JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

三度目の質問をさせていただきます。どなたかご回答お願い致します。 大学病院で受けたツルーカット検査で 悪性腫瘍

質問者の質問

三度目の質問をさせていただきます。どなたかご回答お願い致します。

大学病院で受けたツルーカット検査で 悪性腫瘍ではなく炎症であるとの診断結果がでました。
安堵した反面 炎症を起こした部分に何度も針を刺したせいで かなり腫れが大きくなり、おまけにその影響か
唾液がかなり粘っこいものになって それを飲み込んでは胃液や胆汁とともに吐き出すという症状で
まともに食事を取れなくなってしまいました。

そこで 治療よりも体力回復が優先と判断し、自家製ミキサー食&経口補水液+アガー 等でこまめに食事を
与え続けること1週間 やっと散歩と排便がかなり改善するところまできました。
体力が回復しかけていると判断しましたので やっと炎症の治療としてステロイドの皮下注射を始めることに
したのですが、他になにか有効な治療法はないかお尋ねしたいと思います。

大学病院では 気管や頸動脈等重要な器官に炎症を起こした部分が接しているので、手術よりも内科的治療を
まず優先とアドバイスをしていただきましたが、あまりこういう大きな炎症の前例がないらしく 診断に困っている
様子でした。
地元の獣医さんは現状では大学病院の指示以外のことはできないうえに全く経験がないようで、有効な
アドバイスはまったく受けれない状況です。(嘔吐するのに飲み薬を勧められたりします)

ですので こちらでお尋ねしたことをこの先の治療に対して知識として持っておきたいと考えています。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
ラブラドールのアクロスちゃんの腫瘤は腫瘍ではなくて炎症性の肉芽ということですね。
ステロイドの注射をして炎症を抑える治療を始めるということですね。

ご質問としてはその炎症性反応物に対して有効な治療はないかということでしょうか?

少々お伺いしたいのですが、
今の治療内容を教えていただけますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

先だってはお世話になりました。お返事が遅くなりましてすみません。


 


CT ツルーカット 血液検査から 炎症であろうと診断されました。


もともと腫れが大きくなった経緯から ガンではないとは思っておりましたが


一安心といったところです。


 


ただ3回も細胞検査をしたので その都度炎症がかなり大きくなってしまい、


食事等にかなり問題が出るようになってしまったのです。


粘っこい唾液に変化し、それを飲み込んでは数時間おきに吐くので、一時期


体力もどんどん落ちてきてました。


ですので、先週はまずは体力回復を優先としました。


今週よりステロイドの皮下注射を始めたのですが、ステロイドは最初に飲み薬で


試してあまり効果がなかったので、1週間で切り上げて、非ステロイド系の


飲み薬を続けていたのです。


結局 それも効果があまりなく結果悪化させてしまった経緯があり、今回の


ステロイド注射がダメな時もしくは体調の悪化が見られた時に 次の手を


考えておかないといけないと思った次第です。


 


飼い主としての見解として 確信はないのですが、スズメバチを疑っております。


昨年の11月ごろ 腫れ始めたころに合致しますので、そうじゃないかと思って


おりましたが、大学病院の先生に時間が経ちすぎているので無関係では?


と言われました。


ただ、同じラブ飼いで これほどひどくはないですが同様の経験をした人もおり


もしそうなら別の治療もあるのではないかと思っています。


 


以上 あくまでも素人考えですが、アドバイスいただけないでしょうか?


