JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

はじめまして、宜しくお願いします。 ミニチュアピンシャー13才オスですが、皮膚病で動物病院で診てもらい感染症の皮膚

質問者の質問

はじめまして、宜しくお願いします。
ミニチュアピンシャー13才オスですが、皮膚病で動物病院で診てもらい感染症の皮膚湿疹とのことでマナセブシャンプーを5日おきに使用しだいぶ良くなって来たと思ったら11回目のシャンプー後あたりからまた前の症状より酷くなり、保湿のある薬用スペースペットシャンプーに切り替えたのですが一向に良くならず全身に赤い乾いた湿疹でかさぶたが出来て毛が抜けて臭いもあります。
どんなシャンプーが良いのでしょうか?シャンプー以外に薬はないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
感染症の皮膚湿疹というのは、細菌が原因のということでよろしいでしょうか?
皮膚の検査はされましたか?皮膚はベタベタした感じではなく乾燥していますか?
抗生物質などは飲ませていますか?
食事は何を与えていますか?
すみませんが、詳しい回答をするために、詳細を教えて頂けますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

皮膚は乾いてかさぶたが出来ています。


かさぶたと毛が抜けて全身がまだらにはげています。


シャンプーのみで薬は処方されていません。


 


食事はサイエンスダイエット シニアアドバンスド13才以上に手作りのササミ、


砂肝、レバーの茹でたものを少し混ぜて与えてます。


たまに人間用も少しあげてしまいます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

顕微鏡でかさぶたを検査して細菌がいるとのことでした。


薬は処方されずシャンプーのみでした。


湿疹は乾燥してかさぶたが出来ています。


かさぶたと一緒に毛が抜けて全身に小さなはげが出来てます。


食事はサイエンスダイエット13才以上に砂肝、鶏レバー、ササミ等を茹でて


少し混ぜてます。人間用もたまにあげてます。

専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。回答がおそくなり、申し訳ありません。
まず細菌が出ていたのであれば、抗生物質のお薬は出してもらったほうがよいと思います。
赤みもあるようなので、抗生物質を併用した方が早く治ると思います。
また、ミニピンは今の季節、乾燥して皮膚の状態も悪くなりやすいため、加湿器などもつけてあげたほうがよいでしょう。
シャンブーは今のままでよいと思いますか、以上のことを併用して行ったほうがよいと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

今のシャンプーとはどちらのシャンプーか分かりません。


思っていたことばかりでした。

専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
今のシャンプーとは保湿性のあるスペースペットシャンプーです。

ご希望に沿えず申し訳ありませんでした。
質問者: 返答済み 3 年 前.

状況をみながら判断していきます。

専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
何度もマイナス評価されなくても結構です。他の専門家にご回答を委ねます。
思われていた内容があるのでしたら、詳しく質問欄に書かれてください。
皮膚ですし、実際に見ていないので、質問内容に書かれた内容でしかお答えができません。
抗生物質は飲まされた方がよいですよ。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
先の専門家がオプトアウトされたので、お答えいたします。

まず、皮膚が弱いとか、単なる細菌感染で、毛がまばらになったり、かさぶたが全身に出来るということは考えにくいです。
おそらく、何らかの基礎疾患あるいは検査で出てきたいないような寄生虫がいる可能性が高いのではないかと思います。

基礎疾患としては、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などがあり、これらの病気では皮膚のバリア機能が低下するために、細菌や真菌、寄生虫症などが発生しやすくなり、治療への反応もよくないことが多いです。
これらの病気がある場合はその治療もしていく必要があります。

それからニキビダニや疥癬などの寄生虫は何度か皮膚検査をしないと見つからないこともあります。
見つからなくても、皮膚の症状から疑わしい場合は、試験的治療をすると治るケースも多いです。

お話を聞く限り、シャンプーと抗生剤など今の治療だけでは収まってくる可能性は極めて低いと感じます。
できるなら皮膚科の専門、それが近くになければ大きめの病院にセカンドオピニオンを聞きにいかれたほうがいいでしょう。

犬 についての関連する質問