JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

来月で8歳になるオスのチワワの事でおききします。少し太っております。 数ヶ月前から抱くとキャンキャン大きな声で鳴く

解決済みの質問:

来月で8歳になるオスのチワワの事でおききします。少し太っております。
数ヶ月前から抱くとキャンキャン大きな声で鳴く事が何回かあり、かかりつけの先生は首の辺りの椎間板ヘルニアではといわれましが昨日の健康診断では首の辺りはなんでもなかったといわれレントゲンでもハッキリわからないとの事でした。又病名も分からないとの事で困っております。尿が少し濁っているのでビクタス抗生剤を頂きました。
食欲もあり普通に歩いていますが段差のあるところ嫌みたいで抱くと鳴きます。前は数ヶ月に一回位が三日前からは抱くと痛がるようになりました。
良い治療法があれば是非とも教えて下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

私も症状から考えると椎間板ヘルニアである可能性が一番高いと思います

首の骨の不安定症によるウォブラ―症候群

それ以外には脊髄空洞症という脊髄神経内に水が溜まる病気


あるは脊髄炎などがあるものと考えます


レントゲン検査も専門の先生が撮影して、専門の先生がレントゲンをみないと
わからない場合も多いですし、MRI検査などで診断する必要があります

一度大学などの2次診療施設でMRI検査やCT検査を受けましょう

治療方法は椎間板ヘルニアは酷い場合には手術、軽い場合には安静や鎮痛剤

ウォブラ―症候群では首の骨の固定手術や消炎剤

脊髄空洞症は利尿剤やステロイド、酷い場合には手術で水を抜く管を入れる

脊髄炎は免疫異常で起きていることが多いのでステロイドなどの治療
になる可能性が高いでしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問