JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

2歳5ヶ月のヨークシャテリア♀1.7㎏が、2か月前から尿結石と言われs/dの缶詰を1か月弱試しましたが、レントゲンを

解決済みの質問:

2歳5ヶ月のヨークシャテリア♀1.7㎏が、2か月前から尿結石と言われs/dの缶詰を1か月弱試しましたが、レントゲンを撮った結果未だ石の影があり、現在c/dのドッグフードを食べさせています。
最近血尿が1度あり、かかりつけの獣医師から手術をし石を分析して、合った食事をさせていった方が良いのではないかと言われました。
現在血尿ではありません。頻尿とまではいっていない状態です。
手術に際し、デメリットを教えてください。
そして、手術はうけた方が良いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

手術のデメリットは

①麻酔のリスク
 麻酔は100%の安全はありませんので手術すると亡くなる場合があります

②手術してもまた結石が膀胱に出来る可能性がある

③石の細かいものが膀胱内に取り残すことがある

④手術後の合併症で痛みや出血がある

などが考えられるでしょう

石が無くならないのであれば、また再度血尿したりしますので早めに大きくなる
前に取り除くのが一般的には良いでしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問