JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

虫がいなくて軟便と下痢そして涙のような目やにと身体の痒み食事はドッグフードを今は普通に食べています。秋田犬です。2週

解決済みの質問:

虫がいなくて軟便と下痢そして涙のような目やにと身体の痒み食事はドッグフードを今は普通に食べています。秋田犬です。2週間前に保健所からの里親になりました。5歳ぐらいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

5歳の秋田犬で軟便と下痢が続いていて、涙のような目ヤニ、体の痒みがあるということですね。
検便では虫はいなくて、フィラリアが陽性ということですね。

少々お伺いしたいのですが、
検便以外には血液検査もされたのだと思いますが、フィラリア以外には異常はなかったでしょうか?
下痢と軟便とのことですが、今までにどのような治療をされましたでしょうか?
今現在ドッグフードは何をあたえていますでしょうか?
目ヤニについては点眼などの治療をされていますでしょうか?
体はどの部分を痒がるのでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ボランティアさんのお世話だったのであまり気にしてなかったのですが、赤血球が少し少ないとか言っていました。おなかの薬を1週間ぐらい飲んでいます。ビタワンを与えていたのですが、今は、日本犬専用というフードにしています。目薬をいただいています。首、肩、腰の側面とか色んな所を搔いています。ノミダニの薬もつけました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

フィラリアがいることなどから、今まではあまりよい環境で飼育されていなかったのかもしれません。

下痢の原因はいろいろな可能性がありますので、一概には言えませんが、検便は繰り返しされることをお勧め致します。直接法(便を直接顕微鏡で見る検査)以外にも浮遊法(便を液体に溶かして虫卵を集める方法)やジアルジアの検査もされることをお勧め致します。
感染症による下痢が除外されたらば、他の可能性、例えば、食物アレルギーや炎症性腸疾患、膵外分泌不全、などの感染症以外の可能性について1つ1つ検討されることをお勧め致します。膵外分泌不全の場合は白っぽい軟便がでることが多いですし、血液検査にてTLIを測定することで推測できることが多いです。食物アレルギーの疑いがある場合にはヒルズのz/dや低分子プロテインなどのアレルゲンフリーの食事を12週間(3か月)位食べさせることで改善する場合もあると思います。
皮膚の痒みについても、同様にまずはノミダニの駆除をされて、その後は食事アレルギー、アトピー性皮膚炎の可能性を考えていく必要があると思います。
ノミアレルギーの場合にはノミの駆除してから2週間位は痒みが残ります。その間痒みがひどい場合はステロイドの内服により痒みを抑えることをお勧め致します。
ノミやダニが原因で痒みが出ているのではない場合には、食事アレルギーがないかどうか、食事を変更してみられることをお勧め致します。
目ヤニについては、今は恐らく抗生剤の点眼薬をされているのではないかと思いますが、それでも良くならない場合には、一度眼科に詳しい先生を主治医の先生に紹介していただいてしっかり眼科検査をされることをお勧め致します。
いろいろと病気やトラブルを抱えているワンちゃんなのだと思いますが、1つ1つ問題を解決していかれることをお勧め致します。
質問者: 返答済み 3 年 前.

この犬は松山から高知に来ました。高知で、今の獣医さんに3回看てもらいました。検便も3回しました。別の獣医さんにも看てもらった方がいいでしょうか?先生の書いて下さった回答を持って行ってもいいですか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

高知で飼われているということですね。
検便は今までに3回されておられ、特に異常はないということですね。
私の回答はごく一般的なアプローチなので、持って行っていただき手も問題ないです。
皮膚病にしても下痢にしてもまずは感染症の可能性をしっかり除外して、その後はアレルギーやアトピー、炎症性の問題や自己免疫疾患などを疑い検査を順次していくという手順は常に取るべきアプローチの仕方です。
別の獣医師の診察を受けられるのも方法の1つだと思いますが、また最初から同じことをされる可能性もありますので、今までの検査の結果報告書を詳しく主治医の先生に書いていただくことをお勧め致します。
またあるいは今の先生により専門性の高い病院を紹介していただいて、紹介状も書いていただいて受診されるのも方法の1つだと思います。それは皮膚、消化器症状、眼科、それぞれに得意な先生を紹介していただくことをお勧め致します。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問