JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスの雌9歳です。  去年(9月)急性膵炎(リパーゼの値が1000以上)になり、下痢と嘔吐を繰り

解決済みの質問:

ミニチュアダックスの雌9歳です。

 去年(9月)急性膵炎(リパーゼの値が1000以上)になり、下痢と嘔吐を繰り返しましたが、絶食と点滴治療で回復致しました。
 以来、低脂肪フード、鶏ささみ、野菜の茹でたもの、無脂肪ヨーグルト鮫軟骨(ダックスなので)の食事を徹底しています。
 先日の健康診断で、またもやリパーゼの値が1000を超しました。嘔吐も下痢もなく元気一杯です。これから何に気を付けて、どうすれば良いでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

9才のM.ダックスのワンちゃんで膵炎の管理の仕方についてのご質問ですね。

血液検査にてリパーゼの上昇が認められてご心配されておられるとのことですが、一般血液検査でのリパーゼの上昇と膵炎の再発とは今現在の医療では厳密な相関がないとされています。
そのため膵炎の再発があるかどうかを調べるためには、犬膵特異的リパーゼという血液検査の項目を測定していただくことになります。これは外注検査になるため、結果がでるまでに2-3日を要します。
あるいは、スナップcPLという膵炎の簡易検査キットがありますから、もしリパーゼの上昇がみられて膵炎の再発が心配な場合にはまずはこちらのキットで追加検査をされるとよろしいかと思います。
他にも膵炎の兆候としては嘔吐、食欲不振、元気消失に加えて、検査にて発熱、白血球数の上昇、CRP(急性炎症マーカー)の上昇、がある場合には膵炎の再発が強く疑われます。

恐らく飼い主様のワンちゃんの状態としては一般血液検査にてリパーゼの数値は高いものの膵炎は寛解の状態にあると思います。
そのため、食事療法もしっかりされていることですし、現時点では特になにかの治療を追加でするなどの必要はないと思います。

今後リパーゼの数値がまた高かった場合には、一度犬膵特異的リパーゼ(Spec-cPL)を外注検査にて測定するかその場ですぐに結果がでるスナップcPLの簡易検査をされるかをされるとよろしいかと思います。

その結果数値が高い場合には膵炎の再発を疑い必要ならば治療をすることができますし、正常値であれば治療する必要はないわけです。
そうすることで飼い主様のリパーゼは高いけどまた膵炎なのかなという今のご心配もなくなると思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

 早速、ご回答頂きありがとうございます。


 


犬膵特異的リパーゼですね!


どこの動物病院でも検査して頂けるのですか?


 


それと、先程お伝えしていなかったのですが、現在消化を助ける為にと消化酵素(グリーンザイムORエンザイム)をフードに混ぜているのですが、それは特に問題ないでしょうか? 


それが、高リパーゼに関係する事はないでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

犬膵特異的リパーゼ(Spec-cPL)は採血した血液を外部の検査機関(IDEXX、アイデックスといいます。)に提出することで測定していただけます。
そのためどのIDEXXに登録してある病院であればどの病院でも検査依頼できます。特別な検査会社ではないですから、飼い主様のかかりつけ病院様でも恐らく登録されているのではないかと思います。
一度ご確認されることをお勧めいたします。

グリーンザイムをフードに混ぜておられるということですね。
私自身はこれを使用したことはないのですが、成分表示を調べたところビフィズス菌や豚膵臓からの酵素などが入っていて、よく使用されるパンクレアチン(これも消化酵素です。)と同じ系統のものと思います。
その場合確かにこの豚膵臓からの酵素がリパーゼ活性を上昇させている可能性が十分考えられます。ただし悪いことではないです。もともとこのサプリの目的は消化酵素の活性化にあるので、ある意味目的を達している、効果が出ていると考えることが出来ると思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問