JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めまして、宜しくお願い致します。 現在キャバリア9才心臓病と診断され薬を朝・夕とEnacard2,5を飲ませてい

質問者の質問

初めまして、宜しくお願い致します。
現在キャバリア9才心臓病と診断され薬を朝・夕とEnacard2,5を飲ませています。
最近、少し頻繁に咳が出るようになったので医者に連れて行きましたが・・
もう1種類薬を出して貰うかどうかで悩んでいます。
何を基準に見れば良いのか・・宜しくお願い致します。
和歌山県白浜町
澁谷
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
9歳のキャバリアで心疾患でお薬を今エナカルド(エナラプリル)を飲んでいるが、薬をもう1種類追加するどうかでお悩み中ということですね。
少々お伺いしますが、
ワンちゃんの体重は何キロで、エナカルドは今の量はどの位でしょうか?1日2回飲まれているとして1回の量はお分かりでしょうか?
また血液検査(特にBUNとCREの数値)、心エコー検査、などは定期的にされているのでしょうか?
主治医の先生からはどのようにお勧めされているのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

体重は11キロ


薬の量は1日2,5のエナカルド錠を1錠づつ2回


血液検査などは定期的にはしておりません。


主治医の先生は薬を出しますが・と言う事なんですが・・・


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
体重が11kgでエナカルドが2.5mgを1日2回ということですね。
最近咳の回数が増えてきているということですね。
恐らくワンちゃんの心臓病は僧房弁閉鎖不全症だと思いますが、この病気は内科的治療で完治することはなく、内科的治療の目標は良好に維持管理することです。
エナカルドは血管拡張により血圧をさげて心臓への負荷を下げる薬です。
これにもう1種類追加するとしたら、恐らくはピモベンダンという強心剤だと思います。
他にはエナカルドの作用を補助するためのスピロノラクトンという薬の可能性もありますがどちらかというとこちらが選択される可能性は低いです。
結局飼い主様が迷われる原因は今のワンちゃんの心臓の状態はどうなのか?いいのか悪いのか?がはっきりわからないためだと思います。
そのため一般的には定期的に検査(血液検査、レントゲンか心臓のエコー検査、できれば血圧も)をしてどれだけ心臓に負担がかかっているかどうかを調べながら薬を決めていくのが望ましいです。
そのため主治医の先生にそのような検査ができるかどうか確認していただきできるのであれば検査をしていただくことをお勧め致します。
咳の回数が増えているということは恐らくは心臓に対する負荷が大きくなってきて心臓の拡大が生じて、気管を刺激するために咳が出ているのではないかと思います。そのことをレントゲンや血液検査(感染症による咳ではないことも調べる必要はあるので、また腎臓の数値を調べべることも必要)で調べてみて心臓に対する負担が大きいようであれば、薬をもう1種類増やすことはよろしいかと思います。
今の内科的治療の場合ピモベンダンを比較的はやくから始めることで良好に管理されることが分かってきていますので、検査の結果次第では薬を増やすことはお勧め致します。
また心エコーが得意な先生はレントゲン以外にもエコー検査をするかもしれません。その辺りは主治医の先生の得意なやり方で評価をしていただくことをお勧め致します。
またワンちゃんの検査を定期的されることによって、継時的に心臓の状態を管理していかれると今の状態がいいのか悪くなっているのかがわかりますので、定期的な検診もお勧め致します。
心臓病は1に運動制限、2が食事、3が薬と言われるほど総合的な管理が必要な病気です。
薬以外にも管理の仕方を先生にご指導していただくとよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりやすい指導有り難うございました。


主治医の先生にそのむねをつげ適切な判断をしていきたいと思います。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問