JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

15歳のシルキーテリア(体重は4.5kg)です。(9歳の頃に膵臓炎になりその薬と胃腸薬を飲んでいます)昨年11月中旬

質問者の質問

15歳のシルキーテリア(体重は4.5kg)です。(9歳の頃に膵臓炎になりその薬と胃腸薬を飲んでいます)昨年11月中旬、早朝一度嘔吐があり2〜3日前より食欲が減退していたので掛かり付けの獣医師の診断と血液検査を受けたところ、BUNが100超え、CREAが3.1と高く3日間の静脈点滴治療入院をしました。今年2月末と3月末にまた急に食欲がなくなり、再度BUNの数値が上昇気味ということで、同じくそれぞれ3日間の静脈点滴治療入院をしました。2月の退院時以来、毎日1回の自宅での皮下輸液?(100ml)を続けていますが、未だ血液検査の数値は横ばい(BUNは80前後CREは2.4で比較的安定)かちょこっと上昇気味で、食べたい気持ちはあるらしいのですが、日によって食べられるものがまちまちで、先週は16穀米でつくる少量の鶏肉入りおかゆをぺろっと食べたかと思えば、今週はパンやゆでた野菜をさくさく食べたり・・特に夕食時に食欲が半減しています。今週からは皮下輸液100mlを毎日1回+1日おきに2回、10日間様子をみることになりました。こんな状態でますます体重減少+生きる楽しみを失ってしまいそうで心配でたまりません。特に食欲がない時になにか元気のでるような、体力を維持するためのアイデアがあればお伺いしたいです。できるだけ身体的/精神的に優しい治療をし安定した毎日を過ごさせてあげたいです。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
15歳のジョジョちゃんがBUNとCREの数値の上昇があり、食欲にムラがあるということですね。
恐らく慢性腎臓病になっていると思いますが、その他の血液検査の数値、特にリンや電解質(Na,K,Cl)の数値はいかがでしょうか?
また血液検査以外に検査をされたでしょうか?例えば腹部エコーにて内臓、特に腎臓や膀胱の状態を確認したり、尿検査にて尿比重や尿蛋白クレアチニン比を測定するなどの検査結果はいかがでしたでしょうか?
また今飲んでおられる内服薬の内容を教えていただけますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

 


 


血液検査は3月17日のもの、尿検査は11月22日のものを持っています。(3日前にも血液検査をしましたが結果をもらっていません)


 


リンは7.3(高め), Na=154, K=3.9, (両方との正常値内) Cl=105 (低め)


腹部触診のみでエコーはしていないと思います。


 


尿蛋白比(A/G Ratio)=1.0 クレアチン比(B/C Ratio)=33.9 


尿比重は記載が全部英語なため存在がわかりません、すみません。


 


内服薬は:


PANCREZYME 1日2回 1回1/2錠


CIMETIDINE  1日1回 1/4錠


CERENIA   1日1回 1/2錠


CLAVAMOX  1日2回 1回1/2ml


 


サプリも摂っています(ご参考まで):


DENOSYL  1日1回 1錠


Aluminum Hydroxide 1日1回 備え付きのスプーン1/4


 


よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
飼い主様のワンちゃんは恐らく慢性腎臓病ではないかと思います。
診断には血液検査、尿検査、腹部エコー検査、尿蛋白/クレアチニン比、を調べることが一般的です。
ご記入いただきました中で尿中蛋白/クレアチニン比は測定されていないか、飼い主様のご記入いただいた数値は別のものではないかと思います。

まず慢性腎臓病にはいろいろな原因がありますが、加齢性のものであるとしますと、完治はしない病気ですので、治療の目標は完治ではなく良好にコントロールすることになります。

治療で一番重要なのは食事療法、次に腎臓保護作用のある薬、サプリメント、腎臓病に伴う合併症の治療をします。

ワンちゃんの場合尿中に蛋白が出ている場合と蛋白が出ていない場合で予後が違ってきますので尿中の蛋白(あるいはアルブミン)/クレアチニン比を測定されておかれることをお勧め致します。尿中に蛋白が出ている場合は予後が厳しいです。蛋白があまり出ていない場合は治療によるコントロールがよりしやすいです。

食事はできればロイヤルカナンの腎臓サポートやヒルズのk/dを食べさせることが望ましいです。しかし嗜好性の問題もありますのでまずはトライしていただき食べないようであればそれに他の食事をトッピングするなどの工夫が必要です。アメリカで手に入るか分かりませんが、Biovetenaryなどの液状食欲増進剤をかけてあげることも方法の1つです。

また慢性腎臓病の患者は腎臓の血圧を上昇させて血液をろ過するようになってしまっている場合が多いですので(糸球体高血圧)、できれば腎血流量を増やして血圧を下げるようにする治療をされる方が腎臓が長持ちします。そのためべナゼプリルというACE阻害剤によって血管拡張作用による腎血流量の増加の治療をされることが望ましいです。

