JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

もうすぐ4歳になるヨークシャーテリアです。体重は1.9Kgです。普段はかなり元気で、ボールで遊ぶのが好きです。心配な

解決済みの質問:

もうすぐ4歳になるヨークシャーテリアです。体重は1.9Kgです。普段はかなり元気で、ボールで遊ぶのが好きです。心配な症状でお聞きしたいのですが、1年ほど前から、突然震えだし、しまいには腰が立たないぐらいになります。すぐ抱いてあげますと、10分もたたない内に収まりますが、しばらくは元気なく寝ています。時が過ぎると元に戻るのですが、この症状が最近頻繁に起きるようになってきました。かかりつけの獣医さんでは、判らないそうです。以上、教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

4歳になるヨーキーのワンちゃんが突然震えて腰が立たなくなる症状ということですね。

少々お尋ねしたいのですが、
ワンちゃんは抱っこすると痛がることや、前肢や後肢が麻痺したとうことはありますでしょうか?
震えや腰が立たなくなるときは意識はあるのでしょうか?
一時的に震えや腰が立たなくなってもその症状が治まればまた元気に歩くことはできますでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

抱っこが大好きで、痛がりませんし、手足がマヒしたことはないです。


症状が出ても意識はハッキリしてます。


症状が収まると、歩く、走るで元気に遊びます。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

痛みはなさそうで、症状が治まるとまた元気に遊べるということですね。

その場合、可能性として高いは、神経症状の一種だと思います。
その中でも特に焦点性発作というからだの一部が動かなくなる、全身性発作とは異なる類の発作の可能性が高いです。
先天性の心臓病による低血圧や低酸素症による失神の可能性もありますが、その場合には震えや腰が立たなくたっているときに歯茎の色を見ていただきますと白くなっていると思います。もしピンクであれば、心臓性の問題は低いです。

発作が生じる原因となる場所は主に脳、心臓、内臓系の代謝性疾患の3つに分けられます。
脳の場合は、ヨーキーであれば水頭症、脳炎、後頭骨形成不全症による脊髄の圧迫などが考えられますし、心臓性であれば先ほどご説明したような不整脈からくる失神や低血圧、内臓の病気であれば低血糖、低カルシウム血症、高アンモニア血症、電解質異常などが考えられます。

ご記入いただききましたワンちゃんの症状からしますと脳などに問題がある可能性が高いとおもいます。脳など神経系の検査には麻酔をしてMRI検査をすることになりますので、ワンちゃんへの負担がありますし、時間的にも費用もかかる検査です。
そのためまずはもうされたかもしれませんが麻酔をかけなくてもできる検査で、血液検査や心臓の注意深い聴診、あるいは心電図検査か必要ならば心エコー検査をされることをお勧めいたします。
血液検査や心臓の検査で問題がないということになれば、その症状の原因部位は脳や脳に近い脊髄(後頭部付近)の異常によるものの可能性が高いことになります。

その場合には最近症状が頻発するようになってきていることなので、CT検査、MRI検査と脳脊髄検査をされることをお勧めいたします。

できればCTやMRI検査は大学病院や2次診療専門の病院でなされることをお勧めいたします。主治医の先生に紹介状を書いていただき、予約をとっていただくことで受診可能になります。
また検査によって診断がついた後はその専門医の先生とご相談しつつ、主治医の先生のもとで治療を続けていただくことができますので毎回大学病院に通院する必要はないです。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問