JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5278
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

上皮向性T細胞型リンパ腫の柴犬9歳の件でご相談です。 現在某国立大学動物医療センターで治療をしております。 抗が

解決済みの質問:

上皮向性T細胞型リンパ腫の柴犬9歳の件でご相談です。
現在某国立大学動物医療センターで治療をしております。
抗がん剤治療のため、往復8時間かけて一週間に一回通院しております。

率直なところ、抗がん剤治療を行っていて、副作用により瀕死の時もあったりしました。
そのような状況で、治療を続ける中、根治は期待できるのでしょうか。
また、延命は何年ほどきるのでしょうか。

因みに、本年の一月に上記診断名が下され、二月から抗がん剤治療を受けております。

以上 宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることをご理解ください。

追加の情報や質問があれば書き込みをお願いします。

リンパ腫ということで、大変な思いをされて心中をご察しします。

このタイプの腫瘍の平均的な生存期間はいろいろなデータや抗がん剤の種類に
よっても多少の期間に違いがありますがおおよそ半年から1年が平均的な余命期間です

ただ腫瘍の中でもかなり抗がん剤に反応が良いのでもっと長生きすることも
多くあります。

完治することはほぼ有りません。

人間と一緒で様々な治療法があります。
免疫療法や放射線治療、分子標的薬治療、今行われている化学療法剤による
治療などです

どれがその子に一番良いのか悩まれるところだと思いますが
それはまだ誰にも分っていません。人間でも同様です

だからこそ、異なる治療法がそれぞれに存在します。
納得いく答えがほしいなら大変だとは思いますが、大学以外にも
アメリカの腫瘍専門医が居る埼玉の日本小動物医療センター

に行ってみるとよいでしょう
http://jsamc.jp/
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問