JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

愛犬のキャバリア(7歳)が一年前位に健診診断で僧帽弁閉鎖不全症と言われてましたが、とても元気で咳などの症状が出てなか

質問者の質問

愛犬のキャバリア(7歳)が一年前位に健診診断で僧帽弁閉鎖不全症と言われてましたが、とても元気で咳などの症状が出てなかったので薬は、飲ませてませんでした。最近少し咳が出始めたので病院に行こうとしてたところ3/31の朝呼吸が苦しそうだったので急いで病院に連れて行きました。その時、レントゲンをとったら心臓が前回より少し大きくなってると言われました。入院することになりその日の夕方電話で問い合わせたら薬と酸素吸入で落ち着きましたと言われました。酸素吸入室から出しても落ち着いているので明日エコーの検査をするから15時以降に来てくださいと言われたので翌日14時位に電話したら朝は、普通だったのに10時位に急変して12時半に亡くなったと言われました昨日、緊急の電話番号を渡したのに病院側が電話番号を間違って連絡がもらえませんでした。すぐに病院に行くと昨日と今日のレントゲンをみせられ今日の方は、肺の部分が真っ白になってました。急性肺水腫と言われついてなかったといわれました。診療明細を見ると注射9本、静脈内注射2本、点滴3本、酸素テント、レントゲン検査、血液検査となってます。心臓で調子が悪い時に点滴3本もして肺水腫になるということは、ないのでしょうか?長々と申し訳ございませんがどんな回答でも構わないので教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
ロビンちゃんが入院中に急死されたとのこと、ご冥福をお祈りいたします。
ロビンちゃんがお亡くなりになったがその原因が何か知りたいということですね。
少々お伺いしたいのですが、
3月31日の呼吸が苦しそうにして受診されたときは心臓の拡大だけで肺水腫は無かったのでしょうか?
お注射や点滴の種類はお分かりになるでしょうか?あるいは治療経過報告書などはいただいていませんでしょうか?
レントゲンの画像は病院から頂いたのでしょうか?

ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.


返信ありがとうございます。


3月31日の受信の時のレントゲンでは、肺も少し白くなってますねと言われました。注射、点滴の種類は、何も書かれてません。また週末支払いに行く時に詳しく聞きます。治療経過報告書も出してもらいます。画像ももらってません。


そろってからお聞きした方がよろしいでしょうか。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
恐らくロビンちゃんは3月31日の時点ですでに肺水腫になっていたとおもいます。
その場合には治療は一般的に、利尿剤(フロセミド、商品名ラシックス)(尿を積極的に排泄させる薬)で血液のボリュームを減少させて心臓の負担を取るとともにACE阻害剤を飲ませて血圧低下による心臓への負担の軽減、さらに場合によってはピモベンダンという薬を飲ませて心臓の収縮力を上げる治療をします。
まずは治療経過報告書を書いていただいた上で、そのような治療がなされたのかどうかを確認されることをお勧め致します。
肺水腫という病気は肺胞などに水分が貯留するためにいくら呼吸しても上手に酸素を取り込めなくなる状態で陸にいながら溺れている状態とも言えます。それは心臓の機能が低下して体内に体液が過剰に貯留してしまいその処理しきれなくなった水分が肺に溜まるために生じます。
緊急疾患なので見つけ次第早急に治療を開始しないと手遅れになる命に関わる病気です。
その認識が先生にどの時点であったのか、最初からあったか無かったかで治療の開始時期が違ってきます。
一概に点滴と言っても利尿剤を混ぜた点滴をしていたとしたら、それは治療としては間違っていませんので、まずはより詳しい状況説明を先生にしていただくことをお勧め致します。そして飼い主様の納得のゆくまで先生に説明していただいて、それでも分からないことやご不明の点をご質問されるのがよろしいかと思います。
一番詳しく説明できるのは主治医の先生だと思いますので、ロビンちゃんの治療経過をまずは納得ゆくまでなるべく冷静に先生にお尋ねになられることをお勧め致します。
この質問蘭は飼い主様が閉じない限り開いていますので、明日以降またご相談していただいても結構だと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


返信ありがとうございます。


とてもわかりやすくまずこれから何をすればよいかわかりました。


申し訳ございませんが、病院に行く日曜まで質問を開かせていただきます。


よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご愛犬を亡くされた心中お察しいたします。
肺水腫は治療すれば必ず改善するとは限らない緊急疾患です。
主治医の先生が一生懸命に治療されても助からない場合もあると思います。

まずは落ち着いて主治医の先生の説明を受けられることをお勧め致します。

またご連絡いただければ答えさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。評価は、6日に期待以上の回答に大満足にさせて頂きました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
評価をいただき大変ありがとうございます。
またロビンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
飼い主様におかれましてもお心に一日も早く平安が訪れますようにお祈り申し上げます。

犬 についての関連する質問