよろしいかと思います。
とりあえず水分の補給をしっかりしていただき、食事は例えばスープなどを同じようにスポイトや布に染み込ませて少しずつ与えていただくとよろしいかと思います。

どうしても嫌がるという場合は無理する必要はないです。

恐らくかなり体が痛いのではないかと思いますので、しばらく安静にしていただき、下にはペットシーツを敷くなどして凌いでいただくことをお勧めいたします。
今はできるだけ動かさないようにされることをお勧めいたします。

肝臓職以外でも食べれるものを与えていただくので良いと思います。
考え方としては食べれるものをまず与えていただくことが重要で、コンスタントに食べれるようになったらより良い食事を与えていただくようにされるとよろしいかと思います。

このまま動けない状態が続く場合もありますが、痛みの緩和や食べて元気がでればまた動くことが出来るようになる可能性も十分にあると思います。

まるべく動かさないで、往診が可能な場合には、先生にご自宅に来ていただいて治療をお願いされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問