また皮下点滴を今されているとこのとですが、これは人で言えば人工透析の代わりです。ただし人の人工透析は血液を一旦体の外に出してろ過カラムに血液を通し老廃物を除去しますが犬ではそれができませんので水分を摂らせてあげてワンちゃん自身の腎臓への潅流量を増やしてろ過量を増やすことでなるべく血中の老廃物の蓄積を抑えようという考えかたです。

また腎臓病の患者は胃酸による胃炎を生じますので胃薬を飲むことが多いですが、飼い主様のワンちゃんもシメチジンを処方されています。できればファモチジン(商品名ガスター)の方が値段は高いですが効果も高いので主治医の先生にお願いして薬を変更を提案していただくのがお勧めです。

また腎臓病の患者は水溶性ビタミンが不足することがあると言われていますので(尿から排泄される量が増えるため)ビタミンB1,6,12やビタミンCを経口で補充されることもお勧めします。

処方薬の中にクラバモックス(抗生剤)が入っていますが、もし今は感染症がないのであれば中止していただいてよろしいかと思います。その点も主治医の先生とご相談していただきますようお願いします。

正直食欲のムラを無くすことは病気の性質上難しいです。考え方としてはまず食べれるものを食べさせてあげること、そして食欲があって食べれるのであれば(質のよい)腎臓食を食べさせてあげることが重要です。
食べれないことによる体力の衰えが病気の進行を早める場合もありますので、食道チューブを設置してあげて水(水分については電解質を含んだものよりも真水[軟水]を補給することがホントは重要)を補給したり食事を補給するという方法もあります。
しかしそれには麻酔をかけてチューブを設置する必要があるため麻酔をかけての処置が可能かどうかが一つの問題になります。体力が低下しすぎるとチューブの設置ができなくなるのでタイミングが重要です。その辺りも主治医の先生とご相談されることをお勧め致します。

他には血液フォトセラピー(血液にuvを照射してまた戻す酸化療法の1つ)などが体の疲労感をとるのによかったりしますがアメリカでそれができるかどうかは分かりません。

長々と書きましたが、腎臓病の治療には特効薬などはないので飼い主様の地道な努力が非常に重要になります。リンが高めなので水酸化アルミニウムというリンの吸着剤が処方されていますが、できれば食事中のリンが少ない腎臓食を食べることでもっと良好にコントロールされると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

 


詳細のご返答と診断を頂き、心より感謝いたします。(普段、難解な医療専門用語までが英語だけで、言葉の意味だけわかったとしても、もっと深い部分では不安ばかりつのっていましたのでなおさらです)


 


さて、古いもので申し訳ございませんが、昨年11月15日の尿検査での尿比重(Specific Gravity)がみつかりました。1.017です。この数値はどんな意味がありますでしょうか。見つけてしまった今、気になってしかたありません。教えていただけませんでしょうか。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
昨年11月15日の尿比重が1.017だったということですね。
尿比重は水と比較して尿がどれだけ重いかを評価したものです。
腎臓は血液をろ過してから水分を再吸収しますので、尿が濃縮されます。そのため健康な状態では一般的に尿は比重で1.030以上であることが正常とされています。ただし沢山水を飲んだり脱水をおこしている場合は正確な尿比重はでません。そのため1回だけでなく複数回測定して毎回比重が1.030以下の場合に腎臓の濃縮能力の低下を疑います。
飼い主様のワンちゃんの場合、皮下点滴をされていて強制的に水分を補給していますので、もし正確な尿比重を測定したい場合には最後に皮下点滴をしてから24時間後のできれば朝一番の一番濃い尿(あるいは起きて一番最初の尿)を採尿して調べるのがよろしいかと思います。
尿比重の低下は水っぽいおしっこが出ていることを意味しますので、水分を補給して脱水しないようにすることも重要です。
人でも腎臓病の患者は夜頻繁にトイレに行くようになるなど尿の回数が増えます。また水分の摂取量も増えると思います。
1.017の比重を単純に評価しますと、低比重尿なので腎臓の尿濃縮能の低下を意味します。
また何かご不明の点がございましたらご連絡いただければと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

 


時間があいてしまってもうしわけございません。。


 


腎臓病患者用のフードは、わたしも気がついたし通っている病院でも扱っているのでこちらから主治医に伺ったのですが、「あまりに美味しくないので(特にうちの子は)食べないと思う、食べなければ意味が無いので今は薦めない」ということで、年齢と体調とを考慮して、別のものを薦めたのかな、と思います。それでも、こちらで教えて頂きました通り、とりあえず購入して試してみます。


 


