JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

二日前の夜、コタツ横で寝てた犬(豆柴2才8ヶ月雄)、起き上がって立ちあがったものの 頭を左に傾けたまま、身体も(左回

解決済みの質問:

二日前の夜、コタツ横で寝てた犬(豆柴2才8ヶ月雄)、起き上がって立ちあがったものの 頭を左に傾けたまま、身体も(左回りする姿勢の感じ)筋肉が、つった感じで固まってました。震えや痙攣は、感じられなかった気がします。身体全体が、突っ張ってる感じで、足に力が入りにくいようで、少しして、歩き出そうとするのですが、ささえがないと思うように歩けない感じでした。3~5分?(もっと短いかもしれません)だんだんと、身体が柔らかくなってきて、その後は、普通に過ごしてます。
初めての事で、何なのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
2歳8か月の柴犬で一時的に頭が左に傾き左まわりするような感じになったということですね。
少々おうかがいしたいのですが、
症状が出た時に意識はあったでしょうか?
今現在は全く問題ないでしょうか?
お水はお皿で自由に飲めるようになっているでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲で答えさせていただきます。
ご記入いただきました症状からしますと神経症状のように思われます。特に首を左に傾けて左に旋回するという行動はバランスを調節する前庭系(耳の奥にある鼓室胞から脳幹そして小脳)と呼ばれる系統の異常を示唆します。
もしかしたらこの前庭系のどこかで軽い梗塞が起きた可能性があると思います。
その原因としては軽い慢性的な脱水症状があったかもしれません。
水分をいつでも摂取できるようにしておかれることと飲水ボトルではなくお皿で水が飲めるようにされることをお勧めします。

他の可能性としてはてんかん発作なども考えられると思います。筋肉の緊張などの症状はそれに近いものがあります。

神経系の異常の可能性は高いと思いますが次にいつ同じ症状がでるかはわからないで、今後も注意して見ておかれることをお勧めします。また今後同じような症状がでたときはデジカメか携帯でもよいので動画を撮っておかれると受診時にそれを見せていただき先生が診断の参考にできると思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

意識は、多分あったと思います。名前を呼ぶと、反応して、こちらを見てました。


その発作の後は、普通にすごしてます。


お水は、ボトルのヤツです。


二日前の夜は、少し寒く、そんな事も関係がありますか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
お水はボトルで飲ませているということですね。
犬はボトルで水を飲むのは非常に難しく上手に飲めませんので、お皿での給水に変更することをお勧めします。はじめはボトルとお皿の両方を置いていただき犬がお皿で水を飲むようになったらボトルは外していただくとよろしいかと思います。

恐らくは慢性的な脱水症状があって軽い小脳梗塞が起きたのではないかと思います。今後も再発する可能性があると思います。予防は細目な給水で、脱水をおこさないようにすることです。
寒さについては、関係あるかもしれません。前庭系の異常がおきるのは秋から冬が多いように思われます。それは寒いのでなおさら水を飲まなくなるからということもあると思います。

意識があったという場合には発作の可能性は低いと思いますが、意識はあるが体の一部が動かなくなる焦点性発作というものもありますので、完全に否定することは出来ないと思います。
今のところは軽い前庭障害の可能性が高く、次が焦点性発作の可能性があると思います。

犬 についての関連する質問