現状大学病院でも地元の獣医さんでも診断がつきかねていますので、


とても心配です。


 


以上よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
炎症の原因は蜂に刺されたためかもしれないということですね。
確かに11月に刺されたものの影響だとしますとかなり時間が経っているように思えます。
スズメバチによるものだとすると毒による反応性の炎症が考えらえるということですね。

ステロイドを使用されるとのことですが、
高齢なことと、大型犬であること、を考えてますと全身投与の容量は副作用(例えば糖尿病など)を考慮して慎重に決める必要があると思います。
また外用薬(ステロイドの塗薬や、シクロスポリン、タクロリムス(いずれも免疫抑制剤)の塗り薬、非常に高価)との併用によって注射の量を減らすことも可能ではないかと思います。

また感染症の可能性がある場合には抗生剤の併用も必要だと思います。

さらに今からでも効果があるかどうかわかりませんがセファランチンの注射が刺された直後には有効であったりもします。

また何かありましたらご連絡いただければと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


ステロイド注射は 通常より少ない量で様子を見ながら最長1週間程度と考えて依頼しています。


その後様子をみて 飲み薬に移行することになるのではないかと思います。


ただ、現状1日に数回吐きますので(食事と水は吸収できています) ので、飲み薬は量の管理が難しいと思います。


 


外用薬は私も提案したのですが、大学病院で通常は使用しないと却下されました。


例えば人間用のフェルビナクルとかインドメタンなどでも腫れは多少引くのではないかと思うのですが・・・


ステロイドの軟膏は明日にでも獣医さんに尋ねてみますが、あまり熱心な方ではないので対応していただけるかどうかわかりません。


大学病院の紹介を受けたため 現状転院しづらいのが若干ストレスになっています。


 


今は完治していますが 唾液腺障害を併発していたので抗生剤を服用しておりましたが、少し長かったのか胃をやられたようです。


ですので 抗生剤にはちょっと慎重になっています。


 


外用薬の薬品名(商品名)をお教えいただけませんでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
人の湿布薬は犬では使用しませんし、人では問題無い薬も犬の場合には重大な肝障害を引き起こすことがありますので、ご自分の判断では決して使用しないでください。

犬の場合は通常は毛があるので塗り薬は使用しづらいと思いますが、恐らく今は検査のため毛を刈られていると思いますので、塗り薬が使えると思います。
塗り薬の系統はステロイド軟こうになると思いますが、リンデロン軟膏(中程度の強さ)などが考えられると思います。
ステロイド軟こうはいろいろな種類がありますが、その作用の強さによってランクがあるようです。リンデロンは一般的に使用されるものだと思います。
軟膏を使用する場合には大学病院に使っても問題ないかどうかを確認してから使用されることをお勧め致します。
また最初は全体に塗るのではなく腫瘤の一部にしばらく塗ってみて問題が無いかどうかを確認されるとよろしいかと思います。
シクロスポリンは眼軟膏(オプティミューン)しかないかもしれません。タクロリムスの軟膏はプロトピック軟膏と言います。恐らく1本1万円位します。
感染症の可能性がある場合は抗生剤と併用しないとステロイドで免疫抑制がかかるため感染症がひどくなる可能性があります。
ガスターなどの制酸剤を使用して胃酸の分泌を抑えると吐き気や悪心が治まる場合があります。
順番としてはまず注射による治療をされてみて効果が無い場合には塗り薬との併用を検討されてみてはいかがかと思います。
できれば患部の大きさの測定と写真を撮っていただき、それを大学病院の先生にメールで送って患部の変化を確認していただき、治療方針をどうするか決めていただくのがよろしいかと思います。なるべく毎回同じ条件で撮影されることをお勧めします。



issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

詳細に教えていただきありがとうございました。


 


現在の注射(ステロイド+抗生剤のようです)に関しては、私と大学病院先生と事前に打ち合わせた通りの治療方針ですので、とりあえずはこれで結果が出ることを祈っています。


ただ、計3人の獣医さんに診てもらっても原因が類推できないのが厳しいところです。


同様の症状を見たことがないということなので、非常にレアケースなのだと思います。


 


腫れに関してはけっこう形が変形するので、私が触ってみた感触でしか説明できないと思いますが、可能な限り正確に連絡して指示いただこうと思います。


 


ありがとうございました。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問