JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

乳に拳くらいのしこりができている

質問者の質問

乳に拳くらいのしこりができている
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

おはようございます。

13歳の雌のM.ダックスのワンちゃんで、乳のところにこぶし大のしこりができているということですね。

 

1年前から徐々に大きくなって今こぶし位になっていることを考えますと、位置からかんがえて乳腺の腫瘍の可能性が極めて高いです。

犬の乳腺腫瘍は良性と悪性の確率が半々です。

また検査しないと分かりませんが、肺や肝臓に転移することもあります。

もし切除を考えておられるならば、レントゲンや血液検査、腹部エコー検査などされて、健康状態や転移の有無を調べてから手術をされるとよろしいかと思います。

 

ワンちゃんの健康状態が良い場合にはまず切除することをお考えになられることをお勧めいたします。

腫瘍はこのままの大きさで成長がとまることはなくて、今後も大きくなると思います。そうなると腫瘍が自壊して腐って悪臭を放つなど、ワンちゃんばかりでなく飼い主様もつらい思いをされることになります。

またこれ以上大きくなればそれだけ手術が大変になりますし、術後の立ち直りにも時間がかかります。

もし手術前にその出来物の検査をお望みであれば、細い針をさして細胞を採取し、細胞診という病理検査をして、腫瘤を構成する細胞の種類を調べる検査を受けていただきますと、より厳密に腫瘤の種類が確定できると思います。

犬 についての関連する質問