JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 11歳のミニチュアダックス(オス)です。 今月の3月19日に左眼に以上があることがわかり、病院で診察して頂いたところ、 角膜血腫だと診断され、ステロイド(

解決済みの質問:

はじめまして。
11歳のミニチュアダックス(オス)です。

今月の3月19日に左眼に以上があることがわかり、病院で診察して頂いたところ、
角膜血腫だと診断され、ステロイド(点眼薬)を処方されました。

-------------------------------------------------------------
点眼薬の詳細:
3月16~26日まで
ゲンタマイシン硫酸塩点眼液0.3%:1日5~6回

3月26~29日
ファルキサンシン点眼液0.3%
ベルべゾロン眼耳鼻科用液0.1%

また、26日と29日には病院で眼に消炎剤の注射を打っており、2
29日のみ、ステロップ ジフルプレドナーレ乳濁点眼液を点眼しました。
-------------------------------------------------------------


副作用のせいか、次のような症状が見られます。

*食欲旺盛
*水をたくさん飲む
*おしっこの量が増えた
*元気がない/走らなくなった(少し走っただけでゼーゼー言います)
*よく眠る

左眼よりも、突然現れた上記の症状の方がとても心配になってしまい、
3日前(3月30日)からステロイドの使用を一度ストップしています。

上記に記載させて頂いた症状はステロイドの副作用でしょうか。
またこのままステロイドを中止しても、左眼は治るでしょうか。

ミニチュアダックスなのですが、とても丈夫な大きな体で、毎日、牛のように走る元気なわんちゃんだったのが、
左眼に異常が生じてから、急に元気がなくなってしまい、
毎日心配で、いてもたってもいられない毎日が続いています。

どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

この中で
*食欲旺盛
*水をたくさん飲む
*おしっこの量が増えた
この3つはステロイドを使用した時によく出てくる副作用になります。
ただし、点眼剤のステロイドの全身への影響というのはそれほど強くありませんので、点眼のみでこのような症状が出てくるのであればかなりステロイドに弱い体質なのではないかと思います。

それから

*元気がない/走らなくなった(少し走っただけでゼーゼー言います)
*よく眠る
この2つの症状はステロイドでもでる可能性はありますが、ほかの異常の可能性もあります。
もしステロイドをやめて2,3日しても変わってこなければ、全身の検査をしてもらう必要があるかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


とても丁寧なご回答を頂き、本当にありがとうございます。


 


あと2点だけ質問させて頂いてもよろしいでしょうか。


1点目が、ステロイドの副作用は大体どのくらいの期間続くのでしょうか。回復までしばらく時間はかかりますでしょうか。


 


2点目が、前回の質問にも記載させて頂いていたのですが、もう1つの質問(このままステロイドを中止しても、左眼は治るでしょうか。)にもご回答頂けないでしょうか。お忙しい中、ご回答頂いているにも関わらず、催促するようで大変申し訳ございません。


 


どうぞよろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


とても丁寧なご回答を頂き、本当にありがとうございます。


 


あと2点だけ質問させて頂いてもよろしいでしょうか。


1点目が、ステロイドの副作用は大体どのくらいの期間続くのでしょうか。回復までしばらく時間はかかりますでしょうか。


 


2点目が、前回の質問にも記載させて頂いていたのですが、もう1つの質問(このままステロイドを中止しても、左眼は治るでしょうか。)にもご回答頂けないでしょうか。お忙しい中、ご回答頂いているにも関わらず、催促するようで大変申し訳ございません。


 


どうぞよろしくお願い申し上げます。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
ステロイドの副作用の持続時間は通常どれくらいの期間使っていたかによります。
ですので、数回使っただけならおそらく5日も注視していれば元に戻るのではないかと思います。

それから、2つ目の質問は答え損ねておりました、申し訳ありません。
角膜血腫というのはまだ確実な診断名として確立しているものではありません。
おそらく角膜に血腫(血の塊)がある状態のものだと思いますが、その原因がなんなのかはその子によって変わってくる可能性があり、ステロイドを使わなくても治療できるかどうかはその原因によりけりではないかと思います。
一般的には免疫的な異常から起こるといわれており、ステロイド剤の点眼で治療することが多いのは事実です。
今の副作用が消炎の注射からか、ステロップの点眼からか、ベルべゾロンの点眼からなのかはわかりませんが、ステロップの点眼はおそらく一番全身への影響は低いと思いますので、副作用が治まったらステロップの点眼から再開してみるのも方法の一つかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

とても丁寧かつ親切な回答を頂き、本当にありがとうございます。


家族でメールを拝読させて頂いているのですが、やっと少し安堵感を感じ始めています。感謝の気持ちでいっぱいです。


 


あと2点だけと申し上げておきながら、大変申し上げにくいのですが、母からもう1点伺ってほしい!と横から懇願しているのですが、よろしいでしょうか?大変お手数をおかけしてしまい、申し訳ございません。


 


先生のご返信頂いたメールの中にございました、角膜血腫の原因についてですが、


 


>一般的には免疫的な異常から起こるといわれており、ステロイド剤の点眼で治療することが多いのは事実です。


 


免疫的な異常というのは、免疫力が低下しているということでしょうか。どのような状態のことなのか、具体的に教えて頂けませんでしょうか。


 


追加の質問ばかりで、申し訳ございません。


よろしくお願い致します。


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
免疫が低下するというわけではなく、免疫が暴走するというか、自分の組織(今回は角膜)を攻撃してしまうためにおこる病気(免疫介在性疾患)ということです。

免疫介在性疾患には通常ステロイドのような免疫抑制作用を持ったお薬を使います。
ステロップもベルべゾロンもステロイドですが、ステロップのほうが作用は弱いステロイドです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問