JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

5才のトイプードル、男の子です。1月前から食欲が無くなり、工夫して食べさせても吐きます。かかりつけの獣医さんで診察し

解決済みの質問:

5才のトイプードル、男の子です。1月前から食欲が無くなり、工夫して食べさせても吐きます。かかりつけの獣医さんで診察してもらうと、血液検査で炎症反応があったものの、レントゲン、カメラでは特に異常はありませんでした。ここ1週間、夜中の徘徊が始まりました。4時頃に起き出して家の中をうろうろします。時にはどこか痛いのか、キューンキューンと泣いたりします。老化による認知症は考えにくいので、脳の病気を疑っているのですが、どのような病気が考えられますか?また、どのような検査や治療が必要ですか?セカンドオピニオンをいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
5歳のトイプードルのショコラちゃんが1か月前から食欲がなく吐く症状があり、徘徊の症状もでてきたということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
吐くのは毎回なのでしょうかそれとも何回かに1回吐くというような感じでしょうか?
徘徊があるとのことですが、それ以外に意識レベルの変化、例えば呼びかけに答えないとか怒りっぽいなどの症状はありますでしょうか?
ケイレン発作見たいな症状は出ていないでしょうか?
目は見えていますでしょうか?
主治医の先生に脳神経テストや神経学的検査などはしていただいたのでしょうか?
今までにどのような検査、例えば血液検査、レントゲン以外に腹部エコー検査などされたでしょうか?
血液検査の結果をなるべく詳しく教えていただけますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

拝復


1,吐くのは何回かに一回という頻度です


2,意識レベルの低下はありません。


3,点滴をすれば元気を取り戻しますが、薬が切れるとぐったりします。


4,痙攣のような発作はありません。


5,脳神経テストや神経学的検査はしていません。


6,腹部エコーはわかりません。


7,血液検査の結果は手元にありません。明日以降になります。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

吐くのは何回かに1回で、点滴や薬で元気がでるが止めるとぐったりして、意識レベルの変化は特になく、検査はまだ十分にされていないということですね。

吐き気や食欲の低下、徘徊が出る病気は脳以外にもあります。例えば肝性脳症(肝臓の機能が十分でないため解毒ができずそれが脳に影響を与えることで吐き気や行動の変化ぐったりするなどの症状がでます、若い犬の場合門脈体循環シャントが原因で生じます。)などでも起きますし、高アンモニア血症でも生じます。
腎不全などでも起きる可能性はあると思います。

慢性経過を辿っており症状が悪化していることから、腹部エコー検査、総胆汁酸テスト(肝機能テストで血液検査です。12時間絶食後採血、その後食事を食べさせて2時間後に再度採血して血中の胆汁酸の濃度を測定するというものです。)、膵炎の検査(これも血液検査で犬膵特異的リパーゼを測定します。)、をされることをお勧め致します。
もちろん脳の異常もあるかもしれませんが、脳の検査というとCTやMRI検査と脳脊髄液の検査になりますが、これには麻酔が必要ですし、1日がかりの検査になります。そのためまず麻酔なしでできる検査で病気の可能性のある検査をされることをお勧め致します。

また神経学的検査をせずにCTやMRI検査をすることは通常ありません。神経異常が疑われる場合でもほとんどが麻酔をかけない検査をすることで病変の位置がわかることが多いです。

以上のことからまず麻酔をかけずにできる検査でショコラちゃんの病状から疑われる検査をすることをお勧めします。消化器疾患や代謝性疾患を除外することが重要です。

同時進行でもよいですが神経症状についても麻酔をかけないでできる神経テストをしっかりされておかれることをお勧め致します。

消化器疾患や代謝性疾患などが除外されて、神経テストによって何らかの異常があり、脳に問題がありそうだということになれば麻酔をかけてCTやMRI検査をされるのかよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問