JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5521
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

3歳の柴犬、オスを飼っています。1歳の頃、去勢手術をしたのですが、その前の血液検査で血小板の数値がとても低いことがわ

ユーザー評価:

3歳の柴犬、オスを飼っています。1歳の頃、去勢手術をしたのですが、その前の血液検査で血小板の数値がとても低いことがわかりました。
様々な検査をして異常がなく、去勢手術を受けることができました。その後も3か月に一度、血液検査をしていますが、ずっと血小板の数値は10~15です。
1歳の頃にした検査は内分泌検査、血液凝固系検査、骨髄塗抹診断などをして、全て異常なしでした。その子の体質かもしれないから、今は数か月ごとに血液検査だけは続けましょうということで、今現在も血液検査は続けているのですが、他の病院でフィラリアの薬をもらおうと検査したところ、血小板の数値が低いのは、DICの疑いもあると言われました。

症状は全然なく、とても元気なのですが、(時々黄色い泡を朝、嘔吐したり、時々ゆるいウンチは出たりはしますが・・・)元気で走り回っているのですが、DICの検査はしたほうがいいのでしょうか?また検査はどんなことをするのでしょうか?
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

おそらくDICの検査は必要ないでしょう。

それは巨大血小板症という特異体質による血小板減少である可能性が高いでしょう。

要は血小板数は少ないが一つ一つの血小板が大きいので、しっかりと
血小板は機能しているが出血傾向にならないというものです

私はよく秋田犬でみました。

詳しくは麻布大学などで検査してくれますが、そこまで検査して問題無い
採血や骨髄塗抹検査もしても出血傾向が無い事から、おそらくそういう
特異体質である可能性が高いと思います。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
DICの検査はおそらくAPTTやPT、Fib、antithrombin III、D-dimar、FDPなどの
測定でしょう

犬 についての関連する質問