JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

宜しくお願いします。11歳のミニチュア・シュナウザーです。若い時からよく起こしていましたが、2月から嘔吐や下痢が続き

質問者の質問

宜しくお願いします。11歳のミニチュア・シュナウザーです。若い時からよく起こしていましたが、2月から嘔吐や下痢が続き、検査・薬・餌など色々試みましたが、なかなか回復へと向かいません。内視鏡はまだなのですが、心臓弁膜症があるため躊躇しています。本人は食欲旺盛ですが、散歩はあまり行きたがらないようになりました。元々、アレルギー体質で、皮膚状態はあまり良くないですが、最近は以前よりましになりました。  初めは 嘔吐のみで、食後すぐではなくて、お腹がすく頃に内容物があったりなかったりの状態で、最近では、水分量の多い大量の下痢もあります。餌や薬を試し過ぎかと思い、今はジャガイモ・ささみをつぶして与えています。獣医師からの処方薬もやめています。     アレルギーも考えてみましたが、そうなってくると、食べるものが無くなります。  ほとほと困っています。ご指導お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

11歳のM.シュナウザーのミックちゃんが嘔吐と下痢をするということですね。

少々お尋ねしますが、
いろいろ検査をされたとのことですが、何か異常値はありましたでしょうか?
例えばアルブミンが低い、蛋白が低い、高コレステロール、など。
治療もされたとのことですが、具体的にはどのような治療をされたのでしょうか?
例えば食事療法やステロイドは使用されましたでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速に有難うございます。検査値はほぼ異常なく、炎症値のみ少し高い程度で、特に膵炎の検査では全くの正常値でした。食事療法も色々しつくしました。ステロイドは今回は使用していません。ただ2月以前に蕁麻疹様のぶつぶつが良く出るため、微量、服用していました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

嘔吐と下痢の症状があって、検査されて腫瘍の可能性はとりあえず低く、アルブミンも低くないということですね。

下痢が続く場合には、感染症の可能性をしっかり除外することをお勧めいたします。そのため、便培養検査や便PCR検査などされること、駆虫剤を飲ませることをお勧めいたします。
もうすでにされていて感染症の可能性は低いという場合で、血液検査、腹部エコー検査でも特に異常がないという場合、難治性細菌増殖性下痢や炎症性腸疾患の可能性が考えられます。
そのため、タイロシンという抗生剤を使用してみる。メトロニダゾールという抗菌剤を使用してみる。ということをお勧めいたします。

それでも改善が認められない場合にはステロイド剤のプレドニゾロンを試験的に使用することで症状が改善することがあります。特に炎症性腸疾患の場合は有効だと思います。

本来であれば内視鏡検査をしてからステロイドを使用するのが望ましいですが、心臓病の持病があるのであれば、ステロイドを使用してみて下痢嘔吐の症状が改善するか反応を見てみるという方法もあります。

食事療法についてはロイヤルカナンの消化器サポートやヒルズのi/dなどが消化器疾患の食事の候補になると思います。
食事アレルギーの可能性は低いと思いますが、炎症性腸疾患の可能性がある場合にはステロイドの使用とともに低分子プロテインやz/dといった食事に変更するとよろしいかと思います。またベジタブルサポートファイバーというサプリメントやマイトマックススーパーという整腸剤の併用も効果があると思います。

どこまで治療や検査をされておられるかわかりませんが、主治医の先生とご相談されてみて、もしこの中でまだされていない検査はしていただき、試されていない治療法は一度お試しになることをお勧めいたします。
タイロシンは10mg/kg で1日3回を3週間続けてみていただき効果がある場合はしばらく続ける必要があります。効果が無い場合には、治療を変更されて、メトロニダゾール、単独、その後ステロイドを加えるというように、順番にされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございました。参考にして主治医に相談してみます。  もう一つ、胃腸の機能的な問題は含まれて無いでしょうか。バリウム検査では、多少ゆっくりですが流れてないわけではなく、十二指腸は少しループ状になっています。                 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

胃腸の機能的な問題とは具体的には蠕動運動の低下ということでしょうか?

吐き気の場合で、胃が拡張したり胃や十二指腸への液体貯留があることが原因の場合はその可能性はあると思います。
先ほど記入させていただいた薬と併用してガスターなどの制酸剤を使用されるのもよろしいかと思います。

エコー検査にて胃や十二指腸の動き(1分間に何回蠕動運動しているか)を調べることやそのあたりに液体貯留が無いかどうかを調べることもお勧めいたします。


犬 についての関連する質問