JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

トイプードル14歳です 左肩関節が脱臼し、1週間後に気が付きました。 病院に連れて行ったら1週間たっているので手

解決済みの質問:

トイプードル14歳です
左肩関節が脱臼し、1週間後に気が付きました。
病院に連れて行ったら1週間たっているので手術になるかもしれないと言われ、とりあえず整復して外固定を2週間しました。
2週間後外固定を外したところちゃんと入っていたので安心していましたが、10日後に再脱臼してしまい、手術も視野に入れたほうが良いと言われました。
この場合老犬でも脱臼直後でしたら手術にならなかったのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それは大変ですね。
確かに老犬の子であると関節の構造自体が弱くなっている子が多いので、手術になってしまうことは多いですが、脱臼直後であれば靭帯などがまだ伸び切っていなかった可能性があり、手術をしなくても大丈夫であった可能性はあります。
ただし、あくまで可能性ですので、直後でも手術をしなければならな飼った可能性も多いです。

残念ながら、2週間固定して外れてしまう場合はやはり手術をしないと脱臼を防ぐことは難しいと思います。
14歳という年齢は高齢ですが、心臓や内臓に異常がなければ手術をしてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

補足です


事の起こりは 後ろ足を持った拍子に前足がクタッと崩れ、その時は病院で診てもらって脱臼していなかったのですが、その後脱臼していたという経緯です。


その場合でも直後であれば手術しなくて大丈夫だった可能性は何パーセントくらいあったのでしょうか?


 


すぐ気が付かずに手術になってしまって、可哀そうなことをしたと悔やんでいるものですから・・・

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
脱臼の状態はその子によって異なりますので、何%とは言えませんが、通常は50%以上の子で手術が必要にはなると思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問