JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

来月17歳になる日本犬の雑種(オス/中型犬)のことでご質問させて頂きます。元はベランダでの屋外飼いだったのですが、高

解決済みの質問:

来月17歳になる日本犬の雑種(オス/中型犬)のことでご質問させて頂きます。元はベランダでの屋外飼いだったのですが、高齢に伴い今は室内にも自由に行き来できるようにして飼っています。後ろ足が弱ってきているので、つまずいたり滑ったり、排泄の際には座り込んでしまうことも多いのですが、食欲もあり元気にしています。ただ、ここ数日、後ろ足に力が入らないせいか、前足の先(つま先)を丸めて踏ん張っていることが増えました。負担がかかりすぎることで、他に支障が出てくるのではないかと心配しています。補助ハーネスなどを使用した方がいいのでしょうか?1年前に眼球振盪で倒れ、そのあとも相次いで湿疹や歯槽膿漏などの症状が出たので、高齢で免疫力が落ちてきている、夏まで持てばいい方かな、と言われていたので、食事なども好きににさせてきたのですが、1年が経ち、人にも犬にも出来るだけ負担のかからないよう介護していけたらと考えています。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。
ハーネスの使用はいいと思います。支えながらも、後ろ足が着地するようにしてあげて下さい。
更に後ろ足をマッサージしてもらうと、神経の刺激にもなりますし、筋肉をほぐしてもくれるので、積極的に加えてあげて下さい。中型犬で超高齢ですので、おそらく脳腫瘍などの問題があるので、今後歩けなくなったり、遠吠えするなどの症状が出てくることが考えられます。脳に対するサプリメントの使用を主治医と、相談して、今のうちから始めることをお勧めします。
歩けなくなったりしたときに、寝たきりになると、床ズレができやすいです。柔らかい毛布等を使い始めて、慣れさせておくといいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答有難うございます。


 


つま先を丸めて立つ、というのは脳腫瘍の症状に当るのでしょうか?


 


今のところ食欲もあり、元気にしています。夜中などは目が覚めて側に人が居ないと不安がり、クンクンと声を出すので、(耳が遠く声が大きいので)ご近所への配慮から添い寝をしていますが過ごしていますが、それ以外にはまだそれほど手がかかる状態ではないので、正直ショックな診断でした。


 


動物病院での受診についてですが、車を嫌がるコなので、獣医さんもそのことを承知しているので、負担になるからとあまり受診はせず、抗生物質やフィラリアの薬は人間がもらいにだけ行っています。


 


脳腫瘍の恐れがあるということは、緊急に受診が必要ということでしょうか?


 


またハーネスについてですが、「いい」というのは、「使用した方が良い」と言うことでしょうか?それとも「必要ない」という意味でしょうか?


 


マッサージとは後ろ足を軽く揉んであげればいいのでしょうか?


 


質問が多くて申し訳ないです、宜しくお願いします。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
症状と 超高齢ということから、脳腫瘍等の問題があると思います。実際は麻酔をかけてMRI検査をしないと、腫瘍、炎症、梗塞などのどんな問題があるかは分かりません。しかし、それは麻酔をかけるということでその子に負担になり、高額な費用がかかりますので、飼い主様にも負担になると思うので、負担のかからない介護にあたりません。先ほどご紹介したものを主治医と、相談してあたえてもらうといいでしょう。
そういう意味で緊急性はありません。
ハーネスはぜひ取り寄せて下さい。
マッサージはもんだり、さすったり、曲げ伸ばしをしたりです。本が
出ていますので、図書館で借りて来られるといいでしょう。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


費用については限度はありますが、改善されるのであれば出来る限りのことをしてあげたいという気持ちはあります。


ただ、年齢的にも麻酔は抵抗がありますし、やはり治療も限られてきますよね。


 


現在の獣医さんは信頼してはいるのですが、あっさりしたタイプの方で、年齢的に仕方のないことですが、「高齢」という言葉で片付けられがちで・・・。


車も病院も嫌いなコなので、連れて行って受診の際はあまりゆっくり相談できないので、こちらで相談させて頂きました。


受診は暫く様子を見てからにし、サプリメントは一度相談してみます。


 


ハーネスは人間が持って歩行などを介助するタイプのものですよね。


一日中付き添うことは出来ないのですが、ハーネスは一日中着けっ放しで使用していいのでしょうか?どういったものを購入すればいいのでしょうか?

犬 についての関連する質問