JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

日常畑仕事などしながら暮らしている老夫婦です。24時間いつも私どもと一緒で、どこに行くにも私どもと一緒でないと安心し

解決済みの質問:

日常畑仕事などしながら暮らしている老夫婦です。24時間いつも私どもと一緒で、どこに行くにも私どもと一緒でないと安心しない愛犬が一匹おります。夫婦のうちのひとりが庭に出ただけでも、もう心配で、玄関をひっかき外に出ようとするくらいですから、いわゆる「分離不安」というやつでしょうか。
 ただ、さすがに出かける用事によっては、ひとりで家にいてくれたらな、と思うこともあります。現状では、都合が悪い場合はしばらく車の中にいてもらうということで急場をしのいでおりますが、それも暑い季節はむずかしいこともあります。
 そこで先生方におうかがいです。こういう犬でも、せめて1時間くらいはひとりで家にいてもらうということを可能にする、なにか良い対処法はありませんか。ご教示いただければたいへん助かります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。

M.ダックスのクーちゃんが分離不安症の症状があって一人でお留守番できないということですね。
どう考えてもすぐに長時間のお留守番ができるようになる特効薬的な方法や薬はないです。
このような場合には地道に留守番の時間を伸ばしていくこと、最初は1-2分程度から初めて5分-10分と徐々にひとりの時間を増やしていく。
また留守番したあとにはご褒美を与えてあげて留守番するとそのあとによいことがおきるということを教えてあげることです。
これを毎日根気よくされる必要があります。
また薬やサプリメントによって精神を安定させる作用のあるものがありますので、それらをあくまで補助的に使用されることをお勧め致します。
サプリメントとしてはアルファS1トリプトファンカゼインというミルクの成分からなる精神安定作用のあるサプリがあるのでそれを毎日のませてあげることをお勧め致します。
名前はジルケーンというサプリでネットでも購入が可能です。
薬については獣医師の処方になりますので、主治医の先生にご相談していただき行動療法を治療をご希望されるとよろしいかと思います。このような行動の問題については薬で治すということは出来ませんのであくまでお薬はワンちゃんの精神的な不安を和らげるという程度とお考えになっていただいて使用されるようにお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

issafd3s先生 今回は当方の質問に対し、詳しいご返答を賜り、まことにありがとうございました。とにかく基本は、地道に留守番をする経験を積ませる。また、その時間を少しずつのばしていく。そんな訓練を根気よく続けていく。ご指導の内容、そんな趣旨かと承りました。


 先生、それで一点だけ追加確認させていただきたいのですが、実際にクーちゃんを留守番させて出かけるとして、その際クーちゃんをどのような状態にしておけばよろしいでしょうか。というのも、そのまま家の中で自由にできる状態で留守番させると、これまでの経験からして、クーちゃん、心配のあまりに壁やドア、ブラインドなどをひっかくなどして、大暴れするにちがいないので。なんとかそうならないような形で留守番をさせるにはどうしたらいいものか、あわせて教えていただけたら、たいへん幸いです。ksk

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

留守番の時間を徐々に伸ばしていただくのはその通りなのですが、最初から本番ではなくて、留守番の練習を日々されることをお願い致します。
つまり出かけるふりをして実際に家をでていただき、クーちゃんを一人にするという時間を最初は1分間だけにしていただき、1分たったら帰宅されてすぐに褒めてあげてご褒美を与えるというのを繰り返し、それに慣れてきたら2分、3分と徐々に伸ばしていただくことをお勧め致します。
出かけるふりをするときはなるべく普段お出かけになるのと同じようにされる(服を着替ええ、鞄を持って、外出用の靴を履いて出かけるなど)ことをお勧め致します。
そして帰宅されたらクーちゃん好きなご褒美を与えて(少量でいいです)留守番するとよいことがその後にあるということを覚えさせてあげるとよろしいかと思います。

くれぐれもいきなり本番にされないようにお願い致します。

確かに留守番中に家の中を放しているとクーちゃんがどうなるか心配ですので、行動範囲を制限することをお勧め致します。
方法の1つとしてサークル(例えば円形の柵)を用意していただき、その中にクーちゃんのはいれるケージとコング(中にお菓子などを入れておき遊ばせるゴム製のおもちゃ、ペットショップなどで手に入ります。)など一人で遊べるおもちゃを入れて、出かけるときには必ずクーちゃんをサークルの中に入れて、お出かけになるとよろしいかと思います。

出来れば最初はデジカメなどで動画撮影してそのサークルの中でクーちゃんがどう過ごしているかを撮影されておかれるとなおよろしいかと思います。

サークルはペットショップで購入することができると思います。あるいはネットでも犬、サークルと入れて検索していただければいろいろな種類のサークルを探すことができます。できれば屋根付きのものがよろしいかと思います。柵の隙間はクーちゃんの足などが挟まらないような大きさのもの(なるべく隙間の狭いもの)を使うのがよろしいかと思います。

順番的には飼い主様がお出かけの準備をして、最後にクーちゃんをサークルに入れてあげて、それからお出かけされるのかよろしいかと思います。
そして最初は1分位で帰宅されて、クーちゃんをサークルから出して褒めてあげつつご褒美をあげるというのを1日1回毎日から開始されることをお勧め致します。1分の留守番が我慢できることを動画で確認されて、その後は2分、3分と慎重に時間を伸ばすことをお勧め致します。
ジルケーンも心を落ち着かせるサプリメントなので飲ませてあげて下さい。
またなにかございましたらご連絡いただければと思います。



issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問