JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9歳9か月のミニチュアシュナウザー(オス)です。 3年半前に尿道結石で一日入院し、今年1月に尿結石除去手術をしまし

解決済みの質問:

9歳9か月のミニチュアシュナウザー(オス)です。
3年半前に尿道結石で一日入院し、今年1月に尿結石除去手術をしました。どちらもシュウ酸カルシウム結石でした。
椎間板ヘルニアと馬尾症候群もありますが、手術はしないつもりです。
今年1月の手術の後、一度綺麗な尿になったのですが、目視でわかるような血尿が出たり、尿検査で大腸菌数が多かったりして、二週間に一度膀胱洗浄を病院でしています。
食事はPHコントロールの缶とドライフードを混ぜて与えています。
病院の外部に尿の検査をしてもらい有効な薬が一つ分かっているのですが、それは最後の手段に使うということで、薬は処方されません。
このままの状態でよいのか、何かほかの手段はないのか、教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

御質問ありがとうございます。

現在は結石や結晶は出ていないのでしょうか?
また、抗生剤は、最後の手段といわれているもの以外にも飲んでいませんか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

現在、石や結晶はありません。


抗生剤は現在何も飲んでいません。


最後の手段の抗生剤はいざという時のために普段は処方されません。


その抗生剤にたどり着くまでに2種類の抗生剤を試しましたが、効きませんでした。


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

石も結晶のないのであれば血尿の原因は明らかに細菌性膀胱炎になります。
細菌性膀胱炎は抗生剤を使わないと良くなる可能性はありません。
膀胱洗浄も方法の一つですが、それだけで治すつもりであれば、2週間に一度ではとても間に合わないのではないかと思います(最低でも二日に一度しないといけないでしょう)。

細菌感染以外の要因がない膀胱炎で抗生剤を使う以外に有効な治療法はありません。
おそらく耐性菌が出てしまったら困るということでその抗生剤を使っていないのだと思いますが、そのまま膀胱炎を慢性化してしまえば粘膜が著しく肥厚してしまい、細菌感染を抑えても膀胱炎が治まらなかったり、粘膜が非常に感染しやすい状況になって、すぐに再発してしまう原因になってしまいます。
石も結晶も出ていなく、菌が出ているのであれば、抗生剤を使わない理由はないですし、それ以外の選択肢というのは正直有効とは言えません。

それから再発性の細菌性膀胱炎の原因の一つに副腎皮質機能亢進症といわれるホルモンの病気がありますので、もしそれを検査していないのであれば検査しておいた方がいいでしょう。
その病気の場合、そちらを治療しないと膀胱炎の再発が防げないことがありますので。
質問者: 返答済み 3 年 前.

おっしゃる通り耐性菌が出たら困るので抗生剤を使っていないのですが、


その抗生剤を使って、万が一耐性菌が出てしまったら、後の治療法はあるのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
その場合は再度感受性試験を行って、少しでも聞く抗生剤を使うことになるかと思います。
先ほども書いた通り、そのままの治療を続けていても細菌感染は収まる可能性はまずないと思いますし、膀胱炎が長引けば長引くほど、治りにくく再発しやすい粘膜状態になってしまいます。
どうしても抗生剤を使いたくないのであれば、毎日膀胱洗浄をしてみてもいいかと思いますが、2週間に1一度では難しいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問