JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

もうすぐ9歳のウエストハイランドホワイトテリアの雄です。先日行きつけの獣医師さんから、狂犬病の予防接種時の診断時に、

解決済みの質問:

もうすぐ9歳のウエストハイランドホワイトテリアの雄です。先日行きつけの獣医師さんから、狂犬病の予防接種時の診断時に、睾丸の大きさが左右少し違うと指摘されました。
そして悪性腫瘍になって転移する可能性があるということで、去勢手術を勧められました。
今のところ、睾丸腫瘍の症状(睾丸をよくなめる、乳腺がはれる、お腹の毛がぬけるなど)はまったくありません。
悪性腫瘍も心配ですが、去勢後のデメリットも心配です。悪性の可能性はかなり低いそうですが、どの時点(症状)で去勢手術を決断したらいいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

9歳のポン吉ちゃんの左右の睾丸(精巣)の大きさが左右で違うと指摘されて去勢手術をどうするか迷っているということですね。

少々お伺いしたいのですが、
去勢手術によるデメリットをご心配とのことですが、特にどのようなことがご心配でしょうか?
また検査としては触診のみでしょうか?例えば精巣のエコー検査や血液検査などはされていませんでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。よろしくお願いします。


 


触診のみです。私がさわっても左右違う気がします。


 


まずは不必要な手術をしたくないのが一番です。


 


可能なかぎり自然のままにしてあげたいのです。


 


可能性だけで去勢手術というのが納得できません。


 


たぶん検査費用との兼ね合いで、いきなり去勢手術を勧められるのでしょうが。


 


でも悪化して治療として去勢手術しかなければ、そうします。


 


ここで質問しているのは、飼い主として悪化の症状の初期段階をどう見極めるかです。


 


経験に基づかれた回答をお待ちしています。


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

犬での精巣の腫瘍はセルトリ細胞腫や精上皮種、ライディッヒ細胞腫などがありますが、
腫瘍自体がそれほど大きくない場合もあるために触っただけではわからないこともあります。しかし左右の大きさが明らかに異なる場合は大きくなっているほうの精巣に腫瘍がある可能性があります。

そのため一般的には精巣のエコー検査や性ホルモンの血中濃度の測定をすることをお勧めいたします。
腫瘍化した精巣からはテストステロンやエストロジェンなどの性ホルモンの分泌量が増えるために血液検査でホルモンを測定することでその上昇がある場合には精巣に腫瘍があると判断できる材料になります。
またエコー検査でも均一なはずの精巣組織が不均一になっている場合には腫瘍の疑いが極めて高いです。

精巣の腫瘍で特に問題になるとしたら骨髄抑制作用による貧血などではないかと思います。もし貧血傾向がある場合には精巣腫瘍が関係している可能性が考えられます。

精巣腫瘍は転移がすくないために去勢手術によって精巣を取り除くことで、予後が良好な場合が多いです。

まだ触診をされただけということなので、もうすこしエコー検査や貧血の有無、血中の性ホルモン濃度の測定などされてみて、異常がないかどうかを確認されることをお勧めいたします。もし異常があれば、やはり健康なうちに手術されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。最後に”貧血の傾向・有無”の症状を具体的に教えてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

貧血の傾向や有無とはどういうことかということですね。

犬の場合一般的には血液中の赤血球の割合は37-55%です。これをヘマトクリット値(Hct)と言いますが、37%以下ですと貧血の疑いがあることになります。

貧血になると骨髄で赤血球を作るようになるのですが、腫瘍による骨髄抑制がかかっていると貧血にも関わらず骨髄で赤血球を作らない状態になるので、非再生性貧血と呼ばれるタイプの貧血になります。

また今までのポン吉ちゃんの血液検査のデータがあると思いますが、例えば昨年までHct値が45%あったのに、今年は37%くらいに下がっているという場合も貧血傾向と言えると思います。

見た目の貧血は貧血がかなり進まないと分かりづらいとは思いますが、一般的な症状は疲れやすい(例えば散歩ですぐにばてる)、ハアハアする、歯茎の色が普通はピンクなのに白っぽい、元気ななんとなくない、などではないかと思います。
経度の貧血ですと、見た目ではわからない場合もあって血液検査をしてみて気づくということもしばしばあると思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問