JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

wantaroに今すぐ質問する

wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5193
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

前略 糖尿病と診断されレベミルを打ちはじめて1ヶ月とすこしです。 一週間前にはホーナー症候群を発症し目薬をいただ

解決済みの質問:

前略
糖尿病と診断されレベミルを打ちはじめて1ヶ月とすこしです。
一週間前にはホーナー症候群を発症し目薬をいただいています。
食べ方もかなりぎこちなく、舌がうまく使えてないような気がします。一度口にいれてもすぐに落としてしまったり、食べるよりこぼしてしまうほうが多いように見えます。
眼や口まわりの神経になにか異常があるのでしょうか?
かかりつけの獣医さんは、それらは糖尿病とは関係ないと言われましたが、インスリンを始めてからなので、副作用かともおも思います。食べること命なワンコでしたが、今は食欲もあまりありません。元気なときもあれば、そうでない日もあり病気なのか老化なのか…
ただここひと月ほどのあいだにあれこれ気になる症状が出ているので心配です。
ラブラドール♀11才10か月
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

可能性としては
①糖尿病による神経症状
 糖尿病が酷いと足を引きずるなどの神経症状が出ることがあります
 口周りの神経障害が出ないとも限り有りませんが、典型症状ではないので
 可能性としては限りなく低いでしょう。

②ホルネル症候群は
 目や脳、首、胸部に障害があると出ます
 口周りの三叉神経障害だとするとホルネル症候群と併せて考えると
 脳に障害が出ている可能性が高いでしょう
 
 犬種からすると脳腫瘍が圧倒的に多いと思います、それ以外だと脳梗塞が原因
 でも同様の障害が起こるでしょう。

インスリンの副作用があるとすると低血糖ですね
血糖値がコントロールできているならぐったりしている原因は別でしょう

甲状腺機能低下症や心臓疾患があるのか、脳腫瘍や脳梗塞で神経障害が
出ているのかもしれません。

甲状腺ホルモンの測定や糖尿病がコントロール出来ていないなら何処かに炎症が
あるので炎症マーカーのCRPを測定する
心臓病が疑わしいなら血圧や心電図、心臓超音波などが必要でしょう

脳に関してはMRI検査が必要でしょう
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5193
経験: 小動物臨床10年
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

sumahono henkanga toraburu


yomizuraidesuga gomennasai


 


noukousoku chiryou no hituyou ga arimasuka


kouisyougai de genzaino syouzyou ha naoranai desuka

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
脳梗塞は症状が軽い場合には改善します。

ただ犬種として脳腫瘍が多いことや症状からは脳腫瘍である可能性が
かなり高いと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.

arigatougozaimasu


 


mousukosi osietekudasai


 


doubutubyouin oyasumi desu


kinkyu de tureteittahouga iidesuka


 


nousyuyou donoyouna chiryou ga yosousaremasuka


 


touyaku?


ope?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
酷くぐったりしている、発作があるなどなければ緊急では無いでしょう。

脳腫瘍の種類によって治療は異なります

髄膜腫という犬猫で多い腫瘍で脳の外側にあり、脳を圧迫しているタイプの
腫瘍は手術するとかなり良くなります。

それ以外の腫瘍では抗癌剤やステロイド(糖尿病がある場合には糖尿病を悪化させるので使用は難しい)、放射線治療などになるでしょう

一度大学などの神経科を受診して検査や診断をしてもらうことをお勧めします
質問者: 返答済み 3 年 前.

arigatougozaimasu


totemo sankou ni narimasita


 


daigaku no sinkeika?


wanko wo mitemoraeru tokoro doubutubyouin sika sirimasen


donoyouna tokoro he ikebayoinodesyka?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
何処にお住まいですか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

gihuken minokamosi


ni sundeimasu

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
では岐阜大学に動物病院がありますのでそちらで検査をしてもらいましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

arigatougozaimasita!!

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ

大学病院は先生からの紹介のみですから、先生に紹介してもらいましょう

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問