それから、毎食同じものを食卓に出しても食べてくれないので、夕食は、もう何年も手作り食をあげていました。ただ、現在は腎不全ということで、お肉やお魚:湯でお野菜:十六穀米または白米(例外的にパン類)を1:1:1で考えていますが、なかなかどうして食べてくれないので、2:1:1になってしまっています。なにかアドバイスなど頂けましたら、よろしくお願いいたします。


 


(もし、時間切れでご返答頂けないようでしたら、その旨お知らせ頂ければ幸いです。)


 


長々あれこれとわからないこと+不安なことが多すぎて、まとまりの無い素人文章にもおつきあい頂き、本当にありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
腎臓用の食事は恐らくサンプル食があるとおもいますからそれを病院でいただいて試してみられるのがよろしいかと思います。
もしサンプル食が無い場合は最少単位で購入してまずはためしていただくのがよろしいかと思います。k/dよりは腎臓サポート(ロイヤルカナン)の方が食べてくれる可能性があると思います。

ビタミンBやCなどの補助サプリもよろしいかと思います。

食事についてですがジョジョちゃんの好みの問題もありますのでこれが良いですよとはなかなかお勧めできません。タンパク質として肉や魚以外であれば豆腐などが考えれらますし、新鮮なオカラもよろしいかと思います。しかしオカラなどはアメリカでは手に入らないかも知れません。
パンを繋ぎに使用してお水と小麦粉、野菜、お肉で日本のハンバーグみたいな、あるいはお好み焼きのような感じのものを作ることもできると思います。手作り食の場合はビタミンやミネラルなどの栄養素が不足する場合もありますので、病院でペットチニックなどの食事にトッピングして垂らすタイプのサプリを使用することも考えられると思います。
またアメリカで購入できるかどうか分かりませんが、ビオベテナリーという食欲増進効果のある犬用のゲル状サプリメントもあります。
またお肉やお魚の量を相対的に減らすためにお肉そのものではなくて煮汁を加えてあげると風味が増して食欲が出る場合もあります。
腎臓病の犬や猫の飼い主様は皆さまいつも毎日が勝負だと言っておられます。
飼い主様も大変だと思いますがいろいろ試していただいてなんとかジョジョちゃんの食欲を維持できるようにしてあげて下さい。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

長文にわたる詳細なご解答を頂き本当にありがとうございます。


うちの子には「病気にしちゃってごめんねごめんね」と、疾患が判って以来毎日必死にやってきてはいたものの心が折れそうでしたが、一緒に頑張ろう!とまた気力がわきました。


 


大変お手数ですが、最後にもうひとつだけ質問させてください。


飲み水と食べ物と尿と便についてです。


 


過去数ヶ月で何回か(昨年11月中旬と一昨日はちょっとびっくり?)気がついたのですが、夜頻繁に水を飲みに起きて、合計で一晩におよそ125~150ml(常に250mlくらいのお水をボールに入れています)のお水を飲むらしく、翌朝見るとトイレマットに数回に分けてたっぷりの尿があります。通常は、飲む量は大差ないと思うのですが、たいてい朝/晩のお散歩以外では日中/夜間ともに2〜3回に分けてちょこっとずつの尿です。


腎臓病患者では、飲む水の量が劇的に増え、それにともない頻尿になる、と伺いましたが、うちの子の頻尿は毎晩ではありません。これは水分摂取量が少ない(=良くない)ことなのでしょうか。。


 


また、現在、食べムラがありますが、全体的に食事の量は子供の時ほど多くはありませんが、食べる時と食べない時があるというのに、便の量と回数は(1日朝/夕の2回または3回)もさほど変わっていません。


それはなぜでしょうか。ムラはあっても意外に食べている?ということでしょうか。それとも消化不良ということでしょうか。見た目はしっかり便で’堅さも臭いもあるのですが。全く食欲のない時、リンゴが好きなので日本の富士リンゴの1/8ほどを小さく切って上げると喜んで食べることがありますが、リンゴはたぶん消化されずに出ていると気がついてはいます。。


 


それとも上記のようなことは犬の腎臓疾患にはあまり関係ないことでしょうか。宜しくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
ご返事ありがとうございます。
毎日治療をするのは大変なことだと思いますが、煮詰まりそうになったら無理しないで休みつつ治療を続けてあげて下さい。

少々お伺いしたいのですが、
夜沢山水を飲むときは夕食の食べ具合はいかがでしょうか?
何か普段との違いはないでしょうか?普段より食事を食べた量が多い、あるいは運動量が多い、ストレスがかかることがある、などはいかがでしょうか?
また体重の増減はどのような感じでしょうか?だんだん体重が減ってきていますでしょうか?
それともそれほど変化はないでしょうか?ここ1-2年の推移ではどのような感じでしょうか?
パンクレアザイムは消化酵素ですがそれを飲まないと下痢をしたり、あるいは便の状態がかわったりするのでしょうか?

ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲で答えさせていただきます。

一般的に1日の飲水量は健康な犬で体重1kgあたり50㏄位なのでジョジョちゃんの場合1日の量は約200-250㏄位は飲んでもそれは普通です。1kgあたり100㏄を超えてくると多飲(多尿)です。ですから1日量で450-500㏄位飲むようですと多飲の症状です。
一晩で125-150㏄位飲むとのことですが、1日の総量としてはどうなっているのでしょうか?
時々飲水量がすごく増える原因としては腎臓病の他にも様々原因は考えられると思いますが心因性飲水(不安やストレスなど)の場合もあります。一過性の場合にはそれほど心配することはなく自由に飲ませてあげて良いのではないかと思います。1日の総量として飲水量が250cc位であれば変動の範囲内ではないかと思います。

排便については1つは習慣の問題もあると思います。食事や散歩による運動などは確実に腸を刺激しますので大腸の動きがよくなり便意をもよおすのだと思います。また多少の食ムラがあっても毎日定期的に食べている場合は大腸に便の塊があり、1回の排便でそれが全部でるわけではないので、量が見た目上それほど変わらないように見えるのかもしれません。これはレントゲンを撮ってみると明らかなのですが健康な犬では排便後でも大腸に便がまだストックされています。しかし食欲がほんとに低下すると排便の量や回数は確実に減り、またそれは体重の減少となって目に見える形となって現れるとおもいます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

 


ご連絡ありがとうございます。一日の妥当な飲水の量や便のことがわかり、安心できました。


 


(もっと迅速に返答ができずに申し訳ございません・・)


 


夜の飲水量が多い時というのは、運動量が多いなどと特別気がつくことのはないと思うのですが、ここ数ヶ月ですと、夕食時の食事量がややまたはかなり少なかった時、かもしれないです。(ただ、今日もそうだからといって毎回飲水量が多いわけでもない。)最近、3日間で1回ほどですが、夕食を残すのに、夜中に一眠りした後起きだして、夜食のように完食することがあってびっくりさせられてますが、そのような晩もごく普通に70~100ml飲むようで翌朝の尿も量は見た目普通です。


 


また、パンクレアザイムですが、2010年の夏ごろに膵臓炎と言われてから、常用していて、一時期去年の夏前に、あまり常用しているので量を半分にしてみよう、と勝手に減らしてみたところ、血液検査で膵臓の機能低下を示す数値がでていると指摘され、以来、また量を以前と同じにしています。なので飲まないと下痢になるなどは、わかりません。ただうちの子は便秘になることはなく、また、ごくまれにまだ小さかった頃と膵臓炎と言われた時期に、下痢をしたことがあるくらいで腎臓疾患がわかってからは下痢になっていません。関係ないかもしれませんが、リンゴを小さく切って食べた時などは、黄色い固まり?になって登場し、消化不良かな?と思います。そうゆう場合は、便が全体的に黄色い色をしています。最近は食事を変えたせいか、濃い茶色の便です。ちなみに、前回の血液検査では、膵臓と肝臓機能は数値が改善されているそうで、ちょっと安心していました。


 


体重ですが、もともと身体の大きめのシルキーテリアで、8〜10歳くらいには健康時約5kg(11lb.)あったのが最大で、その後ここ4〜5年は健康時だいたい4.7kg(10.3lb.~10.7lb.)と安定していました。


ただ、膵臓炎になった時に一時4kg近くまで落ち込みましたが、腎臓病と言われた去年11月から今年2月間でも4.5kg(10lb.)を維持していましたが、今年3月の再入院以降4.3kg(9.4~9.7lb.)に減っていますが、ひとまず安定しています。


 


もしなにか追記して頂ける事がございましたら、よろしくお願いいたします。ご多忙な中、何度も詳細にわたりご回答頂き、ありがとうございます。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。

普段の飲水状況や便の状態など詳しく説明していただきありがとうございます。
慢性腎臓病の場合、多かれ少なかれ胃が荒れてきますので、それが原因で胃のむかつきがある場合には食欲の低下と飲水量の上昇が出てくるのかもしれません。
腎臓が悪いというよりは胃炎の程度によって多少水の量が変わる可能性があると思います。
飲水量の増加が続くようですと、もしかしたら腎臓の数値が高くなってきているのかもしれません。その場合は恐らく食欲もムラがあるという感じではなくて低下すると思います。

慢性腎臓病の場合、急性に状態が悪化することがありますので、飲水量の増加と食欲不振が続く場合には、病院に受診されるか先生に電話してご相談されることをお勧め致します。

便については食欲に関係なくいつも一定量出ているように見えても体重を測定してみると減ってきているなどということがあると思います。
そのため食欲が全体として維持されているかどうかについては体重を毎日ご自宅で測定していかれるのも方法の1つだと思います。

また何かございましたらご相談いただければと思います。
お大事にして下さい。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問