JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

おしつき早うございます。 ラブラドール 12歳 メスです。 4/26に失禁し病院で「拡張型心筋症」と診断され「心タンポナーデ」を起こし、緊急処置を施して一命をとりとめていた

質問者の質問

おしつき早うございます。
ラブラドール 12歳 メスです。

4/26に失禁し病院で「拡張型心筋症」と診断され「心タンポナーデ」を起こし、緊急処置を施して一命をとりとめていただきました。
幸いにもその先生は心臓病ご専門でいらしたのです。

その後も一応お薬で通常近くまで、心臓が安定(重篤ではありますが)してきています。
2週間経った時点で嘔吐が始まり、血液検査をした所ALT 515 ・ AST34・ALP515
と肝機能等の数値が高くその他の数値は標準値内に保たれていました。

膀胱炎も起こしている事も併せてわかってしまいましたが・・・。

胃腸を活発にする薬で様子をみましたが改善されず・・結局、血中酵素濃度が弱いため致し方ない。との見解でした。

チューブで流動を入れても嘔吐・・・。チューブは取れる。付けに行く。の繰り返しです。 食べたい気持ちはある様に見えます。

犬はまだヨロヨロもせず目力もあります。薬だけで肝機能がダメージを受けているのか?
衰弱していくのをみるだけなのか?

セカンドオピニオンを考慮した方が良いのか?

迷っております。
アドバイスをいただけましたら幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

12歳のラブラドールのグリッターちゃんが吐き気があるということですね。

もしまだ膵炎の検査(外注検査になりますが、血液検査にて犬膵特異的リパーゼ)をされることをお勧めいたします。
あるいは病院でスナップcPLという膵炎の簡易検査をすることもできる場合もあります。

もし膵炎であった場合には吐き気止めや痛み止めを使用しつつなるべくしっかり水和(心臓に負担がかからないように注意して)をする必要がありますし、食事はロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪という食事を与える必要があります。

ときどき心臓のお薬を内服していて膵炎になるワンちゃんがいます。
吐き気の原因がわからない場合にはセカンドオピニオンを考慮する必要があると思いますが、その前に膵炎の検査をされてみられることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

今晩は。


ご丁寧なアドバイスを有難うございました。


 


本日、病院へ行くついでに膵炎の検査をお願いした所で脈拍が弱く心電図を撮る事となってしまいました。


 


と言う訳で、膵炎のスナップ検査が可能な病院の為、後日にした次第です。


 


その後にセカンドも考慮したいと思います。


 


 


 また不明な点が出てきましたらアドバイスをお願いいたします。


 


有難うございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

脈拍が弱く心電図をとるなどされたということですが、グリッターちゃんはその後大丈夫だったのでしょうか?

他の病院に転院してもまた同じような検査の繰り返しになる可能性があるので、今の先生に大学病院や2次診療施設を紹介していただくほうがよろしいかと思います。

また何かございましたらご相談いただければと思います。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問