JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

6才の柴犬が、半年前に乳腺に腫瘍ができたので、摘出して病理検査に出したら乳腺がん、と診断され、その時に避妊手術もしま

解決済みの質問:

6才の柴犬が、半年前に乳腺に腫瘍ができたので、摘出して病理検査に出したら乳腺がん、と診断され、その時に避妊手術もしました。が再び同じ様な場所に腫瘍が出来たため1ヶ月前に片側の乳腺を全部摘出しました。これから、転移を避けるために抗がん剤治療はする方が良いですか?やっと元気になったので、とても悩んでます。Dフラクションと言うサプリメントは始めました。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

愛犬が乳腺眼ということでショックでしたね
私の思う所でアドバイスさせていただきます

乳腺癌の抗癌剤治療に関しては難しいところがあります

というのは効果があるとは思いますが、抗癌剤の効き目が良いというものでは
ありません。抗癌剤を使用しても転移が防げない場合も多く有ります

担当医から抗癌剤を勧められているとは思いますが
選択肢としては
①抗癌剤

②免疫療法
 
だと思います。
①の利点は効果について先ほど述べたように効果は確実にありますが
 完全に抑える事が難しいのが実情です。
 副作用が抗癌剤なのでありますし、抗癌剤の副作用チェックで
 血液検査が必要だったりします。
 注射になるので副作用で消化器症状が出たり色々と抗癌剤の種類によってあるでしょう

②だと効果が絶対出る保証はありませんが
 効果があるとすごく抑えることができます
 副作用はありません。出来る病院と出来ない病院がありますので
 免疫療法 犬 腫瘍 お住まいの地域などで検索して
 できる病院をさがしてみてください
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。もう一つ質問よろしくお願いいたします。免疫療法とはどのような治療ですか?よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
体から免疫細胞のリンパ球を取り出し実験室で増加させて
体に戻し自己免疫能力を高める治療です

まだ科学的な実証データが少ないのですが、有効な場合には腫瘍の進行が止まって
悪化しない場合があります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。もう少し家族で話し合ってみます。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 3 年 前.

度々すみません。家族で話し合った結果、出来れば、サプリメントなどで維持出来ればと思いますが、長文になってしまいますが、病理検査の結果を読んで頂いてもよろしいですか?


 


右乳腺の第二乳頭頭側創付近では、乳腺組織下の脂肪細胞内に不正円形の上皮細胞が増殖するやや大きな腫瘍が形成されていた。


大型細胞はN/C比の高い不整円形異型核をもち、クロマチンがやや豊富で核小体は明瞭だった。


核分裂像は高倍率視野下で0〜3個。全体の核分裂指数は9/10HPF。リンパ球が軽度浸潤する領域あり。


腫瘍細胞周囲組織への浸潤性は乏しい。


腫瘍巣の境界は明瞭。


標本上の切除縁に腫瘍組織は認められない。


乳腺組織以外の領域に、腫瘍巣が存在する事から、再発病巣の可能性はある。


腫瘍細胞の浸潤性が乏しく、標本上では完全切除で脈間浸潤も見られないため、良好な経過を示す可能性があるが、再発病巣の可能性もあるので経過観察に注意。、、、


と言うないようでしたが、素人には良いのか?悪いのか?判断が難しい文でした。長々申し訳ありません、先生はこれを読んでどう判断されますか?よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
乳腺癌との診断ならアグレッシブな腫瘍ではないが転移性の腫瘍の可能性もある
ので要注意ということだと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。


もし、先生があの様な検査結果が出た場合飼い主にはどのような治療を勧めますか?


よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
私ならばまだ若いので、注射の抗がん剤投与できる
時間や費用、犬がその状況に耐えられるなら抗がん剤を試してみる

費用はあるが犬が抗がん剤の投与で注射などに耐えられないなら
免疫療法を試してみることをお勧めすると思います
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、回答して頂きましてありがとうございました。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ

犬 についての関連する質問