JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5369
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

5歳のペキニーズとポメラニアンのミックス犬(メス)です。 2足立ちでハイタッチをしたり、ウンチをすると”出た出た”

解決済みの質問:

5歳のペキニーズとポメラニアンのミックス犬(メス)です。
2足立ちでハイタッチをしたり、ウンチをすると”出た出た”と言わんばかりに部屋中をかけまわり教えてくれていたのが、1か月半くらい前から、その頻度が減り、
後ろ足に力が入らない感じになり、大好きな散歩も途中ですわりこむようになり、抱っこをしても後ろ足を突っ張らなくなりました。
かかりつけのお医者様に診ていただきました。
レントゲンでは、骨には異常がなく、神経性ではないかということで、
お薬と、ビタミン剤を3週間ほど服用しています。これで、改善がみられない場合、
MRを撮ったほうがいいと言われています。
現在は当初よりは元気になったように見えますが、まだ、少し歩いてはすぐに伏せ状態になります。散歩は止められていますのでしていません。

とても元気な子だったのに、このまま歩けなくなってしまうのかととても心配です。
なにか、大きな病気が潜んでいるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

原因が不明でご心配の事と思います。

原因として考えられるのは

①脳炎や脳腫瘍

②脊髄炎や脊髄腫瘍

③脊髄空洞症という脊髄神経の中に水がたまる病気

④背骨や首の椎間板ヘルニア

が考えられます。
早めにMRI検査を受けることが必要でしょう。
腫瘍なら手術や抗がん剤、放射線治療
脳炎や脊髄炎ならステロイドや免疫抑制剤
脊髄空洞症なら利尿剤やステロイド
椎間板ヘルニアの場合には安静や手術
が治療法になるでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


回答ありがとうございました。


いろいろな病気が考えられるのですね。


MRは全身麻酔をすると聞いたのですが、体重2.5キロの超小型犬なので、麻酔の段階から、覚醒するのか、副作用はないのかなど心配がつきないのですが・・・

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
もちろん麻酔のリスクはありますが、以前に避妊したなら麻酔で危険な状態に
なる可能性は低いでしょうし、MRI検査を行う所は毎日検査でMRI検査のために
麻酔をかけて慣れています

また手術ではないので、麻酔自体も深度はそれほど深くないですから
麻酔前の検査で問題なかったり麻酔をかける先生がよほど危ないと言わない限りは
何か起こる可能性というのは低いと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.


麻酔前にも検査をするのですね!?


避妊手術はしましたので、麻酔に対する不安は少し解消しました。


次の診察で、MRIを・・と言われても受けられそうです。


もちろん回答に並んだ病気でないことを願わずにはいられませんが、


勇気をだして、メールをしてよかったです。


ありがとうございました。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
通常は麻酔前に検査をしますよ。病気の種類が脳脊髄の問題なのか確かめる意味と
麻酔が大丈夫かどうかみるためです
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問